メタボンの地球ZIGZAG

ZIGZAG World Trip

カテゴリー: 【ガボン】雑記 (page 1 of 2)

エイズ治療に奮闘する若き日本人とアフリカの小学校に天使がいた!

【お断り】

アフリカ大陸縦断では回線状況や移動が立て続き、

動画アップやブログ更新が滞ったエリアがありました。

今回、改めて更新してみたので読んでねw


まいど、メタボンです。

先週末は関東でも雪が振りましたね。

自宅前の路地にも薄っすらと雪が積もってます。

実はそんな雪の中、ブログ執筆していますw

先日、こんなツイートをしました。

ガボンのランバレネで日本人教師に出会った! 現地の算数を教える先生達に九九を教えているのだ。 あれっ?なんか聞いたことある曲と記憶をたどる。 ”ゆかいな牧場”に合わせて歌ってたw #Gabon #ランバレネ #Lambaréné #ガボン

エイズ治療に奮闘する若き日本人

オゴウェ川に立ち寄った

4日間滞在したランバレネを後にする

ランバレネへ滞在すること4日間。

大変にお世話になったY田さんの自宅を去ることにした。

最終日にはY田さんが働くエイズ治療センターへの訪問が実現。

現地アフリカのエイズ最前線を目の当たりにすることができた。

ランバレネにあるエイズ治療センター

ランバレネにあるエイズ治療センター

患者さんが居るので写真撮影は控えることにした。

Lambarénéのエイズ治療センター

Lambarénéのエイズ治療センター看板

看板の左右下側には”Japon”のステッカーが貼られてる。

エイズ治療センター設備

エイズ治療センター設備

お世辞にも立派とは言えない医療設備という印象。

そりゃ先進国と比べたらいけないよな。

ガボンのエイズ治療センタースタッフと記念撮影

現地スタッフと記念撮影

笑顔が絶えない現地スタッフ達!

向こうから記念撮影しようと申し出があった。

数日お世話になったY田さんとはここでお別れとなった。

本当にありがとうございました!!!

続いて、エイズ治療センターから小学校まで

数分という距離なので立ち寄ることにした。

アフリカの小学校には天使がいる!

アフリカ大陸には天使がいる

天使のような笑顔

前日の飲み会の席で集まった中に教員が翌日指導すると情報を得ていた。

アポなしで伺うので無理強いするつもりはなかった。

水場に集まる子供達

元気いっぱい走ると喉が乾く

小学校前を一度通過して戻ってくると正面玄関が解放されていた。

中に入ると子供達の元気に走り回り叫ぶ声に元気をもらえた!

皆、喉が渇いているのか壁からは水道が伸びでグイグイ飲んでるw

ガボンの小学校へ訪問

校長先生らしき人が案内してくれた

正面玄関を入ると”ボンジュール”と大きな声が背後から聞こえて来た。

部外者が勝手に入っては困るといいに来たのだと思い込んだ…。

我々の早とちりで、彼は満面の笑みを浮かべてウエルカムモード全快!

ガボンの小学校へ訪問

校長先生と予想したw

校長先生らしき貫禄ある黒人男性に連れられて学校の校舎を見て回る。

上にある天使達の笑顔はこの時に撮影されたものだ。

アフリカ大陸で活躍する日本人教師

アフリカ大陸で活躍する日本人教師

昨晩、話をさせてもらった日本人教師が教鞭を振るっていた。

相手は生徒ではなく現地の数学の先生達なのだろう。

複数の学校から学びに来ているようで結構な人数となっていた。

聞き慣れた音調に合わせて現地の言葉で九九を学んでいる。

現場の雰囲気はYouTube動画に収めているので視聴してください。

動画 09:20 より

ムイラへ向けて出発

本日の走行距離は200kmと短くアスファルトなので楽勝!

