メタボンの地球ZIGZAG

ZIGZAG World Trip

【徹底比較】失敗しないパニアケース選び! アドベンチャーバイクで駆け巡ろう!

失敗しないサイドパニア選び

どのメーカーを買えばいいの?

アドベンチャーバイクを買ったから、キャンプや旅に出たい。

サイドパニアケースってどれを買えば良いのだろう…?

こんな方に向いた記事です

  • サイドパニアを購入検討している
  • 高額商品なので失敗したくない

【GIVI】パニアケースのパイオニア

パニアケースのパイオニアGIVI

パニアケースのパイオニアGIVI

バイク人生で初めてトップケースを買ったのがGIVIだった。
バイク屋に足を運べば店頭に並んでいるお馴染みのメーカー。
日本では”デイトナ”が代理店となって販売を行っている。

最大の売りは”世界シェアナンバーワン”という安心感。
バイクメーカーのOEMも行っているのが信頼の証である。

最初に憧れるブランドであることは間違いない。
イタリアンデザインの洗練された外観は見てて飽きない。
旅先でのステッカーカスタムを施せば愛着も湧いてくる。

TREKKER OUT BACK

TREKKER OUT BACK

【GIVI】TREKKER OUT BACK

海外バイク旅へ選んだこともあり愛着のあるサイドパニア。
取付樹脂パーツの変磨耗があるが対策を講じれば問題ない。

その辺についてはYouTube動画で触れているので見てねw
特に48Lなどの大容量で過積載する方はご視聴ください!

TREKKER OUT BACKの愛用者

YouTuberとして中央ヨーロッパやアフリカをBMWで駆け回っている。

陽気な性格と冒険が見事にマッチしてて見てるとその気にさせられる。

On Her Bike(YouTubeチャンネル)

 【TOURATECH】プロフェッショナル御用達

老舗のTOURATECH

TOURATECHはセレブ御用達

ヨーロッパの裕福な白人ライダー御用達のツアラテック。
パニア選びの際には最後までGIVIと争ったメーカーだった。
候補から外れたのはGIVIよりも非常に高価だったから。

旅先で出会うライダー達と意見交換すると絶大な信頼を得ていた。
次回パニアケースを購入するのならツアラテック一択となりそう。
予備タンクでさえ念入りに設計されており好感が持てる。

ZEGA Pro2

信頼のZEGA Pro2

信頼のZEGA Pro2

ユアンとチャーリーの車輌にもツアラテックが採用されている。
ドキュメンタリー映像を見ながら自分の旅を想像したものだ。

long way down

long way down

取付構造が他社とは異なる

 

信頼のZEGA Pro2

取付が強靭なツアラテック

GIVIやSW-Motechとは取付構造が全く異なっている。

変磨耗の心配もなく取り付け箇所が強靭にできている。

ZEGA Pro2の愛用者

YouTuberの彼は愛車のBMWでタジキスタンの悪路に果敢に挑む。
更にドローン撮影も駆使しながら冒険をYouTubeで配信している。

Charly Shinewan (YouTubeチャンネル)

 

【SW-Motech】ドイツ製が信頼の証

SW-MOTECH

SW-MOTECH

GIVIの樹脂パーツが変磨耗するトラブルに頭を悩ませていたモンゴル。

ゲストハウスへ訪れたのが同じテネレ乗りのチェコ人ライダー。

彼の装着していたサイドパニアがSWモテック製のパニアケース。

過激に飛び回る彼の使用に耐えているパニアは強靭だと思う。

SW-MOTECH TRAX ION

SW-MOTECH TRAX ION

SW-MOTECH TRAX ION

個人的にデザインはGIVIやツアラテックに軍配が上がるかな。

SW-MOTECH TRAX ION取付金具

SW-MOTECH TRAX ION取付金具

取付箇所を見てみると、樹脂パーツではなく金属パーツなので、
変磨耗する心配もなく頑丈なので長期旅にはお勧めだ。

 

