メタボンの地球ZIGZAG

ZIGZAG World Trip

カテゴリー: 未分類 (page 1 of 18)

コロナウイルスで日本人旅行者への風当たりが強い現実 / #コロナウイルス / #COVID19

コロナウイルスの脅威が日増しに強くなってます。

先ほど、こんなツイートしました。

アフリカを走ってる仲間から色々とコロナ関係で情報が入ってくる。差別を受けるや入国制限が酷い。宿泊拒否もあるようだ。身動き取れなくて帰国を視野に入れてる。日本人の入国制限一覧。

 

コロナウイルスで日本人旅行者への風当たりが強い現実

コロナの影響で日本人への風当たりが強い

コロナウイルスに負けない

世界に散らばっている日本人ライダーからSNS経由で情報が入ってくる。

特にアフリカ大陸で走っている2名に関してはかなり悲惨な状況。

タケヤンはアフリカ大陸を北上してサウジアラビアへ渡ろうとしていたが、

入国ができなくなったと言われたようだ。

更に街中で日本人を始めアジア人を見つけるとまるで病原菌のごとく

コロナ!コロナ!と馬鹿にした態度を取られストレスが溜まると言ってた。

中にはアジア人の宿泊を拒む宿も出てきているという情報もある。

又、もう1人のHONDAゴリラでアフリカ大陸を縦断してきたG藤さんも

現在はアンゴラに入国しているが、隣国のナミビアに入れるか保証が無い。

最悪、愛車を置き去りにして日本へ帰国する選択肢も考えなければならない。

バイク屋で預かってもらえる場所も探せば幾らでもあるだろうけど、

帰国したら仕事へ復帰を考えているようで、引き取りに行くことができない。

是が非でも日本へ持ち帰りたいと船便も含めて探し回っているみたい。

移住・旅系ユーチューバーも現地情報を発信中

刻々と状況は変わってきているので最新の情報を入手しよう!

世界各国に散っている日本人ユーチューバーからは

色々な情報を得られるので有益だったりする。

バンコクで軟禁状態!?噂と現実のギャップ

タイ入国に関する重大なお知らせ

コロナウイルスを通じて働き方改革が浸透中

ゆるキャン△聖地巡礼と無料キャンプ場【2日目】ソロキャンプ

 

下見しに来たw 下りは急坂で折り返しもある。 水場もトイレも使えるようになってて、かなり期待できる! 暖かくなったらキャンプしてみる

 

ゆるキャン△聖地巡礼と無料キャンプ場を下見

朝食風景

朝食を食べてからスタート

祖父母の自宅庭で焼肉を焼いてる動画からスタートします。

昨晩に買ったカルビ肉を焼くのが面倒で翌日へ持ち越した。

朝晩冷え込むので心配ないとは思うが念のために調理した。

調理といっても、塩で味付けするだけなんだけどね。

今晩の御菜にすることにした。

さて、今日の積み上げ↓

  1. 墓参り
  2. 身延駅
  3. みのぶ饅頭
  4. セルバ(買物)
  5. 大柳川渓流公園キャンプ場(無料)
  6. 庭の草刈り

2年ぶりの墓参り

墓参り

墓参り

朝食を終えて早々に墓参りを済ませた。

久しぶりに見るお墓には薄っすらと苔が生えてる。

タオルを濡らして綺麗にして差し上げた。

お線香を焚いて、手を合わせて旅の帰還報告した。

 

西山ダムからショートRUN!

奈良田の西山ダム

奈良田の西山ダム

昔はもっと深い青色で水量が多かった。

上流域での工事の影響もあるのが水が少ない。

少し濁って乳白色になっていた。

奈良田の西山ダム

奈良田の西山ダム看板

37号線をさらに北上すると奈良田スポーツ公園がある。

この先に道は続くがゲートで閉ざされてマイカー規制となる。

幾度か通行できる話が持ち上がるが頓挫して通行できない。

通行できるようになれば、村にも活気が戻ると思うな。

動画ではさらに北上して白根館(奈良田の湯)前を通過して、

お寺さんの駐車場でUターンして下ることにした。

動画で触れているが、道中に場所に似合わない超高級旅館がある。

その名も”慶雲館”といって相当お金を投じて建設されたようだ。

一時期には向かいの老舗旅館から湯量が減ったと裁判沙汰になった。

噂を聞きつけたのが”噂の東京マガジン”である。

記憶が確かなら、清水国明さんがリポーターとして訪れている。

 

