メタボンの地球ZIGZAG

ZIGZAG World Trip

【海外滞在費】自炊と外食どちらがコスパが良い?

ハッピーライダーの集まり

ご馳走になって大満足!

旅先では倹約生活

仕事を辞めて挑んだ世界バイク旅。

副業をしている訳でもないので、

貯金を切り崩していく旅生活。

食費を切り詰める

やはり気になるのが滞在費用のコスト削減。

宿泊費はコスパの良い場所を選んでいるし、

残すは食費と観光費用しか削減できない。

流石に愛車に向かって、

軽油で我慢してとか言えないしね…。

大陸ごとに倹約方法が変わる

  • ユーラシア大陸 自炊(主にパスタと茹で卵)
  • アフリカ大陸 屋台(ぶっかけ飯系)

自炊で過ごしたユーラシア大陸

ロシアは滞在費用が安いので外食も多かったが、

可能な限りで自炊を心がけた。

特にカーシャという蕎麦の実を好んでよく食べたな。ご飯のように炊く必要がなく、15分ほとたっぷりのお湯で茹で上げれば完成。

これが白米の代わりになって美味いのである。

ロシアで泊めてくれたレストランの料理。

味付けがしっかりしててボリュームがある。

ボルシチは日本の味噌汁のようで家ごとに

見た目も味も違って楽しい。

これはガスティニーツアという宿泊施設で注文した。水餃子らしき料理。左には白米と肉料理が載っている。これまた美味いのである。

さて、ユーラシア大陸で食費が安いと思った国を挙げるてみる。。

ロシア、モンゴル、ジョージア、アルメニア、トルコ

こんな感じだろうか。

あくまで通過ルートに準じている、

話が逸れたので元に戻すことにする。

ギリシャを過ぎた辺りからグンと食費も上がってくる。

そうなると完璧に自炊オンリーになった。

パスタは何処で買っても100円程度なので、

食費を切り詰めるのには向いている。

タンパク質不足にならないように卵を食べてた。

ヨーロッパでは朝食が付いているゲストハウスは結構多いので助かった。

国ごとに「安宿情報」としてまとめているので参考にして欲しい。

屋台一択のアフリカ大陸

アフリカのスーパーで自炊しようと

買い物をするとあまりの高さに驚かされる。

特に野菜。

白菜一つ800円だし。

食パンが一斤 18ドルって…。

マジで買えないから。

アンゴラでは世界一物価が高いと

プライドを持っている男性がいたな。

鮮度も悪く品質管理体制もなくバカ高い。

日本は鮮度抜群で管理体制も整い激安。

海外の人が日本に住みたくなるのがわかる。

日本の品質ってものに感動したっけなw

一方、現地民が食べてる屋台飯。

これが美味くて安いのである。

上の写真はセネガルの田舎町で食べた、

アジャっていう料理。

見た目はパエリアっぽいね。

味は肉と魚介のダシがでて染み込んでる。

これで100円である。

屋台で注文して線路で食べるのもアフリカだね

アフリカでは肉が異常に安い。

毎日、バーベキューできるほどだ。

調理場が備え付けのホテルはないので、

結局は屋台飯となった。

肉と一緒に食べるのがキャッサバ。

名前をネットで探したけど不明。

フフとは違う。

遠目から見ると白米に見えて間違える。

アフリカ人はこれに肉魚を合わせて食べる。

屋台では持ち帰りもやっている。

これはギニアの屋台で食べたぶっかけ飯。

地面が土なので舞い上がる埃が嫌だった。

人間なのでいつの間にか慣れてくるんだなw

【海外のガソリン事情】品質と値段を比較してみた

海外のガソリン事情

コートジボワールのガソリンスタンド

気になる海外のガソリン事情

海外で走っていてガソリンの品質を気にしたのが以下の3ヶ国。

  1. ロシア
  2. モンゴル
  3. アフリカ全土

ロシアのガソリン品質と価格

出発前の情報交換会で仕入れた情報では古いガソリンが残っていて、

それを給油で入れられてしまうことがあるので匂いで判断すること。

と教わっていたが、実際は大きなガソリンスタンドが沢山あるので、

劣化したガソリンを入れることはなかった。

又、23リットル入るガソリンタンクなので給油には余裕があるのだ。

2018年6月頃の価格は1リッター辺り70円程

 

↓↓↓ロシアのGSでは支払い方法が真逆↓↓↓

ロシアの給油方法

 

モンゴルのガソリン品質と価格

モンゴルのガソリンスタンド

モンゴルはガソリンの種類が多い

写真はモンゴルの悪路を抜けてアルタイへ向かう道中の一コマ

ロシアと同様に劣化ガソリンが販売されているという情報があった。

外観と雰囲気で怪しい場所は匂いを感じて判断するようにした。

モンゴルは意外と種類豊富で95、92、80番台もあったけな。

2018年6月頃の価格は1リッター辺り120円程

 

