Hostel Boudnikプラハ滞在では定宿としてりようしていた。コレは中庭を撮影。一泊1000円前後なのでプラハ中心部にしては格安。ただし週末の金曜〜土曜にかけて一気に値段が跳ね上がる。

さて、出発!エンジンをスタート。軽くクラッチをつないで前進するとバキッと嫌な音がした。

ロック施錠解除を忘れていたのだ!てか超簡単に切れたな。バイク側に破損がなかったのは幸いだが、セキュリティーロックとしてはかなり疑問が残った。簡単に壊れたからね。

バイクショップへ向かう

セキュリティーロックは必要なのでプラハで調達することにした。

バイクショップに入ると1人の店員がじーっと見つめてくる。軽く会釈をして店内を物色していると再度視界に入ってきた。こっちへグイグイくる。

「私はあなたと同じアライヘルメットを持ってます」唐突だった。

はて?なんか聞き間違えたかなと確認するも同じ。

矢継ぎ早に「いつアフリカへ渡るのですか?」と質問が飛んできた。あれっ?なんか俺のこと知っているみたい。フェイスブックもインスタもやっていないということは、多分プラハで出会ったテネレ乗りが掲示板か何かに情報をアップしてくれていたのかもしれないな。こういうのって嬉しいもんですねw

無料でヘルメットパーツをくれた!

彼の名前は”Marek Valska“さん、愛嬌いっぱいで接客してくる。

何か困っていないかと聞かれたので、ヘルメットのパーツ(ネジ)が吹き飛んだと言ったら、自分の予備があるからあげるだって。

探しにいったけど見つからなかったらしく新品を開いて抜け落ちた部分に追加してくれた!

支払うよといったら、「気持ちだからいらないよ!」だって。値段ではなく気持ちがとても嬉しい!元気をもらえるって、こういうことなんだろな。俺も日本へ帰国したら見習おう!

安心のABUSを購入

簡単にぶっ壊れたのは日本アマゾンで2000円程度の品。黄色で太く見えて頑丈そうな作りが決めて。内部はワイヤー構造だったので意外と切断には弱いかな。

日本円で6000円程度。

コレ無くして路上駐車はできないな。

JAWAというバイクをパチリ。

チェコ共和国を南下する

さて、本日の目的地は200kmほど南下したリプノ貯水池近くのペンション。夏もおわりシーズンオフも重なり個室シングルが2050円とリーズナブルに利用できた。しかも朝食が付いてくる。

ゲストハウスではないので、調理場がないかもしれないことを考慮してパンと即席麺を購入した。最悪ポットで食事ができるからね。

TESCOは広いな。タイにもたくさんあったな。

パックの白ワインも購入した。1Lパック190円なり。超安いんですけどw。

はい、糖質三昧!(デブの素)

コークZEROは欠かせない。

夜間到着した際には通り過ぎてしまった。田舎での宿泊する際には夕方4時にはチェックインした方が良いと思った。アフリカなど特に意識したほうがいいな。

雨に濡れるテネレ。

テラス席も晴天であれば気持ち良さそう。

中庭は結構広い!

遊具も充実していて子連れには嬉しい設備だな。

レストラン部分

朝食

チーズとハムが色々選べて大満足!

場所