ヒンバ族で一夫多妻に大興奮の嫁探し

朝食は定番のパスタ料理

朝食は定番のパスタ料理

キャンプ場(Onjowewe Lodge)で朝を迎えた。

昨晩はタケヤンに夜景撮影を教わってテネレを撮影。

自分のカメラでも綺麗に撮影できることを教わった。

朝食はパスタとキャベツを茹でた質素な食事。

ヒンバ族が住む村へ訪問

ヒンバ族の住む村へ訪問

ガイドのアダムが先導する

ヒンバ族への訪問ツアーは受付棟で取り扱っていた。

向かいの柵を越えて向かうとヒンバ族の集落へ繋がる。

画像に写っているのはガイドのアダムさん。

アフリカ人らしい陽気な天然系のお兄さん。

別途ガイド料が必要になると思い断ったのだが、

既にツアー代金に含まれているので不要ということだ。

まぁ、仕事ぶりを見てチップを渡してほしい。

 

ヒンバ族の絶世の美女

ヒンバ族の絶世の美女

最初に出会ったヒンバ族の奥様が一番美しかった。

人には好みもあるが、どこかモデルのような美貌だ。

勿論、どっちかわかるよね…w

2人は焚火を利用して朝食を作っている最中だった。

中身を見てみるとパスタと豆を煮込んでいる…。

我々と食事内容が変わらないのでウケたw

 

ヒンバ族の赤ちゃん

ヒンバの赤ちゃんがめちゃ可愛い!

猛烈に可愛い赤ちゃんがヨチヨチと徘徊している。

タケヤンと2人で”可愛いねぇ💕”と声が揃ってしまう。

何だろうこの可愛さはw

2人で”可愛い💕”という言葉を連発してたら、

真似して”かあいい〜”って喋るようになって笑えたw

是非、最後のYouTube動画を視聴してほしい。

ヒンバ族の髪型

特徴的な髪型は泥で出来ている

特徴的な髪型はアンゴラで見かけた女性達とは様子が違う。

真っ黄色の土頭もいたので別の部族だったのかな?

 

ヒンバ族の美女と記念撮影

ヒンバの奥様とメタボン

ヒンバの奥様とメタボン

中国人観光客が怒涛の如く現れたので記念撮影して撤収。

夜間撮影モード設定で白飛びしてしまい非常に悔やまれる。

 

ヒンバの奥様とタケヤン

ヒンバの奥様とタケヤン

設定を直してタケヤンと彼女達を撮影した。

ご満悦の顔をしていると感じるのは俺だけか?

ヒンバ族は一夫多妻制!

ヒンバ族

別のグループへ訪問

先に進むと別のグループが朝食を作っていた。

ここにも女性陣がたくさん集まっている。

アダムが一夫多妻制について説明を始めた。

そういえば、さっきから男性がいないので気になってた。

アダム曰く、昼間は狩に出ていると言っているが…。

実際は普通に携帯を使って街中で仕事してそうw

旦那の浮気って概念が無いのかな?

ふと疑問に思ったことがある。

一夫多妻に人数上限があるのだろうか?

旦那の器量(稼ぎ)次第ってとこかもね。

奥様達には嫉妬心とか独占欲とかないのかね。

子供も全員で育てるような感じもするし…。

浮気性の男性には一夫多妻制は天国かもねw

はい、最低発言しました…。

 

ヒンバ族の姿に大喜び

自分の姿に大喜び

自然な表情を収めたいので何度もシャッターを切る。

撮影した彼女の姿を見せてあげると大喜びである。

ヒンバ族のご自宅訪問

藁葺き屋根の自宅訪問

藁葺き屋根の自宅訪問

藁葺き屋根の家はツアー用に作られたものかもしれないけど、

ヒンバ族の日常を垣間見ることができて貴重な経験となった。

ヒンバ族の伝統は焚火で燻して香りづけ

焚火で燻して香りづけ

奥様は焚火にお香を入れて上着を燻し始めた。

臭い消しと香り付け、更に防虫効果もあるそうだ。

枕は男性しか使わない

男尊女卑が色濃く残るヒンバ族では各家庭に枕が一つ。

なんでも旦那さんだけが枕を使って寝るそうだ。

奥様は旦那の腕枕で寝るのが習慣となっていると聞く。

 

アクラを顔に塗ってみた!

ヒンバ族のアクラを塗ってみた

アクラを塗ってみた

悪戯っぽい笑み浮かべながら近くに来るように呼ばれた。

アクラを指につけながら俺の顔に塗りたっくってきたw

まぁ、記念になるだろうと思い拒否しなかった…。

アクラは女性限定の化粧品

アクラは女性限定の化粧品

記念撮影しようとタケヤンと外に出て写真撮影。

周囲のヒンバ族へアピールするも反応がイマイチだった。

爆笑を期待していたのに逆に恥ずかしい思いをしたw

後から聞くとアクラは女性だけが塗る化粧品なので、

男性が塗ることがないので、異様にだったのかもしれない。

ヒンバ族の訪問記念に撮影

訪問記念に撮影

最後に記念撮影をする。

相棒が本気で気に入った女性

相棒が本気で気に入った女性

タケヤンは最初のヒンバ族の美女よりも彼女が好み。

綺麗だなぁ、綺麗だなぁと連発してたんだよねw

やはり人の好みって色々なんだね。

ヒンバ族の子供達

アフリカの子供は元気一杯

外では子供達が元気一杯に走り回り笑いが絶えない。

ヒンバ族の土産物

ツアー終了には土産物が展示される

ツアーが終わる頃には広場にいつの間にか土産物が陳列された。

アダムはこれを買ってもらうために最後までついてきたのかな?

欲しい物も無いので購入することも無かった。

 

YouTube動画