Avenue Hostelでの騒がしい空間を後にして、経緯列ゲストハウスのFlow Hostelへ移動してきた。共通することだが、とても清潔でシステマチック。

共有スペース。各自で料理をすることができる。

サイレントスペース。パソコン作業にもってこいの空間。

肝心のベットルーム。バイカーにとってラッキーナンバー「13」だった。本当は13ってラッキーナンバーみたいだね。使って欲しくないから不吉な数字にしたって説もあるくらい。

これがベットルーム。よくできてて。上段に人が登ろうが、下は揺れない構造。音はするけどねw。

収納スペース。持参した鍵が必要。毎回思うことだけど、小さいのと、中くらいの大きさの南京錠持参することをお勧め。

閉めた状態。

Wi-Fi環境

アップロードが非常にスムース。動画視聴はたまに読み込み時間があるかな。自分にはアップロードのスピードが高いことが高評価。

場所