ZIGZAG World Trip

【ユーラシア大陸横断】ロシア編 #3|ベロゴルスク→黒河市(国境)

中国国境の黒河市へ向かった

ロシアのカフェで宿泊

お世話になったカフェ

前日、キム氏がスタッフとテント泊を交渉するも決裂。

服装で断られたと判断して俺が代わりに交渉した。

対応がオーナーに代わり快く受け入れてくれた。

豪快なオーナーに救われた2人だった(キム含む)。

テント泊予定がが事務所で寝ていいと幸運続き。

ロシアカフェのオーナーさん

太っ腹のオーナーさん

名前を失念したが、ロシアの心優しいジャイアンの様なオーナー。

手作りのロシア料理をたらふくご馳走してくれたのだ。

ロシアカフェでの朝食

朝食をもてなしてくれた

目覚めると既にオーナーは朝食を用意してくれた。

韓国人ライダーキムと一緒に感謝してその場を後にした。

愛車のKTMは手作り感が半端ない

韓国人ライダーのキム氏

韓国人ライダーのキム氏

前日から行動を共にしている韓国人のキム氏。

彼の詳細は別記事にて触れているので読んでほしい。

彼の愛車であるKTMは手作りレザー品を纏っている。

着ている防水レザーコートも全て彼の自信作なのだ。

なんと、コートは簡易テントにもなるという…。

ブラゴヴェシチェンスクは雰囲気が悪かった

ロシアの酔っ払いには注意

ブラゴヴェシチェンスクの酔っ払い

予定していた宿を現地で確認しようと向かったが見つからない。

何度も確認して到着してみるとアパートの一室の様だ。

駐車場もないので路上駐車するしかない状況。

スタヤンカも探したけれど、2kmほど離れているので面倒。

どうしようか悩んでいると、酔っ払いに囲まれたw

というか、路上に酔っ払いが非常に多くいたのが最初の印象。

バイクへの悪戯も考えると退散した方が幸せなので出戻り決定。

昨日滞在した街へ舞い戻ることにした。

ロシア入国ビザはダブルエントリーを選んだ。
モンゴルへ入国してロシア再入国で使い切る計算。
ロシアの飛び地(カリーニングラード)も見所。
ビザ取得はマルチビザを選ぶことをお勧めする。

ホテル探しが待っていた

ロシアのホテルへ滞在

ベロゴルスクのホテル

困ったのが宿探し。

流石にカフェに連泊を申し込むのは気がひける。

ホテルを探してみると小綺麗なホテルを見つけた。

受付スタッフの態度が悪かったのが残念なところ。

YouTube動画では翌日の走行シーンも含まれている。

是非、最後までご視聴ください🙇‍♂️

YouTube動画

 

 

1 Comment

  1. ミホキン

    初めまして。
    昨年、ユーラシア大陸をタンデムで横断した者です。
    私達の場合はウクライナまでしか行けてないので、横断しきっていませんが(ˉ ˘ ˉ; )

    昨日、かなり久々にブログを書いたついでににほんブログ村を覗いて、こちらのブログを見つけました。

    たまたま目についた記事がこちらなんですが、実はこの赤いホテル、私達も宿泊拒否を食らったんです!!笑

    Booking.comで予約したのに何故か「部屋がない」って言われて。
    →リンクでその時の記事付けてます。

    やっぱり良くない宿だったんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。