現地通貨の所持金が少なくなって来たので銀行で下ろすことにした。

実はランバレネにも銀行があったのだが下ろさずに出発した。

アフリカの銀行

銀行が空いてない

道中の街には幾つか銀行があったので立ち寄ってみると、

3つのうち2つの入口は固く閉ざされていた。

3つ目の銀行でクレジットカードで現地通貨を引き出した。

 

現地通貨の引き出しは早め早めに

現地のATMを通じて国際VISAカードが利用できないことがあった。

タケヤンの国際VISAカードもたまに引き出せない場面があった。

原因は不明だが2人のカードが同時に使えない場面がなくて幸いした。

タケヤンのカードがダメなら俺が建て替えるという具合だ。

補足すると宿での支払いにクレジットカードが使えるとこは稀。

必ず現地通貨での支払いを強いられるので早めの引出しが大切。

 

本日のお宿へ到着

アフリカムイラの宿

別の宿を見つけた

iOver landerで掲載されていた宿へ到着したのだが、

下見で部屋を覗いてみると電気もないし蚊帳もない。

しかも通気性を確保するためにトイレにはドアが無くて

壁に幾つも大きな穴が空いており蚊が飛びまくってる。

マラリア対策が不十分と認識していた我々は別の宿を探した。

2人ともに予防薬を飲まずに対策は虫除けスプレーのみ。

 

マラリア予防には不安要素が山積


後日、アンゴラでマラリアが発症して足止めを喰らっているw

 

夕飯の買い出しに出掛けた

Mouilaの橋を渡る

Mouilaにある橋を渡る

チェックインを済ませて食事に出ることにした。

レストランでもいいし、持ち帰り弁当でも構わない。

街へ出るには川を渡る必要があった。

橋を遠目から見ても小鳥の大群が飛び回ってるのがわかった。

鳴き声も小さいのだが、群れていると凄まじいw

ランバレネに到着する直前にドローンが小鳥に襲われて墜落した。

捕まえて見たわけじゃないが、襲った鳥と同じに見える。

入れ食い状態のアフリカ

入れ食い状態w

橋を渡っていると橋の上から釣り糸を垂れている人が多数。

それが入れ食い状態なのだwww

針を入れて持ち上げる度に元気な魚がピチピチと上がってくる。

大量の川魚が獲れた

大量の川魚が獲れた

夕飯にしては大量じゃないか?

はて?売り物にするのかもしれない。

アフリカでソフトクリームを頬張る

ソフトクリーム製造機に釣られた

歩いているとソフトクリーム屋が見えてきた。

微妙な味わいのソフトクリーム風

ビミョーな味だったアイス

一度通り過ぎたが、タケヤンが興味を示したので買うことにした。

肝心の味はビミョーな感じって表現に止めておこうw

アフリカの屋台飯

アフリカの屋台飯

結局、レストランには入らずに屋台で持ち帰りの弁当式にした。

アフリカの飯も的を得た味付けなので美味いんだよね。

YouTube動画

アフリカのGS給油で逆走した結果…

まいど、メタボンです。

先日こんなツイートをしました。

/ アフリカのGS給油で逆走した結果… \ 言葉の壁を越えて理解できたジェスチャー! 互いに分かり合えたはず! きゃーっ、怒鳴らないでぇぇぇ… おねーさん、あの日ですか? #アフリカ #africa #ガソリンスタンド #テネレ700 #スーパーテネレ #バイク旅 #gabon #ガボン

 

アフリカのGS給油で逆走した結果

アフリカのガソリンスタンド

ガソリンスタンド

あるガボンの田舎町でガソリン給油したときの話。

ちょうど良かったと見つけたガソリンスタンドへ進入した。

すると、おねーさんが凄い剣幕で何かを言っている。

結構な剣幕でまくし立ててきた。

はて?

バカ2人は進入禁止の看板に気がついてないので、

ボー然と受け止めるしかなかった。

バカな2人

わからない2人

身振り手振りで説明する、おねーさんの必死さもあって

状況を察したタケヤンが愛車のCRF250を逆方向に停車。

途端に叫ぶ、おねーさん!

 

怒る女性スタッフ

怒るおねーさん

ちーがーうだーろーっ! 違うだろーォッ!!(言葉の壁を超えた)

タケヤンの”もう一回”という日本語に対して、

おねーさんが”yeah!(そうよ!)”と答えているw

 

YouTube動画

 

世界は狭いなぁw

一ヶ月半ぶりの再会

食事を済ませて、ホテルへ戻る道中に旅してるピックアップトラックが駐車してた。

近ずいてハローと2人で声をかけてみると、甲高い女性の声でお出迎えしてくれた。

こちらからは内部が見えてないが向こうは見えていたようだ。

出てくると、ベナンのナイジェリア大使館でお会いしたお二人だったw

一ヶ月半ぶりの再会である。

 