【HEPCO&BECKER】何かと悪評が高い

HEPCO&BECKERパニアケース

HEPCO&BECKER

パニアケースを調べなくても認知していたのが実はヘプコだった。
金属と樹脂パーツの組み合わせも悪くないし一躍候補に躍り出た。

Xplorer / エクスプローラー

HEPCO&BECKER

HEPCO&BECKER

購入前に周囲の諸先輩から色々とアドバイスをもらった。
共通したのはヘプコは避けたほうが良いという結論に至る。

なんでも樹脂パーツの素材が粗悪で亀裂が入るのだという。
確かにネット検索すると同様の悩みを綴ったブログがヒットする。

参考記事↓
明日死んでも後悔しない生き方をしよう

 

RIMOWA好きにはたまらない逸品

RIMOWAのパニアケース

ALU EXCLUSIVE

RIMOWAのパニアケースって響に反応する人も多いはず。

エクスプローラーのように樹脂パーツがないので破損には強い。

実際に目にしたことが無いから評価できない…。

【美人揃いのヒンバ族】一夫多妻に大興奮の嫁探し!?

キャンプ場(Onjowewe Lodge)で朝を迎えた。

昨晩はタケヤンに夜景撮影を教わってテネレを撮影。

自分のカメラでも綺麗に撮影できることを教わった。

朝食は定番のパスタ料理

朝食は定番のパスタ料理

朝食はパスタとキャベツを茹でた質素な食事。

ヒンバ族が住む村へ訪問

ヒンバ族の住む村へ訪問

ガイドのアダムが先導する

ヒンバ族への訪問ツアーは受付棟で取り扱っていた。

向かいの柵を越えて向かうとヒンバ族の集落へ繋がる。

画像に写っているのはガイドのアダムさん。

アフリカ人らしい陽気な天然系のお兄さん。

別途ガイド料が必要になると思い断ったのだが、

既にツアー代金に含まれているので不要ということだ。

まぁ、仕事ぶりを見てチップを渡してほしい。

 

ヒンバ族の絶世の美女

ヒンバ族の絶世の美女

最初に出会ったヒンバ族の奥様が一番美しかった。

人には好みもあるが、どこかモデルのような美貌だ。

勿論、どっちかわかるよね…w

2人は焚火を利用して朝食を作っている最中だった。

中身を見てみるとパスタと豆を煮込んでいる…。

我々と食事内容が変わらないのでウケたw

 

ヒンバ族の赤ちゃん

ヒンバの赤ちゃんがめちゃ可愛い!

猛烈に可愛い赤ちゃんがヨチヨチと徘徊している。

タケヤンと2人で”可愛いねぇ💕”と声が揃ってしまう。

何だろうこの可愛さはw

2人で”可愛い💕”という言葉を連発してたら、

真似して”かあいい〜”って喋るようになって笑えたw

是非、最後のYouTube動画を視聴してほしい。

ヒンバ族の髪型

特徴的な髪型は泥で出来ている

特徴的な髪型はアンゴラで見かけた女性達とは様子が違う。

真っ黄色の土頭もいたので別の部族だったのかな?

 

ヒンバ族の美女と記念撮影

ヒンバの奥様とメタボン

ヒンバの奥様とメタボン

中国人観光客が怒涛の如く現れたので記念撮影して撤収。

夜間撮影モード設定で白飛びしてしまい非常に悔やまれる。

 

ヒンバの奥様とタケヤン

ヒンバの奥様とタケヤン

設定を直してタケヤンと彼女達を撮影した。

ご満悦の顔をしていると感じるのは俺だけか?

ヒンバ族は一夫多妻制!

ヒンバ族

別のグループへ訪問

先に進むと別のグループが朝食を作っていた。

ここにも女性陣がたくさん集まっている。

アダムが一夫多妻制について説明を始めた。

そういえば、さっきから男性がいないので気になってた。

アダム曰く、昼間は狩に出ていると言っているが…。

実際は普通に携帯を使って街中で仕事してそうw

旦那の浮気って概念が無いのかな?

