初めてのナイフ選びで初心者から玄人にも大人気の

モーラナイフ・ヘビーデューティをアマゾンでポチった。

主にバトニングや釣った魚をさばくことを想定している。

大人気の理由はスウェーデン製で長年の実績があるうえ

本格的なブッシュクラフトにも耐えるタフさを兼ね備えている。

又、安価であることが圧倒的なコスパを産んでいる。

カーボンスチールってめちゃ錆びやすいと聞くよ
相手
相手
メタボン
メタボン
黒錆加工することで腐食を防ぐことができるよ!

以前、オピネルをサビだらけにした苦い過去がある。

ステンレスに比べるとサビに圧倒的に弱いので、

開封直後に黒錆加工を実施することにした。

黒錆加工を失敗しない為の2つのポイント

コスパ最強のモーラーナイフを購入

コスパ最強のモーラーナイフを購入

カーボンスチール特有の錆を防ぐことができるし、

簡単カスタムで差別化でき愛着が湧いて可愛いくなる。

失敗回避する2つのポイントについては事項の後に紹介。

黒錆加工する準備物

モーラー黒錆加工に必要な準備物

モーラー黒錆加工に必要な準備物

・モーラーナイフ(カーボンスチール)
・500mlサイズのペットボトル
・紅茶のティーバック(5袋)
・お酢(レモン果汁でも可能)

 

酸性の液体は米酢が最高だともうが、

自宅にはリンゴ酢しかなかったので代用。

黒錆加工に特段影響はないようだった。

レモン果汁でも構わないが高価なので、

米酢が安価でベストだろう。

黒錆加工の手順

  1. モーラーナイフのブレードを脱脂する
  2. 500mlサイズのペットボトルをカット
  3. 黄金比率の混合液を作る(7:3)
  4. 2時間以上つけ込む

モーラーナイフのブレードを脱脂する

モーラーナイフを黒錆加工するに脱脂が大切

黒錆加工するに脱脂が大切

この作業が一番丁寧に実施する必要がある。

何故なら、脱脂が不十分だと必ずムラになるからだ。

中性洗剤で念入りに洗えば大丈夫だと思うが、

バイクのパーツクリーナーで拭き上げれば完璧。

500mlサイズのペットボトルをカット

500mlのペットボトルをカットする

500mlのペットボトルをカットする

2ℓサイズのペットボトルだと混合液がムダになるので、

500mlサイズを使うことをお勧めする。

ブレードが浸かる深さがあれば十分

ブレードが浸かる深さがあれば十分

一度、モーラーナイフを入れてブレードの根元まで浸かるか確認。

黄金比率の混合液を作る(7:3)

黒錆加工させる混合液を作る

黒錆加工させる混合液を作る

混合液を作るわけだが、そんな難しいことはない。

濃い紅茶を湯だった鍋に5袋ほど放りこんで煮出す。

少し冷ましてから、お酢を注ぎ込んで作れば完成。

混合割合 = 紅茶7:お酢3

完成した混合液にモーラーナイフを漬け込むことで黒錆加工される。

最低でも2時間は放置しておかないと、黒錆が固着しないので注意。

混合液の色が緑色に変色してきたら、黒錆化されているとわかる。

2時間以上つけ込む

黒錆加工漬け込み直後

黒錆加工漬け込み直後

混合液を作ってモーラーナイフを漬け込んだ直後の写真。

混合液も透明感があって綺麗な色をしている。

1時間経過

黒錆加工漬け込み1時間後

黒錆加工漬け込み1時間後

混合液も色がだいぶ変わってきているのがわかる。

水面には少し油みたいなものが浮いてきた。

2時間経過

モーラー黒錆加工漬け込み2時間後

黒錆加工漬け込み2時間後

混合液も濃い緑色に変化した。

内部で化学反応が起きているのか泡立ちが目立つ。

モーラーナイフの黒錆加工完成

モーラーナイフの黒錆加工完成

表面に付着した黒錆はまだ定着していないので触らないように。

翌日まで日陰干ししてからシースに仕舞った。

失敗を回避する2つのポイント

  1. 脱脂を念入りにする
  2. 黒錆加工後は触らない

黒錆加工をしても表面がまだらに染まっている。

又は黒錆が定着する前にブレードに触れてしまう。

上記2つが原因で仕上がりが変わってくる。

脱脂を念入りにする

黒錆加工にはAZパーツクリーナー

黒錆加工にはAZパーツクリーナー

完璧に脱脂することが大切なので

中性洗剤で洗った後に、

パーツクリーナーで拭きあげると尚良し!

 黒錆加工後は触らない

黒錆加工後にはブレードには触れないこと

黒錆加工後にはブレードには触れないこと

2時間も経過するとブレードが黒くなるが、

まだ定着していない段階なので絶対に触らない!

まとめ

モーラーナイフ(カーボンスチール)を黒錆加工することで、

こまめなメンテナンスを不要とすることができて無精者には最適。

簡単カスタムだが一手間加えることで愛着が湧いてくる。