上沢交差点から下部温泉方面へ向かう

富士川を望む

上沢交差点方面を望む

37号を下り切ると、上沢交差点に出てくる。

少し手前を右折するとクラフトパークという施設があり、

上沢交差点を左折していくと、スーパーのZEBRAのモデルとなった、

セルバ みのぶ店が店を構えている。

交差点を下部温泉方面に向かい富士川を渡ってから左折する。

富士川を望む

富士川を望む

海外へ行っている間に開通したのだろう高速入口ができていた。

ゆるキャン△聖地巡礼身延駅へ向かう

高速道路入口

この道は気持ちが良いので利用者が増えるといいね。

ゆるキャン△聖地巡礼

今日もライダーが多い

富士川沿いをさらに南下していく。

 

身延駅へ到着!

ゆるキャン△身延駅

身延駅前

久しぶりの身延駅へ到着した。

ゆるキャン△聖地巡礼

身延駅を望む

この角度からの駅舎は”ゆるキャン△”の中でも出てきたね。

身延駅はアニメの流行とは関係なく昔から小綺麗な駅舎だった。

周辺の土産物屋や食事処も幾つかは新店舗になっていたけど、

昔から大きく変わった印象はないかな。

ゆるキャン△聖地巡礼

みのぶ饅頭

向かいには”ゆるキャン△”の仲良し三人組が饅頭を買って、

富士川沿いのベンチで仲良く”みのぶ饅頭”を頬張ってたね。

富士川沿い

富士川沿い

なでしこちゃんが、饅頭を追加で買いに走って行った。

身延駅前

富士川を望む

今日は結局、みのぶ饅頭を買わなかった。

あっ、そうそう。

地元の叔父さんが、みのぶ饅頭って4種類あると教えてくれた。

どれも形が似てて、1個の重さが40gに揃えられているって。

確か値段も65円〜85円/1個と店によって差があるってさw

 

大柳川渓流公園キャンプ場を下見

犬山あおいがバイトしてる

ゆるキャン△ゼブラで買物

身延駅を後にして52号線へ戻ることにした。

北上していくと先ほど通過した上沢交差点を通過。

更に進むとセルバ みのぶ店へ到着する。

動画ではナビ設定をしていないので駐車場で設定。

再スタートを切っている。

日本人の気遣いが素晴らしい

ガソリン給油

愛車のガソリン給油とSOTOの赤ガス給油を兼ねた。

日本の気遣いはやはり凄いよね。

タンクにガソリンが垂れないようにタオルが巻かれてる。

携帯缶へ給油するのに3つの記入と身分証明の提示を求められた。

シートに視線を落とすと、名前、住所、使用目的と書かれている。

順々に記入してゆき、免許証を提示すると赤ガスが給油された。

もし悪さしようと企む人間はタンクから抜き取ってやるだろうね。

なので、余り意味を感じない…。

大柳川渓流公園キャンプ場

大柳川渓流公園キャンプ場

大柳川渓流公園キャンプ場へ到着した。

入口を侵入すると急な坂になっていて道幅もかなり狭い。

反対から自動車がやってきたらすれ違いは気を使うね。

更に急な折り返しが3、4回ほど繰り返されて到着した。

キャンプ サイトへ到着

キャンプ サイトへ到着

冬の名残が強くあるので寒々しい印象を持ったが、

逆に夏場などは川も近いので涼しく過ごせそうだ。

水場も充実

水場も充実

炊事場も綺麗にされている。

ゴミは必ず持ち帰ろう。

トイレ完備

トイレ完備

ツイッターでは水場とトイレが使えないと教えてくれた。

現在では復旧したようで水場もトイレも水が流れる。

キャンプサイトが多くある

キャンプサイトが多くある

キャンプサイトは幾つにも別れておりカマドも完備されている。

大柳川渓流公園キャンプ場

大柳川渓流公園キャンプ場

入口から入ってくるとこんな風景が広がっている。

所在地情報

東屋で小休憩

東屋で小休憩

東屋で小休憩

大柳川渓流キャンプ場へ行くがてらに横目に見てた東屋。

セルバへ買い出しに行く前に小休憩を挟むことにした。

東屋で小休憩

東屋で小休憩

LOWSON糖質オフのドーナッツを持っていたので頬張る。

ガスバーナーで珈琲でも入れようかと考えていたけど、

毎度の事ながら面倒臭くなって中止w

 

