トドラ渓谷へプチツーリング

滞在させて頂いているアーモンドゲストハウスから、

北上すること数キロ地点にトドラ渓谷がある。

綺麗な湧き水も見れるから是非行ってみてと、

宿のみちよさんがアドバイスをくれた。

体調も開放に向かっていることもあり、行ってみることにした。

さらに奥には有名な湖もあると聞いたのだが、

往復200kmを越えるので2時間走ったら戻ろうと考えていた。

その後、ティンジルの街へ向かい、

SIMカードのチャージと鶏肉の丸焼きを食べるのを最終目的に設定した。

トドラ渓谷へ到着

アーモンドゲストハウスから10分程度で到着。

中国人が沢山のった観光バスが軒並み通る。

反対側をみると、綺麗な川が流れている。

奥には黒山羊の集団が水辺に集まっている。

威圧感はないが、切り立った岩が圧巻。

川の反対側にはレストランか宿泊施設がある。

更に奥に進むと、高級レストランらしき建物がある。

ホテルなのかな。

それにしても立派だ。

拡大して撮影してみた。

テラスにはテーブルと椅子が配置されている。

あそこで食事したら気分いいだろうなと、

後ろ髪引かれつつ先に進む。

山の断面が何層にも重なり合い、

独特な雰囲気をかもし出している。

道中には幾つも集落がある。

ホステルが密集しているので、

宿泊場所を探すのは容易だろう。

“おいでやす〜”この字は日本人が書いたんだろうな。

後ろの喫茶店は既に廃業した様子。

更に奥に進んでいくと、区画化された畑がでてくる。

ここではどんな作物が作られるのだろう?

2時間を過ぎたこともあり、Uターンした。

既に通り過ぎたトドラ渓谷も別視点からだと、

とても新鮮な気分に浸れる。

少し手前には駐車スペースがあり、

フランスから来たキャンピングカーが数台停車していた。

ヨーロッパからも人気の場所と伺える。

アーモンドゲストハウスを通り過ぎ、

ティンジルへ向かう道中。

眼下に広がる椰子の木が懐かしい。

何処かに似ているなと記憶をたどると、

海は無いがサムイ島のバータリンガムに似ていると気がついた。

時折、焚火をしているのか煙が立ち上っている。

みちよさんがオススメの鳥の丸焼き。

1/4サイズで20DHと格安で美味い!