ZIGZAG World Trip

カテゴリー: トルコ編 (Page 2 of 3)

【トルコの所感】町がオッサンの臭いで充満してる!?

オッサン臭といえば

代表となるのが「ノネナール」。

人によってはカメムシの臭いとか、床屋さんの臭いとか様々だ。

何処に行っても男女問わず人気のない臭い。

俺から臭ってる!?

トルコに入国して走行中にフワッとオッサン臭が鼻につくようになった。

風呂に入れず野営を繰り返していたので、自分から発してると思い込んでいた。

自分の枕が臭うのに近い感覚。

臭いが強烈になってきた!?

ヘルメットのシェードを上げた瞬間だった、

ノネナール臭が一気にヘルメット内に侵入してきた!

コレは周囲に漂っているんだと気がついた。

そう、トルコはオッサン臭で始まったのだ。

※あくまで個人的な感想です

補足

アンカラ、イズミル等ではオッサン臭はありません。

親日トルコのTENEREグループとのご縁【トルコ編】

“TENERE Türkiye” Gruptaki herkes için çok teşekkür ederim! Durumda

メタボンの地球ZIGZAGを運営するようになってから、インスタグラムを併用するようになった。

投稿する際には「XT660Z」をハッシュタグに含めている。すると世界各国で根強い人気のあるTENERE乗りたちと繋がることができた。

ジョージアに到着した際に、トルコのライダーからトルコに立ち寄るなら、是非会いたいとダイレクトメッセージをもらったので、会いにいくことにした。

※ダイジェスト動画

合流できたので、早速食事に連れて行ってもらった。

イスキャンダーケバブ

正確な発音を知ってたら教えてね。仕上げに焦がしバターをかけて食べるので油こってり味なんだけど、右側に添えてあるヨーグルトがバランスを取ってくれてる。実は肉の下にはナンみたいなパンが敷き詰められていて、滴る肉汁をよく吸い込んでいるから美味。

お店の前でパチリ。

横では調理過程を見ることができるぞ。

Ulu cami

食事を終えて近くのモスクへ連れて行ってもらった。なんとこのモスクの中には噴水があって、足を洗って身を清める姿が目に付いた。

外観

噴水周り

お祈りをしている

全員が何かを説明しようとトライしてもらったが、今ひとつ理解に至らなかった。ここにはソーラーシステムがあると翻訳されたのだが、意味がさっぱり 笑。

Çağrı Hekimoğlu氏の自宅で就寝

新婚生活真っ只中にも関わらず招いてもらった。

彼はFIATの車両技術者。奥様も技術者として働いている。

朝からしっかりと朝食を用意してくれた!

奥さんのご両親から土産ものとしてもらったようだ。せっかくなので食べて欲しいと出してもらった。味はミートパイに似ていて日本人の口にあう!

素晴らしい経験をさせてもらいました!

「TENERE Türkiye」グループの皆様ありがとうございました!

トルコでBooking.comを使う方法

トルコ国内ではbooking. comが使えない!

トルコ旅行していて同じ悩みを持っている方が非常に多かったので記事にした。実はトルコ国内にてbooking.comを通じて予約ができないように制限されている。渡航先のトルコで予約をする際に直面するのがこの問題。特に隣国でトルコでの宿を確保して入国して、トルコ国内で移動する際に次のホテル検索ができなくなるので困っている姿が目立った。

現在、アンカラにたいざいしているが、アプリを起動させて「現在地周辺」で検索しても「該当ホテルなし」と表示されてしまう。

VPNMASTERアプリを有効化する

LTEの横にVPNが確認できればOK

もう一度、検索をかけると正常に表示されるようになる。

なぜ、使えないの!?

Booking.comがトルコ政府に税金の支払いが滞っているのが主な原因。

どうやらネットニュースでは話し合いがすすんで和解に向かっている様子。利用再開も近いかも。残念ながら自分が入国した段階では利用ができない状況だった。

※2018年9月14日 現在

VPNmasterで解決しちゃおう!

ロシアでのLINEが使えなくなる対策記事でも投稿済みだが、このbooking.com問題でも解決できちゃうので紹介するよ!

App: VPN Master – 高速セキュアなVPNプロキシ、デベロッパ: ALL Connected Co.,Ltd

  1. 「VPNMASTER」をダウンロードする
  2. アプリを使ってVPNを有効化
  3. Booking.comでホテル予約する

超簡単だから試してね。

関連記事

ロシアでLINEが使えない時の解決策

« Older posts Newer posts »