ふと疑問に思ったことがある。

一夫多妻に人数上限があるのだろうか?

旦那の器量(稼ぎ)次第ってとこかもね。

奥様達には嫉妬心とか独占欲とかないのかね。

子供も全員で育てるような感じもするし…。

浮気性の男性には一夫多妻制は天国かもねw

はい、最低発言しました…。

 

ヒンバ族の姿に大喜び

自分の姿に大喜び

自然な表情を収めたいので何度もシャッターを切る。

撮影した彼女の姿を見せてあげると大喜びである。

ヒンバ族のご自宅訪問

藁葺き屋根の自宅訪問

藁葺き屋根の自宅訪問

藁葺き屋根の家はツアー用に作られたものかもしれないけど、

ヒンバ族の日常を垣間見ることができて貴重な経験となった。

ヒンバ族の伝統は焚火で燻して香りづけ

焚火で燻して香りづけ

奥様は焚火にお香を入れて上着を燻し始めた。

臭い消しと香り付け、更に防虫効果もあるそうだ。

枕は男性しか使わない

男尊女卑が色濃く残るヒンバ族では各家庭に枕が一つ。

なんでも旦那さんだけが枕を使って寝るそうだ。

奥様は旦那の腕枕で寝るのが習慣となっていると聞く。

 

アクラを顔に塗ってみた!

ヒンバ族のアクラを塗ってみた

アクラを塗ってみた

悪戯っぽい笑み浮かべながら近くに来るように呼ばれた。

アクラを指につけながら俺の顔に塗りたっくってきたw

まぁ、記念になるだろうと思い拒否しなかった…。

アクラは女性限定の化粧品

アクラは女性限定の化粧品

記念撮影しようとタケヤンと外に出て写真撮影。

周囲のヒンバ族へアピールするも反応がイマイチだった。

爆笑を期待していたのに逆に恥ずかしい思いをしたw

後から聞くとアクラは女性だけが塗る化粧品なので、

男性が塗ることがないので、異様にだったのかもしれない。

ヒンバ族の訪問記念に撮影

訪問記念に撮影

最後に記念撮影をする。

相棒が本気で気に入った女性

相棒が本気で気に入った女性

タケヤンは最初のヒンバ族の美女よりも彼女が好み。

綺麗だなぁ、綺麗だなぁと連発してたんだよねw

やはり人の好みって色々なんだね。

ヒンバ族の子供達

アフリカの子供は元気一杯

外では子供達が元気一杯に走り回り笑いが絶えない。

ヒンバ族の土産物

ツアー終了には土産物が展示される

ツアーが終わる頃には広場にいつの間にか土産物が陳列された。

アダムはこれを買ってもらうために最後までついてきたのかな?

欲しい物も無いので購入することも無かった。

 

YouTube動画

 

レンガ投石で威嚇された!?【世界一美しいヒンバ族に会いたい】

本日のルート

ナミビア入国後に2日間滞在したキャンプ場を去る。

本日の目的地はヒンバ族が暮らす集落の横にあるキャンプ場。

距離にして400kmと少しあるようだ。

 

