大芦川の清流に癒されたい

鹿沼市の大芦川で川遊び

大芦川を跨ぐ趣ある橋

遡ること15年ほど前だったろうか…。

鹿沼から日光へ抜ける道が大好きになった。

大芦川の透き通る清流が一番の理由だった。

は持参した水着に着替えて身体を冷やす。

大の字になって水面にプカプカ浮きながら

空の入道雲を眺めてるのが好きだった。

メタボン
メタボン
あっ、大芦川へ行こう!!

酷暑から逃げるように訪れることにした。

ガソリン給油して先に進む

国道4号線のENEOSで給油

ENEOSで給油するテネレ

国道4号線を北上中にENEOSへ給油に立ち寄る。

太い幹線道路沿いのGSは都心に比べて少し割安な印象。

満タンではなく、ケチって2,000円の金額指定w

金額指定のハイオク給油

ハイオクが15.4L入った

ハイオクが133円/1ℓなので地元より安かった。

2,000円で15.4ℓ給油することができた。

情緒ある風景に心奪われた

丸型郵便ポストと向日葵

丸型郵便ポストと向日葵

鹿沼日光線を足尾銅山へ向けて突き進んでいると、

路肩に昔懐かしい丸型郵便ポストと向日葵が並んでいる。

とっさにブレーキを掛けて停車した。

丸型郵便ポストには消火機能がある

丸型郵便ポスト上部には砂が詰まってる

遠目からは目立つ鮮やかな朱色に塗られた郵便ポスト。

もし郵便物から出火した場合、学生帽に見える箇所には

蝋でできた壁の奥に砂が詰められてて熱で溶けると

砂が落ちて消火するって仕組みになっている。

目的地の河原へ到着

大芦川で河原遊び

目的地の河原へ到着した

海外旅へ出国する前に来て以来だから3年ぶりくらい。

到着が夕方の4時だったこともあり人気は少ない。

以前との違いは2つ。

  1. 外国人が余暇を過ごしてる
  2. ゴミが散乱していた

外国人達がゴミを捨てていくという意味合いではありません。

どちらかと言うと、日本人が捨てている印象有り。

無料で楽しんだ後はゴミを持ち帰ろう

大芦川で遊んだらゴミを持ち帰ろう

空き缶が散乱している

車道からの出入り口付近には空き缶や

コンビニ袋に詰められたゴミが散乱。

焚火跡の炭は自然に還らない

焚火の痕跡から悪臭が漂う

木々の根が張り巡っている場所で直火の焚火跡。

炭の臭いと食べ物が腐敗した臭いとタバコ臭が混じり、

壮絶な臭いが立ち込めていた…。

楽しかった思い出を汚された気分で悲しくなる。

一泊一膳という取り組みに賛同

 

最近はYouTubeでブッシュクラフト系の動画を視聴してる。

中でもBoomer Outdoorさんのチャンネルがお気に入りw

彼が取り組んでいるのが”一泊一膳”という取り組みだ。

以下、引用します。

一泊一善とは

無料のキャンプ場や野営場で

お金を支払わない代わりに

何か恩返しになる『一善』を行う事。

例えばゴミ拾い、焚き火跡の掃除など、

一善を行わなければキャンプが出来ない

個人に課したルールである。

出典:Boomer Outdoor

素晴らしいの一言です。

私も見習って”一泊一膳”を実践してゆきます。

今回はゴミ袋を持参してなかったので、

空き缶のみを持ち帰りました。

当日の雰囲気は動画をご覧ください。

YouTube動画