ZIGZAG World Trip

カテゴリー: 有料キャンプ場 (Page 1 of 2)

【東京都】若洲公園キャンプ場が選ばれる3つの魅力 ソロキャンプ初心者も安心

脱・妄想キャンパーのメタボンですw

東京都の若洲公園キャンプ場へ行ってきました。

人生初のオケラに遭遇して楽しかった♪

先日、こんなツイートをしました。

若洲公園キャンプ場でソロキャンプ♪ 都内では珍しくオケラと遭遇!! / ・銀座から20分と都心から近い! ・大人1泊600円と超良心的! ・ソロキャンプ初心者も安心の施設! \  #ソロキャンプ #若洲公園キャンプ場 youtu.be/6rHi6vHiKqI

若洲公園キャンプ場

若洲公園キャンプ場

選ばれる3つの魅力

  • 銀座から20分
  • 大人1泊600円
  • 手ぶらで楽しめる

銀座から20分

銀座四丁目の和光からバイクで20分程度の距離にあるのが嬉しい。

大人1泊600円

利用料金 利用時間 大人(15歳以上) 小人(小・中学生)
日帰り 11時〜当日21時迄 300円 150円
1泊2日 11時〜2日目10時迄 600円 300円
1泊2日 11時〜2日目21時迄 900円 450円
2泊3日 11時〜3日目10時迄 900円 450円
2泊3日 11時〜3日目21時迄 1,200円 600円
3泊4日 11時〜4日目10時迄 1,200円 600円

東京都内と考えると破格の値段で宿泊できる。

1泊2日も2泊3日も値段が変わらないのに驚いたw

手ぶらで楽しめる

レンタル料金表

レンタル料金表

必要なアイテムをレンタルすることができるので便利。

※3名以上だとお得なプランも用意されている(動画参照)

Continue reading

浩庵キャンプ場【ゆるキャン△聖地】バイク乗り入れ可 / 事前予約不要 / 直火OK / ハンモックテント泊

浩庵キャンプ場セントラルロッジ受付棟

浩庵キャンプ場セントラルロッジ受付棟

ゆるキャン△で認知度が上がったこともあり賑わっている。

受付棟の中にはグッズも沢山取り扱っているのでファンは嬉しいだろう。

 

浩庵キャンプ場 検温対策

コロナ対策で検温必須

さて、コロナ対策のために事前に検温をして来るように言われていた。

到着してみると、男性スタッフが非接触体温計をおでこに照射した。

マスク装着してないと建物内に入ることはできないので注意してね。

Continue reading

道志の森キャンプ場がソロキャン聖地と呼ばれる理由 / 山梨県 / バイク乗り入れ可 / 事前予約不要 /

ソロキャンプの聖地 道志の森キャンプ場

道志の森キャンプ場 管理棟(受付棟)

道志みちエリアで人気No1のキャンプ場

道志の村は神奈川県と山梨県の県境に位置したキャンプ場。

都心からのアクセスが良くソロキャンプの聖地と呼ばれている。

キャンプ場には、道志川の支流”三ヶ頼川”が突っ切っており、

川沿いには2kmに渡って広大なフリーサイトが広がっている。

森林浴、川遊び、見晴らしが良い場所があったりして、

森の中では都会の喧騒を忘れさせてくれる時間が流れている。

木漏れ日が地面に差し込み、周囲からは森の香りが立ち昇る。

目を閉じれば小川のせせらぎ、動物達の鳴き声が耳に届く。

都会の喧騒から解放してくれるのが道志の森キャンプ場です。

所在地

Continue reading

パインウッドキャンプ場 / 山梨県 / バイク乗り入れ可 / ゆるキャン△第5話

パインウッドキャンプ場入口

パインウッドキャンプ場

パインウッドキャンプ場
住所 山梨県山梨市大工1946
連絡先 0550-22-6096
営業時間 通年営業
IN12:00 OUT翌12:00
利用料金 3,000円(バイク含む)、薪1ケース1,000円
予約方法 事前電話予約

 

ゆるキャン△第5話のモデルになったキャンプ場

ゆるキャン△の第5話で登場したキャンプ場のモデルとなっている。

徒歩圏内には”ほったらかし温泉”や”笛吹川フルーツ公園”などがある。

ゆるキャン△聖地巡礼では外せないキャンプ場となっている。

撮影するだけで立ち寄るなどせず、事前予約して宿泊してくださいね。

Continue reading

【無料】薪が使い放題のキャンプ場【関東近県】山梨県/千葉県/茨城県 Enjoyソロキャンプ!

薪代ってバカにならない

薪代ってバカにならない

ソロキャンプといえば焚火は外せないねぇ。

男のロマンとは切っても切り離せない関係。

魅力ある焚火もバイクで薪を運ぶのに一苦労。

現地のキャンプ場で買う薪は高いんだよね…。

こんな方に向けた記事です

  • 薪の値段が高いので負担になる。
  • バイクだと薪を運ぶのが億劫だ。

今回は関東近県で現地で無料で利用できる

又は有料だが使い放題のキャンプ場を紹介します!

※以下、ソロキャンツーを想定した内容

Continue reading

« Older posts