木陰を見つけて小休憩を挟む

ヒンバ族が住む村へ向けて出発

炎天下で日陰を探した

ちょうど良い木陰を見つけたタケヤンは停車した。

この小休憩の少し前にガソリンスタンドで給油したのだが、

トイレの場所がわからなかったので先に進んでいた。

ヒンバ族に会いたい

日陰の風は冷んやり

北半球に位置しているナミビアは冬に向かっているが、

日差しはとても強力で真夏の日差しと遜色ない。

日焼け止めを買っておけばよかったと後悔…。

日陰に入ると途端に冷んやりとした空気に安堵する。

身体的にはとても気持ちが良いので嫌ではないかなw

路上の黒人がレンガを持って威嚇する

アフリカでの危険な場面

黒人の若者がレンガを投げる威嚇

小を足して戻ってくると、先ほどの投石事件に話は移った。

ガソリン給油の手間で道路脇から若い黒人男性が、

レンガを持って前方を走るタケヤンに向けて投げる仕草。

肝心の本人は気がついてないw

本人にバレない位置から威嚇したのは悪ふざけの証拠。

若者の悪ノリなのだろうが、瞬間的に腹が立った💢

次は俺だと予測したので目線を逸らさずに彼の目を直視。

動画を見れば分かるが、何度見ても不快な気分にさせる。

通り過ごしてサイドミラー越しに彼の動向を見ると、

バツ悪そうに車内に隠れてしまった…。

隠れるなら、最初からやるな!!

若い男性だから調子に乗りたい気持ちもわからなくない。

けどさ、言葉の通じない外国人に対してやっちゃダメでしょ。

共通言語のない相手に向けて、冗談だったでは済まされない。

 

ゾウ横断注意の看板を発見!

ゾウ横断注意の看板

ゾウ横断注意の看板

アフリカ縦断で初めて目にしたゾウ横断注意の看板に笑顔になる。

直後にダチョウと並走でき自然の豊かさを感じることになった。

 

本日のキャンプ場へ到着

ヒンバ族の村近くのキャンプ場

キャンプ場:OnjoweweLodge

遥々420kmを走破してやってきたよ。

色鮮やかな土色にヒンバ族の褐色の肌を連想した。

入口の写真を撮り忘れることが多いので撮影しておく。

翌朝に撮影と思っていても忘れちゃうんだよねw

 

ヒンバ族が住む村近くのキャンプ場

OnjoweweLodge入口ゲート

入口ゲート脇にある建物は受付かと思ったが違った。

セキュリティー不在の入口ゲートは安全の証なのか?

スマホの位置情報と目的地を再確認する。

キャンプサイトは1.4kmほど進んだ場所にあるようだ。

 

アフリカの子供達は天使の笑顔!!

ナミビアのキャンプ場受付

受付棟

受付に到着すると、沢山の子供達が遊び回っている。

アフリカの子供達は元気一杯

子供達が沢山

大きなバイクの登場で近くの子供達も集まってきた。

天使の笑顔が待っていた

子供達の笑顔に癒される

真ん中の美人な女の子は受付女性の子供である。

更に右にいる、ちっちゃな天使は妹のようだった。

天使を見つけた瞬間!

天使を見つけた瞬間!

なんかこの写真は好きなんだよね。

背景が白飛びしてるけど天使の笑顔だよね!

世界地図に夢中になる子供達

世界地図に夢中の子供達

タケヤンのパニアケースには世界地図が張り付いている。

走ってきたルートが描かれているので興味津々に指差してる。

アフリカの他国では地図を読めない人が多かったけど、

興味を持てるって、ナミビアの教育水準は高いのかな?

英語が堪能な受付スタッフ

受付棟でチェックイン手続き

先ほどの天使ちゃん達のお母さん。

英語がとても堪能なので会話に困ることがない。

しかも配慮できる性格なので貴重である。

子供達のお母さんだった

子供達のお母さんだった

テキパキと仕事のできるお母さんは頼もしい。

子供達の教育水準が高いのも母親譲りかもしれない。

 

本日の我が家を設営

本日の我が家

本日の我が家

受付棟から300メートルほど進んでくるとキャンプサイトに出た。

設備は豊富でプールにホットシャワー、焚火エリアもあったりする。

宿泊料金が190ナミビアドルなので日本円で1400円程度。

アフリカの物価からしても料金設定が高いのは外国人だからだろう。

因みに2人で2800円を出せば普通のホテルに滞在できる。

TENGERを設営した

愛用のTENGER

キッチン棟には屋根があったのでその下に設営することにした。

これでフライシートを張る必要もないので撤収も簡単になる。

愛用のコールマンツーリングテント

愛用のコールマンツーリングテント

天井から吊るされている木には裸電球が括ってあるけど点かない。

奥のキッチンには水道とBBQができる釜戸が備え付けられている。

設営後に困ったのが、電気が通ってないことだった。

コンセントはあるけど、通電していないのである。

スタッフに確認すると電気は通ってないと教えてもらった。

ヘッドライトだけでは心細いので無料でランタンを貸してもらった。

 

