メタボンの地球ZIGZAG

Trip around the world.

Tag: テネレ (page 1 of 2)

モンゴルで出会ったテネレ乗りとチェコで再会!

モンゴルのリラックスハウスへ滞在していた際に、タイヤ交換しにきたテネレ乗り。

彼の名前はJan Mesiarkinさん。チェコ共和国の出身。現在、プラハ近郊のベアリング会社で働いている。

関連記事

>>ゴビ砂漠2000km走っただけでタイヤがヤバイことになってる!

世界のライダーと繋がる喜び

彼はフェイスブックを通じて「いいね」を良く付けてくれていた。先日、チェコ入りしたと投稿をしたら、messengerで連絡が来て、待ち合わせすることにした。

ドーモ君が彼のお気に入りみたいw。モンゴルで見たときに親近感を覚えた。

3ヶ月ぶりの再会

彼もテネレも元気そうだった。モンゴルで出会ったときにはゴビ砂漠をカッ飛んで来たらしくタイヤがあり得ないほど崩れて、さらに汚れていた。

見たところモンゴルだから汚れていたのではなく、汚れてても気にしてないが正しかった。

左右に固定されている前後タイヤは転倒した際にダメージを最小限にできるので街中でも付けっ放しなんだそうだ。

懐かしい傷。横棒線は転倒した数をカウントしているみたい。反対側は更に転倒を繰り返したのだろう、ガムテープで補強されていたw

購入して2年目で走行は18000km。それにしてはボロボロに見えて仕方がない。リアサスは底打ちするほどにフルで使っている様子。

そうそう、忘れてた!

味戸さんと2人でトップケースに書いたんだった!

「良い旅を続けてね」だって下手だなw。

メタボンステッカーも貼って来てくれた。

スペアパーツを手渡された!

なんと!彼はチェーンと前後スプロケットを持参してくれて気持ちだといって渡してくれた!コレをつかって旅を続けてねだって、泣けてくる。

俺と出会ってくれてありがとう!!

エーゲ海を望む港町 フェトヒエが絶景だった

※走行動画ダイジェスト

トルコで最も気に入った街となったイズミル(İzmir)だったが、ジョージアで出会ったカツキがフェトヒエに滞在していることを知り、調べてみるとヨットハーバーもあり雰囲気が良さそうなのでいってみることにした。

エーゲ海の絶景が広がる

ガソリンスタンドで休憩中、人懐っこいワンコ登場w。座ってると横に来て寄っかかってくる甘えん坊。

ここも絶景ポイントだったみたいだけど、人が多かったのでパス。

前回記事にしたEl Camino hostelへ到着した

いいでしょ♪

南国リゾートの音楽に合わせて、ビールを皆飲んでいる。

周囲に釣られてクラフトビールを注文。

これ後味がパッションフルーツっぽい。

レストランも良心的な値段なのでオススメ。

関連記事

エーゲ海を望むゲストハウス

【トルコ編】TENEREが繋いだご縁

“TENERE Türkiye” Gruptaki herkes için çok teşekkür ederim! Durumda

メタボンの地球ZIGZAGを運営するようになってから、インスタグラムを併用するようになった。

投稿する際には「XT660Z」をハッシュタグに含めている。すると世界各国で根強い人気のあるTENERE乗りたちと繋がることができた。

ジョージアに到着した際に、トルコのライダーからトルコに立ち寄るなら、是非会いたいとダイレクトメッセージをもらったので、会いにいくことにした。

※ダイジェスト動画

合流できたので、早速食事に連れて行ってもらった。

イスキャンダーケバブ

正確な発音を知ってたら教えてね。仕上げに焦がしバターをかけて食べるので油こってり味なんだけど、右側に添えてあるヨーグルトがバランスを取ってくれてる。実は肉の下にはナンみたいなパンが敷き詰められていて、滴る肉汁をよく吸い込んでいるから美味。

お店の前でパチリ。

横では調理過程を見ることができるぞ。

Ulu cami

食事を終えて近くのモスクへ連れて行ってもらった。なんとこのモスクの中には噴水があって、足を洗って身を清める姿が目に付いた。

外観

噴水周り

お祈りをしている

全員が何かを説明しようとトライしてもらったが、今ひとつ理解に至らなかった。ここにはソーラーシステムがあると翻訳されたのだが、意味がさっぱり 笑。

Çağrı Hekimoğlu氏の自宅で就寝

新婚生活真っ只中にも関わらず招いてもらった。

彼はFIATの車両技術者。奥様も技術者として働いている。

朝からしっかりと朝食を用意してくれた!

