ロシアの大衆食堂

カフェで食事

ウラジオストクからいよいよ出発した。

ロシア郊外を初めて自走する機会がやってきたのだ。

愛車に跨りエンジンを始動すると緊張に包まれる。

DBSフェリーで同室となった、

日本人ライダーの森◯さんとのご縁もあり、

2人で一路、ハバロフスクへ向かうことにした。

ウラジオストクの街並みを抜けると大自然が広がっていた。

日本では見たことのない風景。

湿地帯にも見える平原が遠くの山並みまで続いていく。

シマウマが居ればイメージするアフリカに近いなと考えていた。

しばらく進んで、カフェへ立ち寄った。

昼を過ぎて、小腹が減ってきたのだ。

これから幾度となく利用することになるロシアの大衆食堂である。

トラックが沢山集まる店は食事が美味い。

タクシーが集まる深夜食堂は美味いというのと同じなんだな。

隣にはガスティニーツアも併設されているようだ。

ガスティニーツアはトラック運転手の簡易宿泊施設である。

腹ごなしを済ませて、ハバロフスクへ向けて突き進んだ。