2人が愛用するテント達

メタボン愛用のTENGER

メタボン愛用のTENGER

こばゆりこと、小林夕里子さんがプロデュースしたテント。

一つ前のモデルなので現在では入手ができない。

昨年には新しいモデルがテンマクデザインさんから発売中。

室内で着替えやすいように天井が高いなど特徴ある作り。

特に女性らしい配慮されているので気になる人はチェックして欲しい。

タケヤン愛用のツーリングドーム

タケヤン愛用のツーリングドーム

相棒はコールマンのツーリングドームを愛用している。

Amazonでも人気商品だけあってコスパは最強クラスだね。

個人的に言わせてもらえるならば、

ポールがグラスファイバー製なので強度と軽さを兼ね備えた

ジュラルミン製の別売りポールを販売して欲しいかなぁ。

キャンプサイト内を散策

キャンプサイトにはプールがある

寒くてプールには入らない

プールが利用できるが、虫が浮いてるのでやめておいた。

北半球で6月を迎えており、寒いのも控えた理由の一つである。

プール底には勇ましい姿で死んでいるトカゲ君を発見!

水面を見上げていて固まっていた。

 

高いところが好きな相棒

高いところが好きな相棒

タケヤンの姿を探すと小高い岩山の上に彼の姿を見つけた。

見晴らしの良い場所を見つけると、サッサと行ってしまうw

ナミビアの神聖な岩山

神聖な岩山だろうか?

向こうの岩山に向かって指差してと注文。

彼の後ろ姿を撮影してあげることにした。

ナミビアの神聖な山

植物の様に重なり合ってる

モコモコと岩が植物のように湧いて出てきたように見える。

神聖な岩山なのだろうか?

ナミビアのキャンプ場

キッチン棟を見下ろす

見下ろすとキッチン棟が見えたのでパチリ。

ナミビアの夜景

夜が忍び寄る

静かに夜が忍び寄ってきた。

 

ナミビアでのキャンプ飯

相棒の夕食

日が暮れる前に夕飯を作ることにした。

上記画像はタケヤンの夕飯である。

開封された缶詰はカレー味のお米料理。

そのままだとボソボソなので不味い。

煮込めば平気と雑炊風に仕上げていた。

 

一眼レンズで表現が変わる

タケヤンのレンズ撮影

食事を終える頃には完全に日が暮れていた。

タケヤンが撮影したキッチン棟。

レンズが違うとこんなにも表情が変わると知った。

メタボンのレンズ撮影

メタボンのレンズ撮影

下手くそなこちらの画像は私が撮影したほうだ。

 

タケヤン指導で夜景撮影デビュー

ナミビアの星空

初めて挑んだ夜景撮影

細かな設定は忘れてしまったがシャツターが切れるまで動けない。

光が少ないのでヘッドライトで一瞬だけ対象物に光を当てる。

こんなところだったっけかな?

テネレに跨るメタボンに光を当てる必要があったわけw

不自然に浮き上がっているから少し光を抑えると自然になるかも。

YouTube動画

アフリカの朝食で半熟卵って食中毒は大丈夫?【サルモネラ菌】

意味不明なテロップ登場!

テロップが意味不明

別次元の言葉が残された

酔っ払って、意識朦朧としながら…

更に眠気を我慢して動画編集した結果w

途中で変なテロップが入り込んじゃっているよ。

別世界の説明が入り込んだ。

再編集の際に全て修正したつもりが残ってたYO!