奥さんのご両親から土産ものとしてもらったようだ。せっかくなので食べて欲しいと出してもらった。味はミートパイに似ていて日本人の口にあう!

素晴らしい経験をさせてもらいました!

「TENERE Türkiye」グループの皆様ありがとうございました!

モンゴルの大自然へ向けて出発!!

さて、韓国人のファンともここでお別れ。この旅で再開する可能性があるのは、ドイツかな。こればかりはタイミング次第だな。もし、会えなくても帰国したら韓国旅行へ行くつもり。ファンは案内役だからね 笑。国籍は違うけどなんか日本人みたいなんだよな。弟ができたみたいで嬉しい。

モンゴル滞在期間中は天候不順が長引いた。同じ道を辿ってファンと戻るか最後まで悩んだが、ここ数日天気が安定してきていたこともあり、西側ルートで出国することにした。吉と出るか凶と出るか!?

続きは動画をみてね。

【ゴビ砂漠】2000km走行しただけでタイヤがやばいことに!?

味戸さんの運営するリラックスゲストハウスへ同じテネレにのるチェコ人がタイヤ交換にやってきた!

只者ではない雰囲気をまとった単テネレ(XT6660Z)。左右に積載されているタイヤがそうおもわせるのかな。転倒した際にダメージを吸収してくれてるのをYouTubeで見たことがあるぞ。

ゴビ砂漠を2000km走ってきたタイヤ。もうありえない壊れ方をしているぞ!どんな走り方するとこんなになるの?味戸さんがサスペンションも底打ちしてるといっていた。よっぽどカッ飛んでいくんだろうな。

どこにぶつけたんだろうか。

転倒する度に、横線をいれていくらしい。

記念に1枚パチリ。

同じテネレ乗り同士、ステッカー交換。パニアケースに一筆書いてもらったぞ。

あれっ!?

ドーモ君こんにちは!

無事にタイヤ交換を終えたが、パニアケース取付ステーにクラックが多数みつかった。

どこが溶接箇所だかわからない。味戸さんの修復技術は正にプロフェッショナル!口コミで広がるのが納得できます。

味戸さんとメタボンでトップケースに書いてあげた。テネレ乗りのご縁ってやつだね。

皆、笑顔。

彼はこれからウラジオストクへ向かう予定。その後、チェコに戻るルートときいた。お互いに安全を祈りつつ集合写真。

グッバイ、ドーモ君。

目的地チタへ向けて出発!

宿泊したガスティニーツアには風呂が無かったので、今日は何がなんでも風呂に入るために目的地チタで宿泊したい。

距離にして470kmなので、急がなくても到着できた。

道中でパチリ! 写ってないが右手には放牧されてる馬が複数頭いる。

すると対向車線から1台のスーパーテネレが停車してくれた。

途中で出会ったIron Tigers Clubメンバー。

同じテネレでも彼のは排気量の大きいスーパーテネレ。Gansと同じハバロフスクのメンバーだったので驚いた。道中すれ違ったBMW達も全て同メンバーだったようだ。

チタならアモールホテルを利用するといいとアドバイスをもらった。が、結局見つからずに常套手段のbooking. comを利用して無事に宿泊できた。S藤さんからのアドバイス通り、価格ではなく評価で選んで今までハズレが一度もない。評価の高いゲストハウスにはスタヤンカが併設されていることが多い。バイクで移動する人には心強いかぎりだ。

ゲストハウスは別の記事にてご紹介予定。

次回、ブログ更新もお楽しみに♪

ヘネシーハンモックで宿泊してみた。

島根県の柳茶屋キャンプ場で宿泊した。

日中は夏日が増えてきているけど、

夜となると、やはり冷え込むんだよね。

気になった2点

寒くて起きてしまった

腰から背中にかけて寒くて夜中に起きてしまった。

寝床にダウンシュラフを入れて寝てたけど、

接地面はダウンが潰れて保温効果が下がるのが原因。

それとシュラフに入るには慣れが必要。

荷物の置き場に困った

背負ったバックパックの置き場がない。

テントなら仕舞い込めるがハンモックは無理だな。

更に脱いだエンジニアブーツの置き場にも困った。

外に置いて寝てしまうと、

野犬に咥えてもってかれそう。

ネット環境がないって辛いんだね

東京を無事に出発した

ハハボンに泣かれてしまったが、無事に出発することができた。

出発時の走行距離

49363 km

地球一周すると、8万キロ位になるとアドバイスをもらっている。

そうなると、13万キロくらいで戻って来るんかな。

スマホにsimカードが入ってない!

