メタボンの地球ZIGZAG

ZIGZAG World Trip

【DJI】ドローン規制 海外持ち出し可能? 罰金2500万には注意!

DJIのアプリはスマホに入った撮影動画を自動編集してリコメンドしてくる。

動画の選択も音楽の選定も一切不要というわけだ。

グーグルフォトの「おすすめ」と同じようなコンセプトだと思っていい。

よく出来ていて、動画が気に入ったらそのままSNSでシェアできてしまう。

 

海外へ持ち出すことは可能?

特に持ち込み制限がない国に関しては問題がない。

一方、法的な整備が整っていない国ではグレーゾーンとなる。

場合によっては通報や拘束される場面も出てくる可能性がある。

特にアフリカなどでは聞く人間によって違うだろうし、

旅先でドローン所持が判明すると過去データの全て

をチェックされて警官からの賄賂請求に繋がる可能性もある。

 

ドローン持参して国境越えした国々

【ユーラシア大陸】

モンゴル、ロシア、ジョージア、アルメニア、トルコ、ギリシャ、ブルガリア、セルビア、ハンガリー、チェコ共和国、ポーランド、ドイツ、スロベニア、イタリア、フランス、スペイン

【アフリカ大陸】

セネガル、ギニア、コートジボワール、トーゴ、ベナン、ガボン、コンゴ、アンゴラ、ナミビア、ボツワナ、ジンバブエ、南アフリカ、エスワティニ

日本人はチェックが甘くなる傾向もあり、幸い荷物を開いて確認されたことがない。つまり検査されてドローン が出てきた場合、没収されるのかは不明である。

以下、外部サイトの情報をご参考ください。

 

世界各国のドローン持ち込み情報(英語)

 

ロシアは持ち込み禁止

空路では厳しい検査があるのでドローン 持ち込みはNG。

一方、フェリーでの持ち込みに関してはチェックが甘い。

【注意】

ドローン持込を推奨する内容ではありません。ドローン持込の判断については最終的に自己責任でお願いします。当方は一切の責任を負いません。

 

持ち込みに苦労したアフリカ大陸

アフリカ大陸へのドローン持ち込み

アフリカ大陸へ持ち込み

バイク旅での入国となると、モロッコかエジプト入国しかない。

残念なことに両国ともにドローン 持ち込みが禁止されている。

モロッコ入国の際にはかなり厳重に質問をされた。

では、どうやって持ち込んだのかをご説明します。

 

実はイタリアのピアトラリーグレで誤って破損させてしまった。

その後、購入したトルコへ送って修理に出していたのだ。

修理後はセネガルの日本人ゲストハウスの住所を借りて、

送付して現地で受け取った。

 

飛行可能エリアを確認しよう

DJI飛行制限アラート

飛行制限アラート

※禁止エリアでのドローン撮影はリスクしかないので止めましょう

DJIのMAVIC AIRはとてもスマートな機能が盛り込まれている。

例えば飛行禁止エリアでは”飛行制限アラート”でお知らせしてくれる。

これに従っていれば、拘束されるようなリスクを減らすことができる。

尚、アラートを了承すれば、禁止エリアでのフライトも可能。

 

MAVIC AIRがバイク空撮では最強!

 

>>マビックエアーがバイク空撮には最強!!

マビックプロ2が発売されているが個人的にマビックエアー が最強だと思う。

その理由は上記リンク先よりご覧ください。

 

違反した時の罰金について

これはチェコ共和国のプラハでのお話。

プラハの綺麗な街並みにドローン撮影をしたくなった。

市街は古い建物が多く万が一衝突させたらと不安になる。

警察に確認しようと周囲を探すが、見当たらない状況。

広場の近くに喫茶店があったのでスタッフに確認をとると、

私はわからないから警察に聞いてくれという回答。

少しくらいなら大丈夫かと悪魔の囁きが聞こえてくる。

ドローンを出して準備しているとチェコ人に話しかけられた。

ドローンを飛ばすんですか?と聞かれたので、

逆に飛ばせますか?と質問を返した。

チェコの規制は緩いから大丈夫だと思うと教えてもらう。

早速、飛行させて周囲を撮影して仕舞い込む。

後で調べてみると…

罰金が日本円で2500万円

と知り肝が冷えた。

こんな事もあるので、禁止エリアでの空撮はリスクが伴う。

事前に確認と、ドローンが禁止エリアとアラートが出たら、

素直に従った方が良い。

 

5 Comments

  1. Amin Akase

    2019年11月22日 at 8:25 PM

    DJI製品の優秀さはそのコストに比例するものと思う。中華製の三軸ジンバル装備のドローンでは恐らくDJI同等品の20~30%ぐらいで購入できると思う。しかし、それなりの覚悟が要り、実際に自分の場合には未熟な操縦技術もあったかもしれないが、原因不明の墜落ロスト場面があった。紛失機数は海上で三機、樹上(と思われる)に二機、そして山中奥深くに二機と計七機。これでは高価なMAVICに手を出す勇気が沸かない。
    現在は470gほどのHUBSANの501Sという機種で操縦技術を磨いているところ、トイドローンに毛が生えた程度の機種。予備バッテリーを五個ぐらい準備してひと気のない所で空撮を楽しむ。自動帰還や追尾、それにサークルフライなど充実のコスパだ。1080Pのビデオ画像も申し分ない。リポバッテリー2700mA一個で15分ぐらいは飛行可能。
    いずれにしても、日本国内では趣味のドローン飛行は何かと世間を騒がしているのが情けない。ごく一部の者の確信犯的な迷惑行為が原因だと思う。最低限のルールを守ることで、趣味の世界が広がるのに。
    ドローンによる三次元の映像はこれまでの世界感を劇的に広げてくれることは間違いない。
    因みに真夏の日中の日差しがドローンに与える60℃を越える輻射熱のことが有る。実際に自分もロストした一つは間違い無くそれが原因であり、離陸して直後に操縦不能となり海中に突っ込んだことがあった。

    • 7機ロストは痛いですね。私も手違いでparrotというフランスメーカーのドローンを紛失したのを合わせると2機ロストしてます。

      Djiはロストした人を対象にリフレッシュ品を安価に購入できるようです。安価と聞いてましたが実際は76000円程になり、正規で買うのとあまり変わらないので見送りました。手元に残っていたプロポ周りはヤフーオークションで売り払いました。自動追尾機能がもっと優秀になったら次回購入を考えようと思ってます。

      今は安価な価格で購入できるモデルも出てきてるので、少しそそられてます。

  2. Amin Akase

    2019年11月22日 at 9:44 PM

    DJIやパロットは喉から手が出そうになるほど欲しいのですが、もう少しの辛抱かなと思う。
    滑らかな動画を観ると、さすがにジンバルで制御されているのだぁ~と羨ましく思える、けど、ゆらゆらする機体映像など素人然としたものも、味が有るとも言える(強がりに聞こえるかもしれないけど)。
    なによりも、フィールドに限度があること、つまり、郊外、県内ぐらいではもう何度も飛ばしてるので、飽きが来る。
    HUBSANのZINOというのがコンボでジンバル制御付きで五万を切るとかで、次のターゲットになるかも・・・です。

  3. 注目度大なやつですね。確かに有りかもです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。