フォード車輌

ナイジェリアの悪路の話やら、ラゴスの警官はシツコイという世間話に花が咲いた。

我々2人は旅してる車輌がさっきから気になっていたので説明してもらった。

メーカーはフォードだけど車種名までは聞くのを忘れた。

何でもワシントンDCにはアドベンチャー用のカスタムショップがあり、

自分のイメージした内装をオーダーで作ってもらえるらしい。

車輌価格も相当高いんだろうな。

取り外し可能

天井を電動で引き上げて、車内を見せてくれることになった。

取り外し可能の階段をつけてもらっていざ車内へ・・・。

室内1

ここはリビングスペースといえばいいのだろうか。

夫婦2人で過ごすには狭いものの楽しげだ。

写真を撮り忘れているが、この後ろ側が寝室になっている。

室内2

新鮮果物と野菜の盛り籠がある。

これ食べろと、丸いドーナッツをもらった。

食感は握りつぶした食パンに近いw

トイレ・シャワー周り

もちろんトイレやシャワー室も機能している。

水は何処かで汲み取るのかな。

 

キッチン周り

2人分の料理をするには十分なスペースがある。

右下には中型の冷蔵庫も完備してる。

 

水回り

浄水器も付いているようで、飲水も確保できるようだ。

 

コンロ

電熱じゃなくてガスコンロなんだね。

翌日にはコンゴを目指す予定と聞いた。

我々よりも1日先に出発するようだ。

もしかすると道中で追い越す場面もあるかもw

【アフリカ大手スーパー編】あるぇ?値段が違くな〜い?

タイラーメンのように少しレモングラスと焦がしニンニク風味があってうまい!これで一袋37円なり。

合計金額に異議あり!

スーパーで買い物すると合計金額が合わないことが結構ある。

ん〜なんでだろ?と疑問に思ってレシートを確認すると、
割引商品が会計システムに反映されておらず正規価格なのだ。
又は割引期間が終えてもそのまま放置しているのが原因。

小さい商店なら計算機を通じて間違いを指摘できるけど、
大手スーパーだとこちらが会計金額と数量にも気を使う。

それに気が付いてから、割引商品に関しては写真撮影w
会計時に間違いがあれば、写真で指摘できるからね。

割引価格じゃなくて生卵の標準価格。
6個入りで206円なり

安いんだけど、クリームが薄すぎるw
あと湿度が高いから数時間で湿気ってしまう。
70円なり

【給油編】アフリカあるある

ガソリンスタンドではガソリン量を調整することがある。

どうやらキリの良い金額にして細かい釣りを出したくないのだ。

常に満タンをお願いしているが、これが困った状況を呼び寄せる。

給油調整中にガソリンを溢れさせることがよくあるのだ。

タンクはベトベトになるし塗装にも悪いし何より臭い。

ある日、

給油するのにガソリンスタンドへ入った。

メタボン
メタボン
満タンでお願い♪
OK!
相手
相手

順調に給油されガソリンが満タンに近くなる…

ノズルを手持ちで宙に浮かせてるから自動停止機能が使えない。

不安が過ぎる。。。

あれっ、給油口を見ずに後ろ向いた!?

どうやらキリのより金額に調整しているようだ。

オイオイ大丈夫か、全然給油口を見てないけど…

無表情(ドボドボドボ…)
相手
相手

そうだよね、溢れるよね💢

メタボン
メタボン
うぇーい!(プチ切れ)
ポカーン(なに?的なw)
相手
相手

ガソリンがダダ溢れているのに普通の表情。

メタボン
メタボン
見てガソリン溢れてるよね!
メタボン
メタボン
オレ、嫌いなの。

拭き取るタオルを要求する。

↓↓胸の内↓↓

メタボン
メタボン
ここは異国アフリカだ。

文化も習慣も全てが違う。

こんなこともあるよな。

怒った自分が恥ずかしい(反省)

自分を納得させ拭き終える。

すると何を思ったのか、

並々注がれている給油口に更にノズルを入れてくる。

メタボン
メタボン
おぉーい!何してる?何してる?何してる?
えっ、まだ入れられるけど?
(金額丁度まで少し)
相手
相手

もう意味がわからない??????

アフリカンマジック♪

« Older posts