ZIGZAG World Trip

カテゴリー: 旅の道具 (Page 1 of 5)

世界一周に持参出来る物。日常キャンプで重宝するものを取り上げてます。

【ラリータンクバック】砂塵でジッパー破損と修復 / MFK-108 / TANAX / タンクバック / タナックス

まいど、メタボンです。

先日、こんなツイートしました。

#TANAX #MFK180 #ラリータンクバック のジッパー破損! タイラップで補強www \ 実は海外で早々にジッパーが破損した。 走行中の砂塵が原因だと思う。 止水ファスナーなら砂塵にも強い筈。 海外製は止水ファスナーが大多数で占めてる。 #タナックス さん改善をお願いしたいw

砂塵に弱いジッパーに物申す!

TANAX ラリータンクバック MFK-180

出典:Amazon

国内でも評判が高いTANAXのラリータンクバック。

知人からのお勧めもあって、我がテネレにも装着することにした。

ビッグタンクとサイズ感がバッチリで男気が上がったテネレ君w

更に内容量が可変式だったのが地味に嬉しい機能となっていた。

MFK-180 ラリータンクバックは可変式で便利

出典:Amazon

Continue reading

【SOTO】MUKA燃料詰まり 原因と応急処置/SOD-371/国内向きのワケ 海外バイク旅

こんにちは、メタボンです。

先日、こんなツイートをしました。

\SOTO MUKAが燃料詰まり/ 海外の粗悪ガソリンで詰まり発生。 騙し騙し乗り越え南アフリカでご臨終。 フジバーナーさんへ修理依頼発送。 海外旅ではMSR 一択かな。 #SOTO #MSR #MUKA #バーナー #キャンプ #アウトドア

 

SOTO MUKAが国内向きのワケ

海外へ持参したMUKAの結末

SOTO MUKA

日本製で精巧な作りでプレヒートがないことが魅力のMUKA。

結論、精巧な作りなので粗悪ガソリンとの相性は最悪だった…。

アフリカに突入してからは、幾度にもわたる詰まりに悩まされた。

最初は分解清掃するだけで復活してたけど、

南アフリカに入る頃には分解清掃での復活は難しい状況に陥った。

日本国内を放浪する旅にはベストな選択肢だと思うんだけど、

海外に持ち出すにはメンテナンス性と耐久性に関しては不安が残る。

Continue reading

【火器類】海外旅向きのバーナー3選 バイク/自転車/バックパッカー/放浪旅/野営

こんにちは、メタボンです。

先日、こんなツイートしました。

#海外バイク旅 でのバーナー選び! #バックパッカー 、放浪旅向き \ 【火器類】 1. #MSR #ドラゴンフライ (屋外) 2. #SOTO #ST310 (屋内) 海外でカセットボンベ( #CB缶 )を入手可能。 アルコール燃料は入手困難。 #snowpeak #キャンプ #アウトドア

 

海外旅お勧めのバーナー2種

海外向きバーナー3選

海外向きバーナー3選

結論、ガソリンバーナーとガスバーナーの2つを持参すればOK!

渡航先で入手できる燃料で選べば良いです。

ガスに関してはカセットボンベ(CB缶)が使えるものが良いです。

アルコールバーナーは燃料入手困難なので持参不要です。

 

これは1年2ヶ月の間、海外を放浪してきた結論なので、

ある程度、信頼を置いていただけると思います。

テントを背負って旅をしているバックパッカーの方々にも、

お勧めできる内容になってます。

Continue reading

TANAX製 ラリータンクバック秘密ポケットが優秀

個人的に旅に持参して良かったタンクバックを紹介。

▶︎貴重品を守ろう!

移動中に運悪く出くわすのが悪徳警官や小遣い稼ぎの輩。

貴重品を問答無用で没収される不安を抱えているライダーもいるはず。

自分もそう。

タナックスのラリータンクバック

隠しスペースは通常では見つからない位置にある。

そこに何を入れて管理するのかは自由。

▶︎サイドジップを開く事で容量アップ!

15Lから21Lへと容量を大幅に増やす事ができる。

外出先での買い出しにも大変重宝してる。

▶︎隠しスペースが利用できる!?

海外でバイク旅を続けてきた中で一番気に入っているのが、

隠し収納スペースの発見からだった。

TANAX社が公式に利用を推奨しているわけでもなく、

たまたま空いたデッドスペースに気が付いて利用した。

▶︎ラリータンクバック(MFK-180◀︎

★★★ GEAR MANIFEST ★★★

For those that are interested in the gear I’m using here’s a list of the items most frequently asked about:

★ Gear On My Bike ★

ラリータンクバック

ディスクロック

★ Camping Gear ★

オピネル#10

★ Gadgets ★

外部HDD4TB

SONY α6300

gopro session 5

外部バッテリー(20000mA)

熊撃退スプレーを日本から持参しよう

日本で高いので海外で買った方が安いだろうと、持参せず日本を飛び出した。実はロシアでも必要だったのだが、アウトドアショップで探し出すことができなかった。

熊撃退スプレーの役割

熊は当然だが、人からの襲撃に対しても役立つだろうと考えている。特にキャンプ場ではい場所での野営では心強い味方になってくれる。

熊避けが最強

護身用のスプレーがあるが、これは熊などにはあまり効かないようだ。目の周辺に掛かっても擦れば拭き取れると情報がある。熊用は油性なので簡単には取れない。取れない間は効果は持続する。

スペインでは違法商品だった

バルセロナには多数のアウトドアショップが立ち並ぶ。尋ねてみると、強力な熊除けスプレーなどの販売はスペイン国内では違法なんだそうだ。確かにスペインAmazonで検索してもヒットしなかった。イタリアでも同様。

日本から持ち込もう

世界へ愛車とともに旅立つのならば、日本で購入して持参しておこう!少し値段ははるけど、有るのと無いのでは雲泥の差。

コリャなんだ!?

負けるだろっw

« Older posts