ジブラルタルはイギリス領だった

マラガのバックパッカーズホステルにお世話になり、

今日はモロッコへ渡るフェリーが出港する街、

タリファ(Tarifa)へ向かうことにした。

Tarifa

土日はスーパーが休み

出発が日曜日だったこともあり、食材を買うことが難しい。

曜日感覚が薄れてきているので、たまにやってしまう。

そこでグーグルマップで営業しているスーパーを調べてみると、

ジブラルタルにあるスーパーが営業しているではないか!

経由地として指定して出発した。

モロッコが見える!

道中、海に出た際に対岸に大きな半島があるなと思ったのだが、モロッコであると気がついた。

※動画あり

綺麗な風景に出会った。

停車してパチリ✨

寄ってパチリ✨

ん〜我がテネレはカッコいいなw

国境みたいなゲートが出現

※動画あり

スーパーマーケットいくだけなのに、

物々しいゲートを通過しなければならない。

有料道路があるのかと思った。

通過してみると、警官に静止された。

パスポートを提示する必要があったのだ。

無事、ゲート通過した。

お会計の支払いがポンド?

スーパーの品揃えは微妙な感じだが仕方がない。

缶詰スープと即席ピラフ、プリングルス、卵を購入した。

支払いの段で、カード決済ができないことを告げられたので、

手持ちのユーロで支払おうとすると、

ポンドじゃないのね?という言葉とともに

レジボタンを押すとユーロ価格に変換された。

ここはスペインですか?

店主からイギリス領であると告げられた。

てっきりスペインにいると思い込んでいたのだ。

停車しちゃダメなのね・・・

今考えると緩衝地帯的な土地を通過する際にバイクを停車させて、

呑気に写真撮影したら警察に叱られたw

停車しちゃダメな場所だった。

見晴らしいいのに記念撮影している人がいないと勘違い。

走行ルート