ZIGZAG World Trip

カテゴリー: ガボン (Page 1 of 5)

エイズ治療に奮闘する若き日本人とアフリカの小学校に天使がいた!

 

まいど、メタボンです。

先週末は関東でも雪が振りましたね。

自宅前の路地にも薄っすらと雪が積もってます。

実はそんな雪の中、ブログ執筆していますw

先日、こんなツイートをしました。

ガボンのランバレネで日本人教師に出会った! 現地の算数を教える先生達に九九を教えているのだ。 あれっ?なんか聞いたことある曲と記憶をたどる。 ”ゆかいな牧場”に合わせて歌ってたw #Gabon #ランバレネ #Lambaréné #ガボン

エイズ治療に奮闘する若き日本人

オゴウェ川に立ち寄った

4日間滞在したランバレネを後にする

ランバレネへ滞在すること4日間。

大変にお世話になったY田さんの自宅を去ることにした。

最終日にはY田さんが働くエイズ治療センターへの訪問が実現。

現地アフリカのエイズ最前線を目の当たりにすることができた。

ランバレネにあるエイズ治療センター

ランバレネにあるエイズ治療センター

患者さんが居るので写真撮影は控えることにした。

Continue reading

JICA隊員と巡る住血吸虫が住むオゴウェ川とシュヴァイツァー病院

まいど、メタボンです。

みなさん、いかがお過ごしですか?

外出の自粛要請が出ましたね…。

一刻も早く事態が沈静化してほしいです。

先日、こんなツイートをしました。

アフリカ縦断中に立ち寄ったガボンの #ランバレネ #シュヴァイツァー博士 が生涯を捧げた病院へ訪問 #ガボン の医療に一生を捧げた医師 オルガニストとして音楽家の顔を持つ 1952年 #ノーベル平和賞 を受賞 #JICA 隊員の皆様のお陰で実現しました! #生命への畏敬 #Gabon

 

アフリカ縦断には動画編集やブログ投稿が難しい区間が存在する。

改めて動画編集を行ってYouTubeへアップロードしました。

併せてブログ記事へ投稿したので動画も含めてご視聴ください。

 

今回はコンゴへ向かう道中に立ち寄ったのがランバレネという村での出来事。

ガボンで知り合ったMurakawa君が色々と根回ししてくれて実現した。

彼はフランス語が堪能で料理上手、感謝しかない!

 

ルート(2019.05.09)

ヌジョレのホテルからランバレネに向けて出発した。

 

本日もスタートしました

本日もスタートしました

快調な様子を見せる相棒のタケヤン。

ランバレネまでの道はとて快適で順調に進んだ。

Continue reading

アフリカのGS給油で逆走した結果…

まいど、メタボンです。

先日こんなツイートをしました。

/ アフリカのGS給油で逆走した結果… \ 言葉の壁を越えて理解できたジェスチャー! 互いに分かり合えたはず! きゃーっ、怒鳴らないでぇぇぇ… おねーさん、あの日ですか? #アフリカ #africa #ガソリンスタンド #テネレ700 #スーパーテネレ #バイク旅 #gabon #ガボン

 

アフリカのGS給油で逆走した結果

アフリカのガソリンスタンド

ガソリンスタンド

あるガボンの田舎町でガソリン給油したときの話。

ちょうど良かったと見つけたガソリンスタンドへ進入した。

すると、おねーさんが凄い剣幕で何かを言っている。

結構な剣幕でまくし立ててきた。

はて?

バカ2人は進入禁止の看板に気がついてないので、

ボー然と受け止めるしかなかった。

バカな2人

わからない2人

身振り手振りで説明する、おねーさんの必死さもあって

状況を察したタケヤンが愛車のCRF250を逆方向に停車。

途端に叫ぶ、おねーさん!

Continue reading

野生動物達が道路脇で吊るし販売 【アフリカ縦断】 Gabon / ガボン

まいど、メタボン です。

先日、こんなツイートをしました。

#野生動物 が路肩で吊るし販売…。 周辺は腐敗臭と臭い消しのニンニクがw \ #エボラ ウイルスは猿を媒介するので、 タケヤンは素手では一切触ろうとしない。 それにしても近くで見るとグロいw #アフリカ #Africa #ガボン #テネレ700 #YAMAHAが美しい #バイクが好きだ

野生動物達が道路脇で吊るし販売

野生動物が吊されて売っている

野生動物が吊されて売っている

ガボンのランバレネに向けて走行していると

突然としてタケヤンが路肩で停車した。

はて?

Uターンして来た道を戻ること数十メートル。

道端に猿やら何と呼ぶのか不明な動物がグッタリしてる。

てか、死んでいる。

そう、絶賛販売中なのだ!?

