コピー商品が販売されているけど何を選べば良いの?
相手
相手

こんなお悩みに応えます!

焚火シーズン到来

焚火シーズン到来

焚火シーズン前に各社でピコグリル擬き市場が熱い。

昨年の暮れから販売開始されて注目を浴びたコピー商品だが、

Amazonから販売中止で忽然と消えたりと入れ替わりが激しい。

又、従来モデルのどう見てもピコグリルにしか見えない完コピ物から、

最新モデルではステンパイプの足組をステン板に改良したもの。

各社思考を凝らして凌ぎを削っているようだ。

偽物にも2つの違いがあるので意識しよう!

①ステン板の接合箇所の違い

②足組の形状の違い

 

上記2つについて深掘りしてゆきます。

□ステン板の接合箇所の違い

ピコグリル擬きの接合箇所の違い

コピグリルの接合部違い

私の持っているコピー商品は”タキトラ焚火台”である。

ステン板の接合箇所が長くて1本タイプのもの。

オリジナルは複数箇所に接合するようになっている。

私の物は重い薪を山積みにして長時間加熱したことで、

接合箇所付近に凹みができしまっている。

とはいえ、使用には一切問題は出て来ていない。

 

□足組の形状の違い

Amazonで購入したピコグリルの類似品

コピグリルの裏側

発売当初、弱点と言われた足組の崩れはペンチでカシメると崩壊を防止することができる。

1700円等の激安商品は旧モデルが流通しているかもしれないのでカシメてから使おう!

最新モデルのピコグリル擬きはアマゾンで購入することができる。

最近ではオリジナルに似せて作るよりも弱点克服に向けて思考を凝らしているようだ。

他社製品と見た目も作りも同じなので価格勝負になっていたから差別化を図ろうとしているようにも見える。

更に火吹き棒や糸鋸を付属品に含めたりしている。

まとめ

上記で触れた2点を理解した上で自分の予算に合わせて購入しよう。

最新版は以下の記事で一気に見ることができるので便利かもw