アフリカのガソリン品質と価格

晩飯もSOTOで調理

晩飯もSOTOで調理

ガソリンバーナーのSOTO MUKAを日本から持参したが、

アフリカに入ってから燃料詰まりが多発した。

蓄積された煤を穿り返して清掃すると応急処置的に

調理に使えるように出来るのだが3回調理する毎に

一回程の燃料詰まりが発生。

 

富士バーナーへ連絡をとって確認を取ってみると、

原因はどうやらガソリン品質が疑わしいようだ。

確かにガソリンがSOTOの燃料吸い上げ口を

真っ赤に染め上げていた。

 

品質が悪そうなアフリカ3ヶ国

  1. ギニア
  2. コートジボワール
  3. コンゴ

理由としては相棒の愛車CRF250RALLYがエンスト多発事件があったからだ。

メカニックの彼曰く消去法で原因を消してゆくとガソリン品質が怪しいとなった。

ガソリン品質が改善されたアンゴラ以降はエンストは一度も起きていない。

2018年6月頃の価格は1リッター辺り110円〜140円程(平均)

2018年7月頃の価格は1リッター辺り50円程(アンゴラ)

 

↓↓↓えーっ、こんなことあるの?↓↓↓

アフリカのガソリンスタンドあるあるw

海外で一番高かった国

通過してきた国の中で一番高かったのがドイツだった。

1リットルあたり2ユーロ(日本円換算 240円程)

※2019年11月 現在

 

海外で一番安かった国

アンゴラが一番安かった。

1リットルあたり50円未満だった記憶。

しかし、売り切れ状態のスタンドが数多くあってガス欠寸前。

産油国なのにガソリンが売ってないのか不思議だったけど、

輸出がメインなので自国ではギリギリ行き渡る程度なのかも。

↓↓↓↓該当記事↓↓↓

さらばアンゴラ!ナミビアこんにちは!

【バイク旅】ソロキャンプで大活躍 GIVI TREKKER OUTBACKの良し悪し

xt660z GIVI TREKKER OUTBACK 48L

テネレにパニアケースを装着

購入当時はこの後ろ姿にやられてました。

アドベンチャー感が出てて好きだったな。

1年2ヶ月の旅路を経て思うことは、

パニア付いてない方がカッコよくなったw

48Lサイズの購入経緯

人生初のバイク旅となるユーラシア大陸横断を目指し、周囲の諸先輩方のアドバイスを得て購入に至った。

特に影響を受けたのがryuchungの言葉だった。彼も同じテネレ乗りで世界一周を終えて帰国。

ワッツーのキャンプへ参加した際に彼と出会ったのだ。

YouTubeで見ていた人が目の前に現れるというのは驚きしかない。

一昔前では芸能人にしか抱かなかった感情をもった。

色々な話の中で彼からのアドバイスは“パニアはGIVIの48lで決まり”と聞いたからだ。

旅先では荷物が沢山入るに越したことはないという意見だった。

彼は37Lを持って行って容量不足に悩んだことが理由だった。

彼は48Lを使ったことがない。

持参する荷物をまとめてみるとかなり量が多いこともあり、

購入に至ったのが経緯である。

 

他にも候補のパニアケースがあった

他社メーカーで気になったのがヘプコアンドベッカーだったが、

ワッツーメンバーからの評判が悪かったこともあり候補から外れたのだ。

理由としては樹脂部分が弱く破損しやすいようだ。

昔は樹脂パーツも強固だったようで評判が良かったと聞いている。

 

 

転倒破損した樹脂パーツ

ロシアのオリホン島にて転倒した影響もあり、

翌日の走行中に右側パニアが外れてしまった。

見てみると樹脂パーツが折れて外れてしまった。

 

ロシアのバイククラブに紹介してもらい、

町工場へ持ち込んで修理することにした。

 

グルーガンなどで修復をしてくれたが、

強度的に問題が残っていた。

 

互いにアイデアを出し合って鉄パイプを加工して

上記画像の様に補強した。

 

接続樹脂パーツの弱点発覚

アフリカのダートを走破してきたところで、

樹脂パーツに変形が確認できた。

上の画像を見てわかるだろうか?

接合箇所の円形部分が左側に向けて削れている。

こうなるとしっかりとパニアを固定できない。

ベルトで固定しないと走行中に外れてしまうように…。

 

原因は単純に物の入れすぎによる過積載。

重さに耐えきれずに樹脂パーツが削れたのだ。

本来ここは金属製で良いのではないのか?

 

良いところ

  • デザインが美しい
  • 48Lは圧倒的に広い収納スペースがある。

悪いところ

  • 容量が多く過積載になりやすい
  • 接合部分が樹脂パーツで破損の恐れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長期に渡るバイク旅を通じて言えることは、

接合部分は金属製を選ぶべきと考えるようになった。

更に持参する荷物は最少限度が良いだろう。

色々準備して不足の事態に備えてしまうが、

実際は日本から持参しなくても海外で調達が可能。

でも「持参してよかった物 12選」は選んで持参が吉。

 

次に買う候補のパニア

次に買うなら間違いなく「ツラーテック」または「SWモテック」を選ぶだろう。

両製品も心配している接合部分が金属製なので転倒で簡単に壊れない。

尚、ツラーテックは他社製品に比べても高いが強くオススメできる商品である。

 

 

 

 

 

YouTube動画

【悪臭対策】エンジニアブーツが臭いっ! 摩訶不思議臭いが消える粉!?

