メタボンの地球ZIGZAG

ZIGZAG World Trip

カテゴリー: 防犯対策

海外貧乏旅で身を守る/催涙スプレー3選【熊/野犬/虎/暴漢対策】自転車旅 ベアースプレー ペッパースプレー

こんにちは、メタボンです。

先日、こんなツイートしました。

/ 【暴漢対策】海外野営旅 熊よけスプレーを日本から持参しよう 海外では買えないよ… \ 熊や虎がいるエリアでは、 熊除けスプレーがあると少し安心。 何もないのは無防備すぎ。 amzn.to/3atMNZE #熊 #虎 #襲う #暴漢 #催涙ガス #野営 #キャンプ


実は出発前に護身用として催涙スプレーを

日本から持参しようと情報を集めてた。

結局、予算が限られていたのでケチって買い控え、

海外なら必要なタイミングで購入できるだろうと

甘い読みもあって持参せず。

いや、甘かった…。

探しても、探しても、探しても見つからない。

結局、通過した国々では売ってなかったのだ。

理由がスペインに入って知る事になる。

特にヨーロッパでは犯罪に使用されることが多くあり

近年では国内での流通と販売が禁止されていた。

やっちった〜と後の祭りw

スペインの後はアフリカだったこともあり、

是が非でも欲しかったのだが、

諦めて護身にはナイフ一本と覚悟を決めた。

 

クマさんと格闘できますか?

クマと戦う覚悟

クマと戦う覚悟

いやいや、戦えないっしょw

催涙スプレーを使うことも望まないけれど、

1本あるだけで安心感が違う。

海外の野宿ではとても心強いアイテムとなる。

国内でも熊が活発になる時期にも有効。

 

スコヴィル値で撃退能力が分かる

催涙スプレーを紹介する前に前知識として説明。

まず、スコヴィル値とは唐辛子の辛さを測る単位である。

つまり、この数値が高いほどに強力ってワケ。

催涙スプレーで対人間用で最強は18万SHU程。

熊用になると320万SHUになるから桁違いだ。

 

海外/国内別 お勧め催涙スプレー 3選

①カウンターアソールト(CA230)海外向き【油性】

カウンターアソールト 成分表

カウンターアソールト 成分表

熊に遭遇した時に使う、アメリカ製の画期的なスプレー。

レバーを握ると、トウガラシエキスが5mから10m発射され、

その強力な刺激で熊や野生動物を追い払うことができます。

グリズリーの生息地として有名なアメリカのモンタナ州で開発。

スコヴィル値:320万SHU

有効期限は4年(最長5年)

 

②カウンターアソールトストロンガー(CA290)海外向き【油性】

 

 

カウンターアソールトストロンガー

カウンターアソールト ストロンガー成分表

カウンターアソールト ストロンガー成分表

スコヴィル値:360万SHU

上記CA230を更に強化したもの。

どちらも飛距離が10m近いので、

海外旅へ出るなら2つのどちらかでOK。

くれぐれも誤射の自爆に注意!

 

③ポリスマグナム(B-609)日本向き【水性】

ポリスマグナム

ポリスマグナム成分表

ポリスマグナム成分表

TMM社が米国で生産する日本国内唯一のOC催涙スプレー。

日本国内で護身用スプレーとして20年以上に渡る圧倒的なシェア。

全国の国公立機関・学校・地方自治体等にも多くの導入実績有り。

県警察本部でクロクマ(ツキノワグマ)用で正式採用。

スコヴィル値:18万SHU

水性と油性で分ける理由

暴漢対策に使うスプレー

暴漢対策に使う

催涙スプレーは2種類ある

出典:日本護身用協会様

暴漢対策 =対人間/小型熊(水性

熊除け対策=熊/グリズリー(油性

製造過程で2種類の催涙スプレーに分かれる。

使う用途が主に熊除けと対人用に別れる。

 

催涙液は劇薬だから希釈が必要

原液は濃硫酸、濃塩酸と同等の劇薬!

そのまま使用することができないので、

薄めて使うことになるわけ。

その「薄め液」が油性と水性に分かれる。

油性→ベアスプレー(熊用)

水性→ペッパースプレー(暴漢/小型熊用)

 

油性は超強力

撃退スプレー使用例

撃退スプレー使用例

想像してほしい、油性マジックはなかなか洗い落とせない。

熊除けスプレーも同様の理屈で長時間に渡り効果が持続する。

もし、人間に掛かってしまうと大惨事になる。

 

熊除けが最強!

