/ フォグランプが暗すぎてLED化 POOPEE製 1200lm H3 イエロー \ フォグランプはハロゲンで超暗い。 連続点灯走行でバッテリーが上がるしね… バイク屋に停車15分前にはフォグ切ってねって… 明るさに慣れた目で暗闇を走れってこと? amzn.to/2IgFaJc

バイクのフォグライトをLED化

SWモテックのフォグライト

SWモテックのフォグライト

実はユーラシア大陸でバッテリー上がりに度々悩まされていた。

特に冬の夜間、フォグライトとグリップヒーターを併用すると、

我がテネレはバッテリーが上がってしまう問題があった。

原因は簡単で発電量よりも消費電量が多いというだけ。

バイク屋に停車する15分前にフォグを消してくださいと言われた。

頷いてみたものの、なんだかなぁ…。

明るさに目が慣れているのにライト切ったら真っ暗になる。

結局、ユーラシア大陸ではフォグを使わないように横断した…。

消費電量を抑える施策

ハロゲンをLED化すればいいじゃん!

ハロゲンをLED化すればいいじゃん!

テネレには後付けの電装品が装着されてる。

大きなところで言えば以下の3つ。

  • グリップヒーター
  • フォグライト
  • イモビライザー

消費電力を抑える方法はフォグのハロゲンをLED化すること。

ヘッドライトとウインカー併せてLED化することがベストだ。

懐事情もあるので、先にフォグライトを交換することにした。

明るさが決め手でPOOPEEのLEDを購入

POOPEE H3 1200lm Amazon

POOPEE H3 1200lm Amazon

Amazonで口コミ評価が高いPOOPEE製に決めた!

一番の決め手は”1200lmで明るい”ことだった!

”それ何ワット?”と聞かれてもわからないけど評判はまずまず。

他社の中華製には2000円以下も並ぶなか3600円と強気。

品質に自信があると判断したことが後押しとなった。

Amazonでの口コミ

バイクのカスタムでヘッドライト交換をしたところ、
バルブがH3で、空きスペースが少なく車のヘッドライト用のようなヒートシンク付きのものがつけられなかったため、こちらを購入
とても明るくてとてもいい!
と思ったのですが、上下点灯とプロジェクターの相性のせいもあり、
左右が全く照らせなくて夜のカーブはシールドを開けないと見えないレベルでした
明るさはとてもいいので、車のフォグなどをアクセサリーと考えてる人にはいいと思いますが
自分の使用感は上記の通りですので★2とさせてもらいました
出典:Amazon

購入してからの心配

POOPEE H3 1200lm Amazon

POOPEE H3 1200lm Amazon

開封してみたら、第一印象が超デカい!

H3タイプならば全て規格は同じと思っていたが、

説明を読み込んでみると、事前にサイズを確認とある。

いや〜やっちったかなぁw

改めて口コミを読んでみるとトラックとか多いし。

 

Do it yourself!

近日、LEDの交換作業をアップします!

装着前と交換後の比較も見たいと思うので、

動画も撮影予定です。