ウエスタンブーツ天日干し

イメージ図

悪臭が消える魔法の粉

BEAMSエンジニアブーツ

BEAMSエンジニアブーツ

アフリカ大陸を縦断している際にコンゴの悪路を越えるのに3日間費やした

結局、泥水の深さを探る為にBEAMSのエンジニアブーツで歩き回ったw

ラフアウト(起毛タイプ)は水に強いとは聞いていたが物には限度がある。

乾けば平気と思っていたのだが数日後に大変な事になった。

 

アンゴラに入国した頃に臭いの変化に気付く

ポアントノアールへ到着した頃に部屋で異臭騒ぎが発生した。

臭いの発生場所を探すと自分のブーツが発生源となっていた。

 

金さんからのアドバイスで助かりました!

ワッツー繋がりでお世話になっている金さん(通称)が魔法の粉を教えてくれた。

この粉を中に撒くだけでブーツの悪臭を消すことができると勧められたのだ。

これが大正解で大活躍してくれた!!

エンジニアブーツの悪臭を消す魔法の粉

グランズレメディ

中身はベビーパウダー状の粒子の細かい粉です。

長旅へ出るときには小分けにして持参するといいよ。

旅先でブーツなんて買うことも少ないしね。

個人的に持って行って大正解だった商品かな。

海外バイク旅 持参して良かった物 12選

 

 

テネレの光軸調整に苦戦した理由 【ライコランド東雲店】

ライコランド東雲店

ライコランド東雲店

ユーザー車検で引っ掛かる光軸調整

ユーラシア大陸へ出発する前にユーザー車検を行ったことがある。

旅立って1年2ヶ月を過ぎ、既に2年の車検期間は過ぎ去っている。

区役所から仮ナンバーを借りてライコランド東雲店へやってきた。

 

ユーザー車検へ向けて光軸調整しにライコランド東雲店3300円

光軸調整待ちのテネレ

作業開始待ちの我が愛車テネレ(XT660Z)

幸い金曜日で週末ではなかったので人では少なかった。

作業開始も受付後にピットインすることができた。

 

ラコランドの作業場

光軸調整にやってきた

色々な種類のバイクがピットに入っていて楽しい。

外では車検を終えたバイクが洗車されていてピカピカ。

ライコランドで車検通すと洗車がついてるんだね。

ライコランド東雲店の作業場

ライコランド東雲店の作業場

さて、我がテネレのバックショット。

赤い斜め線が施された仮ナンバーは区役所で借りてきた。

貸し出し期間は最大で5日間だった(土日含む)

借りたのが水曜なので日曜日には切れてしまう。

来週の月曜に一旦返却してまた借りなければ。

料金は750円だった。

※貸し出し期間と料金は市区町村によって違うので要確認。

 

光軸調整が始まったが苦戦してる

XT660Zフロントグリル

フロントの鉄パイプは曲がらない

持ち込む前から懸念事項があった。

それはアフリカ大陸縦断中にベナンからガボンへバイク輸送した際に、

船員が何かバイクに衝撃を与えてしまったようで樹脂パーツが破損した。

陸揚げした後に愛車を確認したらヘッドライトが左に曲がっていたのだ。

つまり光軸調整で左右のズレがどれだけ出るのか不安だった訳だ。

>>海上輸送で壊された我がテネレ

 

テネレのフロンドグリル外す

光軸調整に苦戦している

フロントパーツを色々と外していき調整する。

経緯を説明してヘッドライトが取り付けてある細い鉄パイプを曲げることに。

細いから曲がるだろうと思っていたが、硬い鉄でビクともしない。

てか、曲げた衝撃ってかなり大きかったことが分かった。

他の調整方法を取ることにした。

ライコランド東雲店の作業場

何度も調整を繰り返してくれた

何度も何度も調整を繰り返してくれている。

通常の作業時間は30分とあったが結局1時間程度かかった。

料金は税込で3300円だったので割安に感じた。

 

光軸調整終了

光軸調整ライコランド東雲店

やっとのことで調整が終了した。

これで週明けにはユーザー車検が受けられそうだ。

所在地

 

YouTube動画(光軸調整)

 

 

中島モータース光軸調整失敗…

実は前日に光軸調整に練馬陸運局側のテスター屋さんへ行ってきた。

中島モータースでは駄目だった

練馬陸運局から近い中島モータース

前回のユーザー車検を行った際に利用したテスター屋さん。

実は前日に光軸調整を行ったが結論ダメだった。

営業妨害になるので発言を控えますが、

自分で光軸調整できる人が利用した方がいい。

確かに値段は900円と格安だからね。

検査機の利用料として考えると不満はない。

 

« Older posts