古屋入口から先の集落へは立ち入るべからず

古屋入口から先は立ち入り禁止

古屋入口から入った集落

上沢交差点から37号線を奈良田方面へと進む。

しばらく進むと右側に”古屋入口”と縦看板が見えてくる。

以前から気になっていたので入って見ることにした。

急な坂と折り返しを進んでいくと大きな橋が出てきた。

橋を渡りきる箇所に門扉が閉ざされており立入禁止。

”部外者の立入を禁ず”的な現代離れした雰囲気が漂っていた。

蛇で部外者を威嚇

蛇で部外者を威嚇

門扉の上には玩具だろうが”蛇”が巻きつけられていた。

明らかに部外者に対しての意識の表れだろうね。

金田一耕助 〇〇家の一族が脳裏に流れたwww

YouTube動画

 

流れ星が入り込んだ奇跡の一枚

ナミビアでの奇跡

流れ星が写り込んだ

How to Translate

Thank you for coming to own Blog.

My blog is Translate into several other countries.

Please translate it to your native language.

>>click here<<

忘れられない奇跡の一枚

ナミビアのキャンプ場でタケヤンと撮影した写真。

キャンプ用ライトを少し照らして消すを繰り返し調整。

何度も繰り返してみるが丁度良い露光にならない。

次は上手くいくかもと互いに思ったタイミングで流れ星。

時間にして3秒程だったろうか、見事に構図に入り込んだ。

奇跡の瞬間を納めた一枚となった。

生涯忘れることのない写真である。

【WTNJ】ワッツーのお話会は海外バイク旅よりも濃密な時間 坪井伸吾 氏 藤原かんいち 氏 ご夫妻

WTNJロゴ

ワッツーを通じて世界へ旅立とう

こんにちは、メタボンです。

今日はワッツー(WTNJ)のお話いへ出向きました。

忘年会も兼ねていたのですが、諸事情により不参加。

 

坪井さんが語る

坪井慎吾氏が語る

通常は司会役の坪井さん、話し手が居ないので今回はご自身が話し手に。

本来は私が話し手になる必要があるのだが諸事情で控えている。

私生活がバタバタして準備不足なので実はお断りしている状況なのだ。

年明けに調整中かな。

どうなるだろう…。

 

坪井慎吾氏

今回のお話会では触れなかったが
私が衝撃を受けた坪井さんのエピソードは、
約5ヶ月間を毎日を足で走り切った5000km。
 
5ヶ月って30日換算で150日でしょ。
5000km÷150日間=33km
 
毎日33kmをランニングするって…。
当然天候によっては走れない日もあるだろうし。
 
あぁ…毎日マラソンが続くわけだ。
てか、ありえないw

 

坪井さんのルート

坪井さんの世界一周ルート

坪井さんは元々は釣り好きから端をはっしている。

日本での釣りを通じて一台の原付が世界を変えたようだ。

自転車で通っていた釣り場にあっという間に到着した経験から、

原付(バイク)を使えば行動範囲が一気に広がると知った。

更に大排気量にすれば更に遠くへ足を伸ばすことが出来る考えた。

 

カニの家って浮浪者の巣窟って本当!?

カニの家ってネットで調べると…

伝説の「カニの家」での経験をお話会で聞くことができた。

半分浮浪者が住み着いている場所だったようだ。

 

伝説のカニの家

伝説のカニの家

当時の方々は現在、どんな人生を送っているのだろう?

個人的にはとても興味深いんだけどw

 

WTNJ記念撮影2004年

WTNJ記念撮影2004年

WTNJの創立当時のキャンプミーティングでの記念撮影。

藤原かんいちさんが写ってないのが残念なところ。

 

未経験者は出会うべき人達が待っている

自分が初めて海外ツーリングへ出ると決めてから

色々とネットを通じて情報収集に明け暮れました。

その中でヒットしたのがワッツーでした。

後から知ったのが設立者が”藤原かんいち”さんだったので驚き。

昔からバイク雑誌で見かけていたので目の前に居ると緊張w

 

富士五湖付近のキャンプ場で参加した初めてのミーティングでしたが、

本当に色々と話を聞くことができたので未経験者にとって刺激的だと思う。

 

