【ウルトラナチュラ】手斧でフェザースティックに挑戦!

Amazon限定のウルトラナチュラ・ハチェット

Amazon限定のウルトラナチュラ手斧

先日、紹介したウルトラナチュラでフェザースティックに挑戦した!

Amazonレビューを見てみると、刃を研いだ方が切れるようになる。

と、あったが箱だしでどれだけ切れるのか人柱になってみた。

ブッシュクラフトの基本フェザースティックに挑戦

中央が手斧で作ったフェザースティック

率直な感想を言わせれもらえば、切れるか切れないかで言えば切れる。

十分に切れるかというと、改めて研ぎが必要になってくるだろう。

ハチェットの研ぎ方って?

ナイフの研ぎはやったことあるけど手斧は未経験なんだよね。

下記の砥石で研磨すれば切れるようになるのだろうか。

刃物の研ぎって奥深いから、終わりの判断に困ることがあるw

Amazonレビューも高評価だし、価格も他社に比べて安い。

最初はこれを買っておこうかとカートに入ってる。

モーラーナイフでフェザースティック作り

モーラーナイフ・コンパニオン・ヘビーデューティー

モーラーナイフでフェザー作り

コンパニオン・ヘビーデューティーでフェザーを作ってみる。

先ほどの手斧よりも軽くてカーボンスチールということもあり、

スイスイと刃が薪に入っていくのが気持ちいの一言である!

こちらも箱出しで挑戦したのだが、産毛が剃れるくらいの切れ味。

比べ用のない圧倒的な使い勝手にフェザー作りの難易度も下がる。

既に黒錆加工を施工済であるw

ブッシュクラフト初心者がフェザーステイックに挑戦

モーラーナイフでフェザーに挑戦

四つ角から切り込みを入れるのだろうと思い込んでいたが、

片方からでも着火させるための用は足りそうである。

上手い人はアフロヘアのように作る人もいるが練習あるのみだw

玄人の方がいらっしゃればアドバイスを願いたい🙇‍♂️

Handy Fanは火付けに大活躍だった!

焚火とポータブル扇風機が相性抜群

Handyfanが火付けに大活躍

先日にも紹介したポータブル扇風機の”Handyfan”を持参してみた。

先ずは、お手製のヴァセリンティンダーで着火に挑戦…。

YouTube動画で着火シーンをイメージしていたのだが、

含ませるヴァセリンが多いと逆に着火しない事を知る日になった。

モーラーの剣先でヴァセリンティンダーを崩して繊維を出す。

すると一発で着火した。

地面で着火したので巷で評判のピコグリル398擬きに投げ入れた。

消えないうちにフェザーステイックへと火を移して育てていく。

最初から風を送ると消えてしまうので小さな火でも優しく見守る。

安定してきたタイミングでHandyfanのスイッチON!

ちょうど良い風量の”弱風”でグングンと火が大きくなってゆく。

火付けに最強の助っ人となるポータブル扇風機は欠かせない。

YouTube動画