ZIGZAG World Trip

カテゴリー: 愛車テネレ(XT660Z) (Page 1 of 3)

愛車の予備パーツ・整備工具・出発前整備

テネレ700にお勧めの盗難セキュリティー【スティールメイト986X】

メタボン
メタボン
泊まりツーリングで愛車の盗難が心配…
キャンプでの買い出し中の悪戯が心配…

私はユーラシア大陸、アフリカ大陸とバイクで駆け巡りました。

約1年2ヶ月に渡る旅路の中で強盗や盗難被害はゼロ。

事前に起こり得るトラブルを予想して対策を講じてきました。

その際に役立ったアイテムや盗難対策について情報を共有します。

YAMAHA公式サイト

バイク盗難&悪戯にはスティールメイト986Xがお勧め!

スティールメイト986X

出典:Amazon(スティールメイト986X)

愛車の盗難対策に頭を悩ませている人も多いと思う。

地球ロック、ディスクロック、フロントブレーキレーバー固定。

悲しいことに盗難のプロから完璧に防ぐ術はありません。

今回は外出先での短時間に限り盗難や悪戯に有効と思われる

セキュリティー商品のスティールメイト986Xを紹介します。

Continue reading

#バイク好きと繋がりたい Twitter / YouTuber / MMG

こんにちは、メタボンです。

先程、愛車のスペックをツイートしました。

 

/ 【愛車紹介】 モデル名 :XT660Z 排気量  :659.7cc 最高出力 :48ps(35.0 kw)/6250rpm 最大トルク:58.0Nm \ テネレ700のベース車両。 少し癖のある単気筒♪ #バイク好きと繋がりたい metabon1975.com/my-moto/

 

テネレを選んだわけ XT660Z

XT660Zバックショット

XT660Zバックショット

正直いうと、スタイリングかなw

以前、動画で自分の愛車紹介でも触れましたが、

実は他にも色々と候補がありました。

トライアンフタイガー、

マルチストラーダ、

小排気量としてセローw

結局は車両価格と故障リスクを考慮した上で、

信頼のYAMAHAテネレを選んでます。

Continue reading

クランクベアリング破損が原因だった!

事前予想を元にバイク屋へ持ち込んだ

前回の続き。

ポートエリザベスのゲストハウスから程近い「Auto motocycle」へバイクを持ち込んだ。

事前にモンゴルの味戸さんに相談して、ヘッドバルブとカムチェーン辺りが怪しいと聞いていた。

クランクベアリングも怪しいけど、テネレのエンジンは強いから破損することは想像できない。

 

異音の原因はクランクベアリングだった

エンジニアに状況を説明するが、カムチェーンの音ではないと判断。

エンジンを開いて見ないと判断できないけれど、クランクベアリングが破損した臭い。

正直、南アフリカに良いバイク屋が沢山あると聞いていたのでそちらで修理したい。

とは言っても、ベアリングが中でバラバラになったら目も当てられないことになる。

腹をくくってここに依頼することにした。

 

真横にYAMAHAディーラーがあった!

修理依頼をした後に店を出てみると、真横にYAMAHAディーラーがあった。

やってしまった!本来であればこっちに依頼するべきだよね。

エンジンを開いてしまったこともあり、諦めることにした。

リアタイヤに亀裂、南アフリカでタイヤ交換

外観

バイク屋到着からスタート。

品揃えと設備をみるとネットで評価が高いのが頷ける。

所在地

本日のお会計

リアタイヤ交換 14,000円程度

エンジンオイル交換 4,000円程度

サイドスタンドの下駄 3,000円程度

合計金額 21,000円程度

 

リアタイヤ交換

リアタイヤ交換中

リアタイヤの在庫は確認済みなので話が早い。

バイク用品を見ていると、外では作業が既に始まっていた。

 

タイヤ外した

手慣れた手つきでテキパキ作業を進めてゆく。

但し、締め付けトルクだけは自分で仕上げることにした。

 

走行約30,000km

取り外したハイデナウK60。

スペインのハッピーライダーで交換したので、

約30,000km程度走ったことになる。

 

亀裂1

複数箇所に亀裂が入っている。

ナミブ砂漠の長距離ダート走行で発生したと思ってる。

 

亀裂2

ココまで減ったのバイク人生で初めての経験。

丁度センターに亀裂があるので、パンクしないか冷や冷やしてた。

やっぱね、これだけ減るとロードノイズがお尻にくるんだねw

 

仕事が早い

彼が全て担当してくれた。

 

 

エンジンオイル交換

エンジンオイル交換

続いて作業場へバイクを移動させてエンジンオイルを交換となった。

但し、海外では締め付けトルク無視でアホ程締めるので自分でやった。

本当はモチュールをレジで購入してそれを交換してもらう予定だったが、

何故か店がオススメするドイツ製のOILを使われてしまう。

結果、エンジンノイズが低減されたので高品質なのだろう。

 

