メタボンの地球ZIGZAG

ZIGZAG World Trip

【バイク旅】ソロキャンプで大活躍 GIVI TREKKER OUTBACKの良し悪し

xt660z GIVI TREKKER OUTBACK 48L

テネレにパニアケースを装着

購入当時はこの後ろ姿にやられてました。

アドベンチャー感が出てて好きだったな。

1年2ヶ月の旅路を経て思うことは、

パニア付いてない方がカッコよくなったw

スポンサードサーチ

【【【ここにアドセンスコードを貼り付けます】】】

48Lサイズの購入経緯

人生初のバイク旅となるユーラシア大陸横断を目指し、周囲の諸先輩方のアドバイスを得て購入に至った。

特に影響を受けたのがryuchungの言葉だった。彼も同じテネレ乗りで世界一周を終えて帰国。

ワッツーのキャンプへ参加した際に彼と出会ったのだ。

YouTubeで見ていた人が目の前に現れるというのは驚きしかない。

一昔前では芸能人にしか抱かなかった感情をもった。

色々な話の中で彼からのアドバイスは“パニアはGIVIの48lで決まり”と聞いたからだ。

旅先では荷物が沢山入るに越したことはないという意見だった。

彼は37Lを持って行って容量不足に悩んだことが理由だった。

彼は48Lを使ったことがない。

持参する荷物をまとめてみるとかなり量が多いこともあり、

購入に至ったのが経緯である。

 

他にも候補のパニアケースがあった

他社メーカーで気になったのがヘプコアンドベッカーだったが、

ワッツーメンバーからの評判が悪かったこともあり候補から外れたのだ。

理由としては樹脂部分が弱く破損しやすいようだ。

昔は樹脂パーツも強固だったようで評判が良かったと聞いている。

 

 

転倒破損した樹脂パーツ

ロシアのオリホン島にて転倒した影響もあり、

翌日の走行中に右側パニアが外れてしまった。

見てみると樹脂パーツが折れて外れてしまった。

 

ロシアのバイククラブに紹介してもらい、

町工場へ持ち込んで修理することにした。

 

グルーガンなどで修復をしてくれたが、

強度的に問題が残っていた。

 

互いにアイデアを出し合って鉄パイプを加工して

上記画像の様に補強した。

 

接続樹脂パーツの弱点発覚

アフリカのダートを走破してきたところで、

樹脂パーツに変形が確認できた。

上の画像を見てわかるだろうか?

接合箇所の円形部分が左側に向けて削れている。

こうなるとしっかりとパニアを固定できない。

ベルトで固定しないと走行中に外れてしまうように…。

 

原因は単純に物の入れすぎによる過積載。

重さに耐えきれずに樹脂パーツが削れたのだ。

本来ここは金属製で良いのではないのか?

 

良いところ

  • デザインが美しい
  • 48Lは圧倒的に広い収納スペースがある。

悪いところ

  • 容量が多く過積載になりやすい
  • 接合部分が樹脂パーツで破損の恐れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長期に渡るバイク旅を通じて言えることは、

接合部分は金属製を選ぶべきと考えるようになった。

更に持参する荷物は最少限度が良いだろう。

色々準備して不足の事態に備えてしまうが、

実際は日本から持参しなくても海外で調達が可能。

でも「持参してよかった物 12選」は選んで持参が吉。

 

次に買う候補のパニア

次に買うなら間違いなく「ツラーテック」または「SWモテック」を選ぶだろう。

両製品も心配している接合部分が金属製なので転倒で簡単に壊れない。

尚、ツラーテックは他社製品に比べても高いが強くオススメできる商品である。

 

 

 

 

 

YouTube動画

2 Comments

  1. 小生、1973年にアフリカ滞在中に世界一周中の青年に遭遇したことがあり、北海道函館出身のA君はアメリカンスタイルのHONDAのCB500を現地で売却して帰路の交通費にしようと目論んでたわけ。例によって金もないのに興味本位であちこち振り回され、何度も最終段階でご破算。そして、見かねた自分がそれを購入したという経緯がありました。殆どの備品は外されてましたが、後部に20LぐらいのABS製のボックスが取り付けられてました。S小生の残る任期一年余り、アトラス越えしたり、砂漠方面へも、北へ南へ仕事もそこそこに走り回ったのを思い出します。そのボックスですが、荷物を満載すると、ステーが破損、それを溶接で修理、その繰り返し、ステー自体は十分な強度があったはずですが、やはり繰り返される振動で金属疲労を起こす、荷物と部材のバランス、その辺に尽きそうですね。むろんスタイルも大事なことですけどね。今は昔のお話しでした。

    • パニアケースステーにはかなりの振動が加わり金属疲労を起こすようですね。出発前には必ず折れるから腹をくくるようにと念を押されましたが、優秀なものでGIVIのステーは壁にぶつけて溶接が剥がれた意外は幸い折れる事はありませんでした。

      1973年のアフリカとは想像がつきません。逆にあまり変わってなかったりするのでしょうか?
      多分、砂漠はそのまま砂地を抜けてくる以外はなかったのではないでしょうか。今はアスファルトが敷かれて誰でも通過できる時代です。何事も最初にトライする方は偉大です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。