癒される風景

ホームステイ先から出発をして程なく走ると菜の花畑が広がっていた。

当初は週末の土日だけ滞在させてもらう予定だったが、雨予報もあり木曜まで伸びてしまった。

実際、雨予報だったが数日間滞在したが小雨程度の降りで終わった。

快晴予想を選んだのだが、進むにつれて空模様が怪しくなってきた。

 

菜の花畑が続く

丘の先まで菜の花が咲き誇る。

黄色と緑って心が癒される色だよね。

曇り空でも映えるよね。

好きなんだよなぁ。

場所

なんか北海道にも見えてくる

この風景は何処か北海道を連想させてくれる。

 

分岐点に到着

この分岐点を先に進むと、今日の目的地となるWaenhuiskrans Caveへ続く道。

ホームステイ先のご主人が近道を教えてくれたので進むことにする。

少し雲が出てきた

雲が厚くなってきたな。

 

こんな道が続いていく

個人的にこの写真が大好きなんだよな。

砂利道が丘の向こうまで伸びててさ。

 

菜の花畑の終わりが見えない

絶景ポイントが幾つもあるので、なかなか先に進まないw

 

青空が綺麗だな

気持ち良い空が広がる。

気持ちは上がるが、エンジンオイル漏れがきになってる。

ケープタウンで直せるバイク屋があると嬉しいんだけどな。

この先を進んでいく

菜の花畑が終わったところ。

そろそろ大きな道にでる頃だな。

 

清流は茶色く色づいている

小さな小川があったので写真を一枚。

このエリアの飲み水やトイレの水は全て薄い茶色に色づいている。

湧き出す水がそもそも色づいているということだ。

以前、樹木からのエキスで色づいているテレビ番組を見たが、

このエリアの色づきは違うものだと言っていた。

 

綺麗な小川が現れた

茶色く色づいているが、水はかなり綺麗なので浅瀬なら底が綺麗に見える。

深みに視線を移動させると急激に茶色になり黒くなって見える。

 

目的地の洞窟へ到着

洞窟入口

海岸へ到着してみると、こちらも海が綺麗!

平日だったのか人影がない。

反対側から撮影

手前には別荘らしい建物がひしめき合っている。

青い海に白い壁の家は絵になるよね。

 

バケツをひっくり返した雨が!?

豪雨に振られてしまった

先程の写真から先に進んでいくと、フカフカの砂地へ入り込んでしまう。

嫌な予感が的中してスタックしてしまう。

助けを求めようとするが周囲には誰もいない。

この悪いタイミングに豪雨が降り出した。

ヘルメット越しに先が見えなくなるほどの雨量。

死に物狂いでスタックから抜け出した。

進む先を確認すると、フカフカが続く。

敢え無く引き返すことにした。