ZIGZAG World Trip

カテゴリー: 愛車テネレ(XT660Z) (Page 1 of 3)

愛車の予備パーツ・整備工具・出発前整備

【TANAX】セロー250にも似合うラリータンクバックをリピートした5つの理由|MFK-180

3年間も使い倒したラリータンクバックは既にジッパーが壊れボロボロ。

他社製品と比較検討してみたけど、同製品を再度購入することに決めた。

特にジッパーを解放することで容量を増やすことができて非常に便利。

海外では吸盤を収納するスリットを隠しポケットした思い出も詰まっている。

そんな魅力溢れるラリータンクバックをお勧めする5つの理由を紹介する。

又、弱点と車両によって注意点もあるので最後まで読みすすめて欲しい。

購入を検討している方に向けて何か参考になれば幸いです。

メタボン
メタボン
砂塵でジッパーが破損するまで使い倒したw
アマゾンで1万位なんだから買い替えなよw
相手
相手
メタボン
メタボン
だよねぇ…他社製品と比較してもコスパ最強だしね

この記事を読むべき人

・ラリータンクバック購入を検討している

・小排気量バイクでも使えるのか知りたい

 

使い倒したラリータンクバックを比較

使い倒したラリータンクバックと新品を比較

使い倒したラリータンクバックと新品を比較

新品はカッチリしているが手前は形が崩れてきている。

2018年1月頃から使用しているので3年ほど酷使している。

Continue reading

【YSP川口】バイクのガソリン漏れが酷くて駆け込んだ|XT660Z

メタボン
メタボン
ガソリンがダダ漏れして怖い…
それって爆発するんじゃないのwww
相手
相手

愛車から漂うガソリン臭が悪化

テネレのガソリン漏れを修理YSP川口

YSP川口へ預入(修理前)

実はガソリン臭に悩まされ始めたのはアフリカ縦断の終盤頃だった。

当時は給油で溢れて臭っているのだろうと気にしていなかった。

日本へ帰国して約1年経過した現在、

ツーリングへ行く度にガソリン臭が漂うのが気になっていた。

Continue reading

テネレ700にお勧めの盗難セキュリティー【スティールメイト986X】

メタボン
メタボン
泊まりツーリングで愛車の盗難が心配…
キャンプでの買い出し中の悪戯が心配…

私はユーラシア大陸、アフリカ大陸とバイクで駆け巡りました。

約1年2ヶ月に渡る旅路の中で強盗や盗難被害はゼロ。

事前に起こり得るトラブルを予想して対策を講じてきました。

その際に役立ったアイテムや盗難対策について情報を共有します。

YAMAHA公式サイト

バイク盗難&悪戯にはスティールメイト986Xがお勧め!

スティールメイト986X

出典:Amazon(スティールメイト986X)

愛車の盗難対策に頭を悩ませている人も多いと思う。

地球ロック、ディスクロック、フロントブレーキレーバー固定。

悲しいことに盗難のプロから完璧に防ぐ術はありません。

今回は外出先での短時間に限り盗難や悪戯に有効と思われる

セキュリティー商品のスティールメイト986Xを紹介します。

Continue reading

#バイク好きと繋がりたい Twitter / YouTuber / MMG

こんにちは、メタボンです。

先程、愛車のスペックをツイートしました。

 

/ 【愛車紹介】 モデル名 :XT660Z 排気量  :659.7cc 最高出力 :48ps(35.0 kw)/6250rpm 最大トルク:58.0Nm \ テネレ700のベース車両。 少し癖のある単気筒♪ #バイク好きと繋がりたい metabon1975.com/my-moto/

 

テネレを選んだわけ XT660Z

XT660Zバックショット

XT660Zバックショット

正直いうと、スタイリングかなw

以前、動画で自分の愛車紹介でも触れましたが、

実は他にも色々と候補がありました。

トライアンフタイガー、

マルチストラーダ、

小排気量としてセローw

結局は車両価格と故障リスクを考慮した上で、

信頼のYAMAHAテネレを選んでます。

Continue reading

GIVIパニアケースが破損したので補強修理した!Trekker Out Back 48L

リラックスハウスで補強してもらった!

パリダカにチームとして同行した経験のある味戸さんがモンゴルでゲストハウスをオープンした。同じテネレ乗りだったこともあり、補強してもらうことにした。

 

やっちまった 笑

やっちまった 笑

パニアケースに補強が必要

先月、ホリホン島で転倒した際にパニアケースの下部樹脂が破損して取り付けができなくなってしまった。チタのLIKEホステルでお世話になったオーナーのセルゲイに助けを求め、地元のバイククラブを紹介してもらった。本当によくやってくれたが、実は強度的に不安が残る作りだった。

Continue reading

« Older posts