オフレコ

写真での投稿はOKなんだけど、内容によってはグレーゾーンも…。

既に20年以上前の話なんだけど、当時の話が盛りだくさん。

ブログでも言えないことが沢山聴けますよw

 

参加費用はワンコイン

ワンコインの参加費用

ワンコインの参加費用

参加費用などは儲けなど一切考えていない有志の集い的なノリ。

誰しもが集まって世界各国の情報を得られる貴重な機会。

是非、参加してほしい。

 

参加方法

若かりし頃の坪井氏

若かりし頃の坪井氏

参加方法はリンク先のフェイスブックから参加又は友達申請で良いはず。

WTNJのリーダーなどは不在なので、返信や対応が遅れるのはご愛嬌でw

参加された方々は、海外ツーリングがとても身近になったといいます。

イメージしている海外ツーリングと実際では乖離があるということ。

興味あれば是非、ご参加くださいね。

>>WTNJ(ワッツー)

 

一人ではどうもという事であれば私と参加しましょう。

コメント又はダイレクトメッセージから受付ます。

テネレの光軸調整に苦戦した理由 【ライコランド東雲店】

ライコランド東雲店

ライコランド東雲店

ユーザー車検で引っ掛かる光軸調整

ユーラシア大陸へ出発する前にユーザー車検を行ったことがある。

旅立って1年2ヶ月を過ぎ、既に2年の車検期間は過ぎ去っている。

区役所から仮ナンバーを借りてライコランド東雲店へやってきた。

 

ユーザー車検へ向けて光軸調整しにライコランド東雲店3300円

光軸調整待ちのテネレ

作業開始待ちの我が愛車テネレ(XT660Z)

幸い金曜日で週末ではなかったので人では少なかった。

作業開始も受付後にピットインすることができた。

 

ラコランドの作業場

光軸調整にやってきた

色々な種類のバイクがピットに入っていて楽しい。

外では車検を終えたバイクが洗車されていてピカピカ。

ライコランドで車検通すと洗車がついてるんだね。

ライコランド東雲店の作業場

ライコランド東雲店の作業場

さて、我がテネレのバックショット。

赤い斜め線が施された仮ナンバーは区役所で借りてきた。

貸し出し期間は最大で5日間だった(土日含む)

借りたのが水曜なので日曜日には切れてしまう。

来週の月曜に一旦返却してまた借りなければ。

料金は750円だった。

※貸し出し期間と料金は市区町村によって違うので要確認。

 

光軸調整が始まったが苦戦してる

XT660Zフロントグリル

フロントの鉄パイプは曲がらない

持ち込む前から懸念事項があった。

それはアフリカ大陸縦断中にベナンからガボンへバイク輸送した際に、

船員が何かバイクに衝撃を与えてしまったようで樹脂パーツが破損した。

陸揚げした後に愛車を確認したらヘッドライトが左に曲がっていたのだ。

つまり光軸調整で左右のズレがどれだけ出るのか不安だった訳だ。

 

テネレのフロンドグリル外す

光軸調整に苦戦している

フロントパーツを色々と外していき調整する。

経緯を説明してヘッドライトが取り付けてある細い鉄パイプを曲げることに。

細いから曲がるだろうと思っていたが、硬い鉄でビクともしない。

てか、曲げた衝撃ってかなり大きかったことが分かった。

他の調整方法を取ることにした。

ライコランド東雲店の作業場

何度も調整を繰り返してくれた

何度も何度も調整を繰り返してくれている。

通常の作業時間は30分とあったが結局1時間程度かかった。

料金は税込で3300円だったので割安に感じた。

 

光軸調整終了

光軸調整ライコランド東雲店

やっとのことで調整が終了した。

これで週明けにはユーザー車検が受けられそうだ。

所在地

 

YouTube動画(光軸調整)

 

 

中島モータース光軸調整失敗…

実は前日に光軸調整に練馬陸運局側のテスター屋さんへ行ってきた。

中島モータースでは駄目だった

練馬陸運局から近い中島モータース

前回のユーザー車検を行った際に利用したテスター屋さん。

実は前日に光軸調整を行ったが結論ダメだった。

営業妨害になるので発言を控えますが、

自分で光軸調整できる人が利用した方がいい。

確かに値段は900円と格安だからね。

検査機の利用料として考えると不満はない。

 

« Older posts