動画 → 03:08

ZEROコーラに似てるって言われたw

ZEROコーラに似てるらしい

ZEROコーラに似てるらしい

スーパーでZEROコーラを2Lにしようか1.5L悩んでたら

2Lサイズを指差して何処か似てますねと…タケヤン。

ちょっと、失礼しちゃうw

 

YouTube動画

【3社比較】ジンバルつき小型カメラ最強はどれ? OsmoPocket / FeiyuPocket / FIMI PALM

まいど、メタボンです!

ジンバルつきカメラが各社から発売されてます。

その中でもジンバルで有名なFeiyuTechが発表!

さて、先日こんなツイートをしました。

小型ジンバルカメラ後発組の #FeiyuTech #OsmoPocket の弱点だった画角を解消! ▶︎こんな人にお勧め 1. オズモポケットは高価 2. 画角が狭い クラファン価格→27,583円 ジンバルのパイオニア、FeiyuTech発。世界初公開、超小型カメラ付きジンバル「Feiyu pocket」|

 

こんな方に向いてる記事です

  • OsmoPocketが欲しいけど高いよ
  • OsmoPocketの画角が狭くて嫌!

オズモポケットの不満点を克服した商品が
続々と販売されるようになった。
後発商品が買いなのかご判断いただけます。

競合3社のスペック比較

ジンバルカメラ名 画角 画質 wifi接続 センサーサイズ 本体価格
OsmoPocket 換算/26mm FOV:80° 4K/60fps ワイヤレスモジュール(別売り) 1/2.3インチ 39,800円
FeiyuPocket 換算/14mm FOV:120° 4K/60fps 本体搭載 1/2.5インチ 正規価格:32,450円
クラファン:27,583円
FIMI PALM 換算/11mm FOV:128° 4K/30fps 本体搭載 1/2.6インチ 26,850円

 

【DJI】OsmoPocket(元祖小型ジンバルカメラ)

良い点 悪い点
画質が良い(4K/60fps) 画角が狭い
音質が良い(個人的に1番) 白飛びするる
アフターパーツ豊富
※ヘルメットマウントや防水ケース等
本体価格が高価

 

オズモポケットが優れている部分

アフターパーツ豊富で色々な場面で活躍できる。

ヘルメットマウントとクリップマウントが優秀!

特に海外旅行先で自然な風景を納めたい場合には一択。

クリップマウントで液晶画面を自分側に向けて隠せる。

↓↓↓詳細情報は記事を読んでね↓↓↓

 

【Feiyu Tech】FeiyuPocket

良い点 悪い点
画角が広い(PALMには負ける) 正規価格はオズモポケットと同等
(32,450円)
wifi接続可能
最大512GB(micro SD)
安価である(27,583円)

120度広角レンズと1/4ネジ搭載でオズモの不満を解消!

自撮り撮影用に購入するならFeiyuPocketを選ぶだろうな。

オズモポケットに比べて画角が広くて4K/60fpsに対応。

wifi接続も本体に収納されているので便利。

 

この投稿をInstagramで見る

 

So excited to unbox this incrediable little thing! 😊 Order 😊👉: https://bit.ly/buyFeiyupocket #Feiyupocket #feiyutech

FeiyuTech(@feiyutech)がシェアした投稿 –

↓↓クラウドファウンディング価格が圧倒的に安いよ↓↓

GREENファウンディング

FeiyuPocketがクラファン価格

GREENファウンディング(購入サイト)

 

【Xiaomi】FIMI PALM

良い点 悪い点
画角が広い(1番広角) 本体が一回り大きい
wifi接続可能 英語と中国語のみ対応
5-wayジョイスティック
安価である(26,850円)

バイクマウントして走行動画を撮影するならこれを選ぶかな。

画角が”11mm FOV:128°”と一般的なアクションカムに負けない画角。

残念ながら防水ケースはないので雨降りには撮影できないけどね。

5wayジョイスティックも使い勝手が良さそうなので好印象!

又、一番安価という点でコスパに優れている。

 

 

 

« Older posts