催涙液の特徴

催涙液の特徴

じゃあ、熊用を買えばいいんでしょ?と思った人、

おーっと、ちょい待ち。

原液を油脂で伸ばしてるから、皮膚粘膜に付着すると簡単に取れない。

もし、山間部で周辺に水辺がない場所で誤射して目に入ったら一大事。

使用する場所と目的によって使い分ける必要があるワケだね。

 

最後に

催涙スプレーで熊を撃退

熊に襲われる

つらつらとお勧めの催涙スプレーを紹介してきたけど、

これから海外へ出発する旅人は日本から持参することをお勧めする。

先に触れたけど、海外では購入することが非常に困難だからね。

山奥で野営をしていると獣の足音だけで不安になるぞw

 

 

 

 

 

 

 

 

YouTube動画

【盗難対策】TANAX ラリータンクバック MFK-180がお勧めの訳

隠しポシェットの説明 01:10 付近

再生時間設定が上手くいきませんでした。

手動で先送りしてください。

秘密の隠しポシェットが使える

海外バイク旅でのリスクとして貴重品の盗難が挙げられる。

自分にとって絶対に紛失できないものは下記となる。

  1. パスポート
  2. クレジットカード
  3. 車両登録証
  4. 外付けHDD(旅の記録)
  5. USドル・ユーロ等の隠し現金

どれを紛失しても慌ててしまうものばかり…。

そこでどんな形で紛失するか想像してみる。

渡航先で紛失するリスク

  • スリ・強盗等に襲われる
  • 悪徳警官等に没収される

こんなことは起きて欲しく無いが可能性はある。

パッと見て貴重品がわかる場所に保管せずに、

隠し場所を探した。

バイクのシート下も候補に上がったが、

取り出すのにもシートを外す手間が掛かってくるので却下。

 

TANAXラリータンクバック

ラリータンクバック

ラリータンクバック

ラリータンクバックを眺めていると隠しスペースを見つけた。

奥行きがあるので、上記に挙げた大切なものは全て収納できた。

これで悪徳警官が停車を求めてきてもある程度は安心かな。

 

バイク屋で購入すると15,000円程度するんだけど、

アマゾンだと10,000円で購入できるのでお得だよ。

 

旅の記録としてHDDを持参したんだけど、

振動に弱いから耐震対策されたHDDを持参した方がいいよ。

これは値段も手頃で頑丈なので超お勧めw

しかも3年保証付き↓

 

熊撃退スプレーを日本から持参しよう

日本で高いので海外で買った方が安いだろうと、持参せず日本を飛び出した。実はロシアでも必要だったのだが、アウトドアショップで探し出すことができなかった。

熊撃退スプレーの役割

熊は当然だが、人からの襲撃に対しても役立つだろうと考えている。特にキャンプ場ではい場所での野営では心強い味方になってくれる。

熊避けが最強

護身用のスプレーがあるが、これは熊などにはあまり効かないようだ。目の周辺に掛かっても擦れば拭き取れると情報がある。熊用は油性なので簡単には取れない。取れない間は効果は持続する。

スペインでは違法商品だった

バルセロナには多数のアウトドアショップが立ち並ぶ。尋ねてみると、強力な熊除けスプレーなどの販売はスペイン国内では違法なんだそうだ。確かにスペインAmazonで検索してもヒットしなかった。イタリアでも同様。

日本から持ち込もう

世界へ愛車とともに旅立つのならば、日本で購入して持参しておこう!少し値段ははるけど、有るのと無いのでは雲泥の差。

コリャなんだ!?

負けるだろっw

ディスクロックって使える♪

Amazonで購入したディスクロックにとても重宝している。

XENA(ゼナ)など非常に高価だったので廉価版を購入した。

数年所有しているが、トラブルなく現在も機能している。

防犯対策に効果的

防犯用品としては1番小さく軽いディスクロック。

音が鳴るモデルがとても重宝する。

Roc strap×ディスクロック組合せ

出発前に購入したロックストラップ。

パニアケースの上に荷物を縛る目的で購入した。

パニアケースに入らないものを上にのせ縛る。

しかし、バイクから離れる時に不安になる。

荷物を泥棒の手に渡らないようにできないか考えた。

ロックストラップにディスクロック装着で解決。

見た目にも威嚇できるし大音量だ。

ホテル受付へいっても聞こえてくる。

車体警報装置も併用すれば更にgood!

ドミトリーでの荷物管理

滞在費用を抑えるためにゲストハウスを利用されるかたもいることと思う。

実は個室以外で宿泊するのは初経験のメタボン。

防犯対策に頭を悩ませた。

今回の荷物の中で、背中に背負うバックパックが部屋に持ち込む荷物として1番大きい。

当然、ドミトリー(相部屋)なので見ず知らずの他人が出入りしてくることになる。

そこで、下記画像にある通りに防犯ワイヤーを利用している。

動かないものに巻きつけておく。

裏側はこんな感じになっている。

防犯効果を高める

  1. 動かないものに巻きつけておく。
  2. 防水カバーをしておく。

防水カバーする意味は外側にあるポケットの中身を触られないようにするため。又、バックパックの様子を目隠しするだけでも効果あります。

諸刃の剣という意見も

逆に防犯対策しすぎていると貴重品が入っていると思われて、狙われるという考えもあるが、メタボンは上記通りに防犯している。

後はご自身の判断に委ねます。