Continue reading

アフリカ悪路の国境越え3日間 (ンデンデ→コンゴ国境越え)

ンデンデの宿

三日間滞在したホテルを後にしてコンゴ入りすることにした。

理由としては、ガボンVISAが切れてしまったからw

前日が最終日だとわかっていたけど、生憎の雨だったのでやめた。

既に出国スタンプは貰っているので、大丈夫だろうと判断した。

三菱廃車1

おっ、三菱のトラックが芝生の上で自然に還ろうとしてる。

昔日本にも廃車が広い公園にもあって子供の頃興味津々だった。

 

三菱廃車3

どのくらい、ここに佇んでいるんだろうか。

かなり朽ち果ててきている。

 

三菱廃車2

湿度が高いからカビだらけ。

乾燥地帯ならば中に入ってみたいけどやめといた。

本日の難所到着

タケヤン深さを探る

画像右側ラインはヌタヌタなので、バイクでもスタックするので避けた。

残された左側ラインも半分までは砂利が底に沈んでいて走りやすい。

残り半分がヌタヌタを進むことになるが、出口手前に深みがあるので注意が必要。

 

ピックアップトラックが通過

丁度トラックが通ってきたのでタイヤの沈み具合を目視する。

やはり半分から後半が一番深みとなっていた。

実際の走行シーンは動画で残してるので、記事最後の動画をご視聴ください。

 

自分の道は自分で確認が鉄則

オフロード経験は少ないのだが、今回の悪路を通じて学んだことがある。

それは自分の道は自分で確認をすること。

簡単なことなのだが、最初はブーツを濡らしたくないので、

申し訳ないがタケヤンに状況を把握するために水溜りに入ってもらう。

しかし情報共有には限界があるのだ。

20センチの深さで砂利が敷き詰められているから安心と聞いてても。

中央に大きな段差があったり、岩が転がっていることまで共有されない。

つまり漏れが生じて想像の路面状況とは異なることがあるから。

 

この水溜りは見た目より簡単

コンゴ国境へ向けてズンズン進む。

数え切れない程の水溜りを抜けていく。

翌日、本格的な悪路へ向けての予行練習となった。

 

渡りきった

この画像ではないが、なんてことない水溜りを通過する際に予想以上の深みとなってて、

侵入して後輪が浸かったタイミングで滑ってしまい左側に支え切れず立ちごけしてしまう。

これも動画をみてねw

魚が泳いでますけど

さて、さらに先に進むと、綺麗な水が道路を横切っている。

近くによってみてみると魚が沢山泳いでるぞ。

 

澄み切った水源が広がる

渡りきると、綺麗な水源が広がっていた。

写真では伝わらないがかなり透明度が高い。

すると右側斜面から1人の男性がナマズを抱えて降りてきた。

ナマズでポーズ

どうだ!と、言わんばかりのポーズw

どうやって捕まえたのかな。

釣竿ないし、何か仕掛けをして捕まえたかな。

清流にすむナマズ

今晩のオカズになるんかな。

綺麗な清流だから臭みは少なそうだな。

見た目が良くないから、食材としては苦手。

 

ガボン側出国ゲートへ到着

出発した際には曇っていた空だが、奥には晴れ間が広がっているのがわかる。

それにしても湿度が高くて、Tシャツが洗って洗っても臭いんだよなぁ。

 

ガボン側出国ゲート

出国スタンプをもらうわけではないが、パスポートの情報をノートへ書き写してる。

 

 

右手奥はコンゴとなる

ゲートが閉まったままなので、開けてもらえるように頼んだ。

 

コンゴ側入国ゲートへ到着

残念ながら写真をとるタイミングを逃してしまった。

これも動画で収録されているのでみてね。

イミグレーション脇の小屋にはヤマハのバイクがあった。

「YBR125G」というモデルだけど見たことないな。

謎のヤマハ2オフロードを突き進むには丁度良いサイズなんだろうな。

 

謎のヤマハ1

ヘッドライトが割れてるw

ミラーが無いけど…

まぁ交通量考えても必要ないね。

日が暮れてゆく

入国スタンプを貰うと、陽が傾いてきたので本日はここで一泊することにした。

ここの宿は個室で3000CFAととても安かったので2部屋別れて宿泊。

 

コンゴ国境にある宿

俺は3号室でタケヤンが4号室。

蚊帳も付いているのでマラリア対策できる。

しかし水はなくトイレは外のボットン便所ってやつ。

黒土の上に苔が生えてて、超キモイんだよね。

俺はこの土壌がとても苦手なんだよな。

アウトドア向いてないかもw

腹が減ったので早めの夕食

村でレストランを探すも、BARと屋台しかない。

屋台にもマニョックしかないので2人で悩む。

このマニョックって発酵食品で少し酸味を持つ。

芋なのかキャッサバで作られるのか2人は苦手。

すると、イミグレの男性がきて色々と世話してくれた。

スパゲティならできるようなのでトマトソースでオーダー。

あなたも一緒に食べるの?

皿を三つ持ってきたので、彼も一緒に食べるき満々だなw

 

腹が減っては戦はできぬ

スパゲティと鳥の手羽肉を合わせて2500CFA(日本円換算 460円)。

いただきまーすw

タケヤンお先にいただきまーすw

その後、ビールも飲んでほろ酔い気分で就寝しました。

次回へ続く・・・・。

YouTube動画

« Older posts