エンジンオイル交換

ボルトをそのまま外すとエンジンガードが汚れるのでダンボールを利用。

 

ワッシャーを流用したが

ここで痛恨のミス。

テネレはドライサンプで二箇所からオイルが出てくる。

フロントカウル側のボルトのワッシャーを流用したのだが、

砂が噛んだのだろうか、後日オイル漏れとなった。

次回からはワッシャーは新品にするようにしよう。

作業場風景

作業場

バイク屋の作業場を見てるのが好きだ。

知らないブランドがあったりすると聞いてしまう。

上記画像の右側にあるペール缶がエンジンオイル。

南アフリカでは結構メジャーなブランドみたい。

他のバイク屋でも同じオイルが並んでいた。

因みにモチュールよりも少し高い値段設定だった。

 

整理された工具

整理整頓された工具をみてると仕事に対する姿勢を感じる。

この店舗は大丈夫そうだなw

KTM 990 ADVENTURE

KTM 990

KTMアドベンチャー好きなんだよね。

特にこのモデルが大好き。

なんとなくテネレに顔が似てる。

というかヤマハが真似したかもw

沢山の車両

奥に行くとお客さんの預かり車両が所狭しと並んでいる。

 

沢山の車両

手前のBMWもセンターリブタイヤを装着してるぞ。

海外ではかなりメジャーなタイヤなんだけど日本で見かけない。

 

整備完了

センターリブ付き

今回はリアタイヤ交換とエンジンオイル交換を実施。

上記画像だとセンターリブがわかりやすいね。

最初、同じパターンのタイヤが装着されると思ってた。

前回 幅130でブロック

今回 幅140(センターリブ付き)

ブロックタイヤってボコボコしててアスファルトでは減りが早い。

そこで画像のように中央だけアスファルトで減りにくい作りになっている。

出発前に装着できないと言われてたセンターリブが付いて嬉しいw

前回は3万キロ走れたので、5万キロはかたいだろうな。

 

ハイデナウ

日本ではスピードスターで取り扱っているが高い…。

以下は南アフリカでの参考価格と日本価格の比較。

 

  • 海外価格 約14,000円(交換工賃含む)
  • 日本価格 27,800円(税込)

 

一万円以上の値段差があるのであれば、

日本では2回タイヤ交換した方がいいかもね。

 

アフリカツインの予備タンクが凄い!

 

新型アフリカツイン

世界中で売れている新型のアフリカツイン。

世界各国で見かけるので人気のほどが伺える。

周囲を回って眺めていると…

珍しい予備タンク

なんだこれ?

スタッフが予備タンクであると説明してくれた。

なんか純正で売ってそうなクオリティーだよね。

かっこいい!

日本で販売したら売れるっしょ!

誰がご存知の方いますかね?

 

直接タンクへ繋がっている

予備タンクのフロント側からパイプが直接タンクへ繋がっているようだ。

 

新型アフリカツイン

純正アクセサリーのように見えてデザインを崩さずに違和感がない。

 

タイヤの在庫が豊富!

豊富な品揃え1

タケヤンのテンションが高くなったw

「え〜安い!」と連呼しているwww

 

良心的な価格

タイヤに詳しいわけじゃないので相場がわからない。

690ランドは日本円換算で5,300円程度。

 

豊富な品揃え3

ブロックタイヤ一つみても色々な種類があるんだね。

俺はアナーキーワイルド、カルー3、ハイデナウしか履いたことないな。

 

豊富な品揃え2

個人的にはハイデナウがいいかなと思う。

何故ならば、タイヤが柔らかいのでパンク修理が比べて楽そう。

他2種は手動でビートが落ちないかもw

 

サイドスタンドに下駄装着

サイドスタンドに下駄を履かせてドレスアップw

もうオフロード走ることないけど安いんで装着。

日本で買うと7,800円とかするからね。

 

記念撮影

記念撮影したいということで応じることにした。

パニアケースにはステッカーを貼ってくれた。

こちらもオススメできるショップですよ。

 

YouTube動画

https://youtu.be/cmL9abc8QYU

次回ブログ更新をお楽しみに♪

GIVIパニアケースが破損したので補強修理した!Trekker Out Back 48L

リラックスハウスで補強してもらった!

パリダカにチームとして同行した経験のある味戸さんがモンゴルでゲストハウスをオープンした。同じテネレ乗りだったこともあり、補強してもらうことにした。

 

やっちまった 笑

やっちまった 笑

パニアケースに補強が必要

先月、ホリホン島で転倒した際にパニアケースの下部樹脂が破損して取り付けができなくなってしまった。チタのLIKEホステルでお世話になったオーナーのセルゲイに助けを求め、地元のバイククラブを紹介してもらった。本当によくやってくれたが、実は強度的に不安が残る作りだった。

Continue reading

« Older posts