テネレ700へ導入すべきオプションパーツ5選

①純正グリップヒーター装着(Y’s GEAR)

テネレ700純正グリップヒーター

純正グリップヒーター

冬場の寒い季節に重宝するのがグリップヒーターである。

ハンドルカバーを組み合わせれば不格好ながら無敵になれるw

MAX → MID → LOW(3段階モード)

イギリス製のグリップヒーターのデザインが優秀ということだ。

イギリス製グリップヒーター

イギリス製グリップヒーター

調べてみると上記の画像がヒットしてきた。

確かに凝縮されてコンパクトにまとまって洗練されている。

個人的には純正グリヒでも不格好に見えないけどねw

俺のダイヤル式よりも格段にデザインが良いと思った。

②ラジエターガードへ交換(Y’s GEAR)

Y's GEAR テネレ700ラジエターガード交換

Y’s GEAR ラジエターガード

標準装備されているラジエターガードは樹脂製パーツ。

取り外して触れてみるとフニャフニャで不安だったようだ。

新型テネレ700のラジエターカバー

新型テネレ700のラジエターカバー

交換前の標準装備されているラジエターガードは樹脂製。

額賀氏は交換して大正解と口にしている。

 

 

③純正ナックルガードは耐久性に疑問!?

テネレ700(純正ナックルガード)

標準ナックルガード

額賀氏が動画で説明しているが金属補強されておらず、

素材は樹脂製なのでクニャクニャ曲がってしまうw

海外動画では結構な確率で折れているようだ。

テネレ700(ヘプコ&ベッカー製ナックルガード)

ヘプコ&ベッカー製ナックルガード

補強商品として各社がナックルガードを発表しているが、

中でもヘプコがデザイン的にも額賀氏の心を掴んでいる。

理由は純正ナックルを流用しながら補強ができる点だ。

我がテネレに装着されてたツアラテック製のナックルガード。

初日に転倒して簡単に割れたのが忘れられないw

▶︎ヘプコ&ベッカー(テネレ700用ナックルガード)

④ヘッドライトプロテクター装着

テネレ700(LEDヘッドライト)

LEDヘッドライト

ヘッドライト部品は非常に高価であるので破損を防ぎたい。

特に飛び石などからの破損を防ぐためにもプロテクターは必要。

テネレ700ヘッドライトプロテクター

テネレ700(ヘッドライトプロテクター)

旧型テネレにまず取り付けたのがヘッドライトプロテクター。

ポン付けでグッとアドベンチャー感が上がってカッコ良くなった。

⑤純正センタースタンド(Y’s GEAR)

テネレ700(純正センタースタンド)

純正センタースタンド

パンクやチェーン調整等、センタースタンド装着で受けられる恩恵は多い。

チェーンへ注油するにもタイヤが回せる状態になるのはメンテナンスし易い。

▶︎Y’s GEAR テネレ700用 メインスタンド

まとめ

ワイズギアからテネレ700用のパーツが各種販売されている。

多くの商品がポン付けで装着交換ができるものだ。

自分のバイクライフに合わせたパーツ選びも楽しいだろう。

>>ワイズギア(Y’s GEAR)

YouTube動画

額賀氏の運営ブログ

海外バイク旅へ向けて着々と準備を進めている。

よければフォローしてあげてください♪

↓↓額賀(ぬかが)氏の運営ブログ↓↓

>>離婚して仕事を辞めてバイクで世界1周~2022.5出発予定~

テネレ700スペック表(主要諸元)

テネレ700スペック表(主要諸元)
全長 237cm
全幅 90.5cm
全高 145.5cm
ホイールベース 159cm
最低地上高 24cm
シート高 87.5cm
排気量 689
エンジン形式 水冷4ストローク
DOHC4バルブ並列2気筒
ボア×ストローク 80.0×68.6mm
圧縮比 11.5:1
最高出力 54kW(73PS)/9000rpm
最大トルク 68N・m(6.9kgf・m)/6500rpm
燃料供給装置形式 フューエルインジェクション
燃料タンク容量 16L
車両重量 205kg
変速機形式 6段リターン
フロントタイヤサイズ 90/90R21 M/C 54V
リアタイヤサイズ 150/70R18 M/C 70V