ZIGZAG World Trip

脇道にそれたら農村へ辿り着いた

目的地としていたモゴチャだったが、気になる脇道が視界に入り込む。先を急ぐべきか悩んだが行くことにした。

指定した地点

>>地図

奥に向かって進んで行くと、そこには素晴らしい農村風景がひろがってた。

観光客がくる場所ではないのだろう、村民から少し奇異な目で見られながら村の中心部へ到着した。

ひらけた野原には小さく黄色い花が咲いており、放牧されたヤギや子牛が地面に生えた草を食べている。

停車した場所にVmaxが止まっており、持ち主が気がついて表に出てきた。年齢は高校生くらいだろうか、少しシャイな彼だが、心優しいことは目つきで見て取れる。何処からきたのか、どこへ向かうのか興味津々な様子。

取り出したスマホは電波が届かない農村なのでグーグル翻訳が役立たず。木の枝で地面に数字や絵を描いてコミュニケーションを図った。

すると彼の後ろから妹らしき女の子が駆け足でこちらへ向かってくる。小学校3年生くらいかな。ハアハア息切れしながら、一生懸命に話しかけてくる。満面の笑みを浮かべ、ハウアーユー?とつたない英語で話しかけてくる。学校で習ったのだろうか、翻訳機で英語に変換してくれたのだろうか。なんか天使を見た気分になった。

こういった風景は移動手段がある人しか出会えない風景なんだろうな。バイク旅ならではの経験に得した気分になった。

この日、自宅の庭でテントを張らせてもらえることになった。続きは、次回ブログ更新のお楽しみ。

3 Comments

  1. ヒデ

    素敵な出会いですね。
    自由な旅でも予算やスケジュールには制約があるので、なんでもかんでも自由にというわけには行かないでしょうけど、シナリオの無い旅だからこその醍醐味ってこういうところにあるのかもしれませんね。
    安全、体調には気を付けて、まだまだ続くこの度を楽しんでください!

    これからも配信楽しみにしております。

    • metabon1975

      ヒデさん、何処かで出会えることを楽しみにしてます。互いに安全に旅を進めましょう。

    • metabon1975

      ヒデさん、コメントありがとう!
      バシバシ更新していきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。