秋深まるチェコの南部にあるリプノ貯水池。周辺は紅葉真っ盛り!黄色に色づいた木々、端部分が赤く染まっていて黄色から赤へ変化するグラデーションがとても綺麗。

その湖畔にある「Axiom」というペンションへ2日間お世話になった。生憎、連日霧雨ということでペンションへ入り浸りになってしまった。

さて、本日はドイツのミュンヘンに向かう予定。既にお決まりのブッキングドットコムでゲストハウスを予約している。ミュンヘンの中心部に位置しているので観光にはなかなか良さそうだ。

ここは何処?私は誰?

ナビに任せてバイクを走らせているのだが、事前ルート確認ではオーストリアを経由してミュンヘン入りする記憶だったけど、国境らしきものが見当たらない。停車して地図を拡大しないと現在何処の国にいるのか不明。

童話に出てきそうな田舎町

色とりどりの家が立ち並ぶ、ケルベルグという小さな田舎町に辿り着いた。時間もあるのでバイクの機動力を活かしてウロウロしてみた。

家に絡みついた植物も寒暖の差を受けて綺麗に紅葉していた。

撮影してると後ろから声を掛けられた。バイクに興味津々w

英語はあまり得意ではない様子。日本から来たと伝えると興奮したみたい。家に寄って珈琲でも飲んでいかないかとお誘い頂いたので、ついて行くことにした。

彼の名前は”フランツ”さん。建築関係の技術者の仕事をしている。自宅はモダンでとても洗練されている。

自宅にはガーレジがあって日本人としては羨ましい。こんなガレージあったら、ソファーとか色々と持ち込んで楽しい空間にするかなw。床はチェッカーフラッグ柄(市松模様)。もちろんバイクガレージだけど。

こんな家に住みたいなw

中庭も広い。

自宅で収穫された林檎をつかったジュースを勧められて飲んでみると、既製品では味わえない自然の香り。うまー♪

庭からパチリ。ご主人曰く周辺から比べると家は一回り小さいと謙遜していた。なにをおっしゃる。

部屋に戻ると、娘さんと彼氏が料理中。ちょうど出来上がるタイミングだから一緒に食べましょうと、おもてなしされてしまった。断る理由もないので甘えることにした。

彼氏が作った料理。味に関しては自身がないけど、遠慮しないで食べてだって。優しいな。

豚肉に掛けてあるソースが独特。ニンニクと玉ねぎをソテーして、庭先で収穫したブドウを刻んだものが入っている。アクセントに生のグリーンペッパーが異国の香りを強く出してる。

長いするのも悪いので、記念撮影をしてその場を後にした。お礼用のウイスキー渡すの忘れた。こんな時の為に買っておいたのに・・・。

ミュンヘンへ向けて再出発

この時期にアブラナ科の花が満開に咲いてる。

パッサウという川沿いの街にでた。独特な雰囲気なので立ち寄ることにした。

川面をドローンで空撮したいんだけど、コントローラーとして利用しているiPhone5sの調子が悪く、アプリが飛行中に何度も落ちてヒヤヒヤしたので却下。再インストールで直るかな。

ライトアップが綺麗だったので撮影したけど、場所が何処なのかわからないw。

明日は貴重な晴れ間が見れそうなので、周辺を観光する予定。