渡航先での日々の宿泊にはなるべく労力を掛けたくないのが本音。

テント設営場所を確保するのも大変な状況も予測できる。

雨が降っていたらどうしよう・・・

安全な場所の確保が困難だっら・・・

長距離走行で疲れている中での設営はやはり避けたい所。

 

テント泊のデメリット

  1. 雨天時の設営が大変
  2. 設営/撤収に時間がかかる(各20分)
  3. 安全な設営場所の確保が必要(目立つ)

ヘネシーハンモックで全て解決!

雨天時の設営が簡単!

設営/撤収が5分で完了!

2本の立木があれば設営可!(目立たない)

岩場や湿地帯でも快適に宿泊できる!

 

最適な立木の見つけ方

2本の立木を見つけられるようになれば、

どこでも快適に寝ることができる。

  1. 幹直径:30センチ程度
  2. 立木距離:4m〜5m程度

出典:ONETIGRIS

出典:ONETIGRIS

冬場はアンダーキルトを使って快適に!

極寒のハンモック泊は一部のマニアしかやらなかった。

近年、冬用のアンダーキルトなる商品が販売されてる。

これを使えば、冬でも安心してハンモック泊が可能です。

出典:NatureHike

出典:NatureHike

中華製のネイチャーハイクが気になる

大手アウトドアメーカーの人気商品の類似品が多いのが印象かな。

でも、品質に関しては本家よりも下回るが最近は品質が向上してる。

高額商品に最初に手を出すよりも気軽に買えるのが利点。

ヘネシーハンモックの類似品も販売されているのでリンク貼っときます。