6月18日 チタ滞在5日目を迎えた。

今朝、起きてみると、サッカーゲームばかりしているオーナーのセルゲイと中国人のジョーの2人がなにやら買い出しに出かけていた。

実は中国人のジョーがゲストハウスの皆に食事をもてなす為に食材を買い出しにいっていたのだ。

右手前が中国人のジョー

彼もまた、バイク旅で中国から出てきていた。しかし彼のバイクのチェーンが切れてしまい、チタからウランウデ方面に200km進んだオゼロという湖近くの修理工場にて修理を修理を待っている。チェーンがロシアで入手が困難であったため、わざわざ中国から友人に持ってきてもらうみたい。明日、友人が最寄りのチタ駅で物を引き渡す予定なので、彼も今日が宿泊最終日となる。

ゲストハウスを経営しているジョー、料理の手際が良い。テキパキ動いている。唯一、中華包丁でないことを嘆いていた。

右側奥のご夫婦がゲストハウスのオーナー。セルゲイが使っているスマホが未だにiPhone4。インスタを見るだけでもフリーズする。この状況に耐えかね冗談まじりで「マザーファック!!」と壁に投げつける仕草をして、周囲の笑いを誘う、愉快で明るい性格の持ち主。

さて、完成した料理2品。いくら名前を聞いても覚えられなかったが、とても良い味をしてる。

腹ごしらえも済ませてチタ散策に出かけてみた。連日、日中に決まってスコールの様な豪雨が2、3回降る。

丁度雨があがったばかり、外にでてみると、半袖ではすこし肌寒い感じだな。

ゲストハウスから近いチタ駅に向かった。

チタ駅の正面にある教会。

チタ駅正面玄関。

セキュリティーゲートを抜けると、チケット販売窓口が並んでいる。

ホームに出てみた。実はホームまではセキュリティーチェックはない。先程のゲートは駅舎に入るためだけに必要だったみたい。

高架からパチリ。

こんな感じで今日も一日過ぎていった。

明日はいよいよ、ウランウデにむけて移動するよ。

またね、パカパカ!