ZIGZAG World Trip

カテゴリー: 愛車テネレ(XT660Z) (Page 1 of 3)

愛車の予備パーツ・整備工具・出発前整備

テネレ700にお勧めの盗難セキュリティー【スティールメイト986X】

メタボン
メタボン
泊まりツーリングで愛車の盗難が心配…
キャンプでの買い出し中の悪戯が心配…

私はユーラシア大陸、アフリカ大陸とバイクで駆け巡りました。

約1年2ヶ月に渡る旅路の中で強盗や盗難被害はゼロ。

事前に起こり得るトラブルを予想して対策を講じてきました。

その際に役立ったアイテムや盗難対策について情報を共有します。

YAMAHA公式サイト

バイク盗難&悪戯にはスティールメイト986Xがお勧め!

スティールメイト986X

出典:Amazon(スティールメイト986X)

愛車の盗難対策に頭を悩ませている人も多いと思う。

地球ロック、ディスクロック、フロントブレーキレーバー固定。

悲しいことに盗難のプロから完璧に防ぐ術はありません。

今回は外出先での短時間に限り盗難や悪戯に有効と思われる

セキュリティー商品のスティールメイト986Xを紹介します。

Continue reading

#バイク好きと繋がりたい Twitter / YouTuber / MMG

こんにちは、メタボンです。

先程、愛車のスペックをツイートしました。

 

/ 【愛車紹介】 モデル名 :XT660Z 排気量  :659.7cc 最高出力 :48ps(35.0 kw)/6250rpm 最大トルク:58.0Nm \ テネレ700のベース車両。 少し癖のある単気筒♪ #バイク好きと繋がりたい metabon1975.com/my-moto/

 

テネレを選んだわけ XT660Z

XT660Zバックショット

XT660Zバックショット

正直いうと、スタイリングかなw

以前、動画で自分の愛車紹介でも触れましたが、

実は他にも色々と候補がありました。

トライアンフタイガー、

マルチストラーダ、

小排気量としてセローw

結局は車両価格と故障リスクを考慮した上で、

信頼のYAMAHAテネレを選んでます。

Continue reading

GIVIパニアケースが破損したので補強修理した!Trekker Out Back 48L

リラックスハウスで補強してもらった!

パリダカにチームとして同行した経験のある味戸さんがモンゴルでゲストハウスをオープンした。同じテネレ乗りだったこともあり、補強してもらうことにした。

 

やっちまった 笑

やっちまった 笑

パニアケースに補強が必要

先月、ホリホン島で転倒した際にパニアケースの下部樹脂が破損して取り付けができなくなってしまった。チタのLIKEホステルでお世話になったオーナーのセルゲイに助けを求め、地元のバイククラブを紹介してもらった。本当によくやってくれたが、実は強度的に不安が残る作りだった。

Continue reading

パニアケース修理してみる

インスタ を通じてチタでお世話になったLike Hostelのセルゲイに助けを求めた。彼はバイクが大好きで、世界を巡ることが夢だと語ってくれた。そんか彼の周囲にはバイクに精通するネットワークを持っていた。

しばらくすると、何故か日本からのフェリーで一緒になった若い韓国人からインスタを通じて、心配してるという内容のメッセージが届く。これまた不思議なご縁で、彼も同じホステルに宿泊していたようだ。セルゲイから転倒の話を聞いたようで、連絡してきた。

2人の連帯感

セルゲイがイルクーツクのバイククラブを探し出し、その情報を韓国人の彼が英語を介してメッセージをくれてくれた。

指定された住所へ尋ねてみると、チェコのライダーがメンテナンスをしている最中だった。

入口付近

次はどこに行くか聞くが、決めてないという。自由気ままな旅なんだろう。でも、バイクをみてると只者ではない雰囲気だな。やっぱタイヤを背負って移動するべきなのか不安になったりする。

彼が修理をしてくれたアレクサンダー。見た目よりも控えめな性格に安堵した。パニアケースの修理は何度かやっているみたいだけど、相談をしながら進行した。結果、重さに耐えられるように工夫して修復ができたが、右側の転倒に関しては弱いまま。一回の転倒で破損するだろうと予測している。なので、モンゴルへ入国した際に日本人のアジトさんの所で改めて、補強を予定してる。

外側

内側は穴を開けて金属棒を通した。更に抜け出ないようにグルーガンで補強する。

取り付けてみた。思ったよりも重くなっても大丈夫そうだ。だが、念のためにリュックの中の衣類など軽いものをパニアケースに入れて、比較的重量のあるクッカー類などをリュックへいれることにした。また、破損して外れないようにタイダウンを2本追加予定。これならモンゴル迄は大丈夫だと信じたい。

中央はチェコライダー、右側がアレクサンダー氏。

費用も1000ルーブルでいいよと良心的だった。

最後に

ワッツーのK本さん、幾つもアドバイスをいただき大変心強かったです。

【ロシア】バイクショップへ行ってきた

DBSフェリーに乗船する際に、火気厳禁を指摘された。

持参したプレクサスやチェーンオイルが持ち込めないので自宅へ返送。

到着したら、チェーンオイルを確保しなければならないので、

知人の紹介を受けて、徒歩でバイクショップへ行ってきた。

バイクショップ情報

Moto Store Motari

Okeanskiy Prospekt, 66, Vladivostok, Primorskiy kray,ロシア 690002

+7 423 239-09-00

>>地図

店内入口

ゲストハウスから徒歩で25歩程度となかなかの距離だったが、

観光を兼ねていたので楽しい道のりだった。

店内の様子

整理整頓されてはいなかったが、タイヤとオイルの品揃えは充分だった。棚に並ぶエンジンオイル。左側の男性は英語が話せるので安心。因みに会計の女性は英語は一切できない。タイヤの品揃えは問題ないように個人的に思う。壁際の陳列。

チェーンオイル購入

会計:930ルーブル

※日本円 約1600円程度

オイルシール用と英語で伝わって無事購入できて一安心。

困った時にはグーグル翻訳

買い物、ゲストハウスでのコミュニケーション。困った時にはグーグル翻訳が本当に助かっている。

事前に使い方に慣れておこう!

« Older posts