ヌアクショットのキャンプ場

数日前にモーリタニアへ無事に入国してヌアクショットのキャンプ場へお世話になった。

先を急ぐ予定もあり滞在3日目にはセネガル入りするためにこの場所を発つことにした。

丁度周囲を建物に挟まれて風は気になることがなかった。

汚れ過ぎていたGパンを選択したが、

夕方だったので翌日の出発時まで濡れたままだった。

番犬に噛まれたビーチサンダル

テント前にブーツとサンダルを置いておいたら、

ココに住み着いている犬の親子の誰かが持ち去って、

気持ちよく齧ったようだ。新しいの買わないと。

キャンプ場 地図

Goproの取り付けステーが破損

壊れる時は重なるもので、GoProのステーが割れた。

結構丈夫に見えたんだけどね。

力かけ過ぎたのかも。

ヌアクショットを後にディアマへ

さて、気合いを入れて先に進む。

アスファルトでズーッといけると考えていたが甘かった。

動画で残しているが、工事区間が長くフカフカの砂に

何度となくフロントを取られて転倒しそうになる。

マップスミーがやってくれた

たまにバカ案内するアプリだが今回も同様に数キロ手前で

右折するようにナビをしてきた。

ご覧の通り深い砂でしかも登り。

検討むなしく転倒したw

遠くで見ていた近くのホテル主人が助けにきてくた。

この時にディアマへ繋がっていないと

アドバイスされるが暫くは気がつかなかった。

騙そうとする輩が多く勘違いしてしまった。

記念写真を一緒にということだったが、

あまり映りたくなかったようだ。

セキュリティー万全のホテルを運営していた。

近くなので休憩していかないかとお誘いいただくも、

先を急いでいたのでお断りした。

巨大トラック同士のすれ違いで脱輪

動画には残しているのだが、

この先で熱く熱されたアスファルトが崩れている路面状況で、

長距離トラックがすれ違いざまに脱輪してしまい

身動きが取れない所に出くわした。

結果、数時間待ち続けたが解決されない。

周囲の助けもあり超深い砂の中をパスすることができた。

無念、ディアマ国境に到達せず

道中のアクシデントもあり、

距離が稼げずに本日は終了の運びとなった。

オフロード区間に突入して20km程度進んできたところで野営を決めた。

この画像は管理事務所となっており。

中の人に確認を取って外にテントを貼らせてもらえることになった。

少し微熱が続いているが、

数日前の高熱はもう出なくなったので安心している。

後日談となるが、この時既にマラリアだったのかもw

アンゴラでマラリア罹患発覚の巻

アンゴラのSOYOでマラリア罹患が発覚した。

体調も優れなかったのでブログ記事では触れていない。

参考程度にご視聴くださいね。

さて、明日はいよいよディアマ国境越え!

少し緊張感を持って越えていきます。