常にネット環境があったメタボン。

1年3ヶ月程度、日本を空けるので、

自宅のネット回線とスマホのSIMカードを解約した。

現在、コンビニのフリーWi-Fiを利用しないと、

ネットへアクセスできない。

これが非常に困ったことになっている。

1.電話がかけられない(050 plus)。

2.宿泊先のホテルが決められない。

結局、地図情報もネット環境がなければ閲覧ができない。

Booking.comもネットを通じてサービスが受けられる。

なので,全滅状態。

最初の目的地はどこ!?

実は所有した全てのバイクがYAMAHA製だった。

そうなると、ヤマハコミュニティープラザへの顔だしは外せない。

自宅に忘れ物を取りに行き、結果的に遅刻したメタボン。

せっかく集合を段取っていただいたのに誠に申し訳ありません!!

今日はパソコンを出すのがめんどいので、スマホとキーボードで作成。

上記画像の感じでブログ更新した。

やばっ、タイヤ交換に四苦八苦!!

後輪を取り外したテネレ

後輪を取り外したテネレ

初めてのビート落とし

以前から言ってるが、整備スキルのないメタボン。

実は一番の不安事項が渡航先でのパンクだったりする。

周囲からの、ラジアルは硬いぞとか・・、

機械でやらないと無理かもとアドバイスを頂いた。

不安ばかりが増す結果になった。

 

持参工具でタイヤ交換に挑戦!

タイヤの交換時期も重なったこともあり、

持参する整備工具にて挑戦してみた!

タイヤ交換に使う持参工具は以下となる。

    1. デイトナ タイヤレバー(取り外し工具)
    2. AZビートクリーム(潤滑剤的な役割)
    3. ベビーパウダー(ゴム圧着阻害として)

迂闊にもバルブ内の「虫回し」が抜けていた。

これは現場にて調達することで難を逃れることに。

 

後輪側を外してみた

後輪側を外してみた

ダンパー交換

テネレは5,000km程度を目安に交換することを勧められていた。

開けてみると、ダンパーが溶けて内部に固着して他ので驚いた!

躊躇なく新品へ交換した。

 

ビラーゴ250とダンパーが同じ

ビラーゴ250とダンパーが同じ

※因みに、ビラーゴ250と同じダンパーを使っている。

 

イメージトレーニングって大切

YouTubeにて「タイヤ交換 バイク」、

「ビート落とし バイク」で色々情報検索してみた。

すると、以前からチャンネル登録させてもらっている、

SASULifeさんの「超簡単1分ビートの落とし方」が、

1番参考になったので頭に叩き込んだ。

>>超簡単、1分ビートの落とし方

 

イメトレ通りにいかない!?

3人掛りで落としたビート

3人掛りで落としたビート

動画は非常に勉強になったが、タイヤが違うので苦戦した。

動画と同じようにやってみたのだが、全然ビートが落ちない!!

もう、腕なんかプルプルして全身筋肉痛間違いなしって感じ。

 

状況を見かねて〇〇〇タップさんがタイヤレバーを貸してくれた。

でもね、残念かなビートが落ちる気配がない・・・。

で結局、タイヤ専門店のスタッフさん2名とメタボンの3名で落ちた。

プロでもビート落としは機械任せだから手では大変だったみたいだな。

これね、正直1人でビート落とすのが余計に不安なる結果となった。

 

原因を探ってみた

①タイヤレバーが短い

小さくコンパクトになるように、セパレートタイプの

デイトナ製のタイヤレバーを購入していた。

パニアケースに入るエーモン製43センチのレバーを1本追加購入した。

 

 

②潤滑剤が必要

滑りをよくする為にタイヤには不向きだけどcure 5-56とか必要かな。

ビートクリームで代用してみたけどね、結局は乾いちゃうんだな。

超素早くできる人には問題ないけど、四苦八苦している自分には無理。

 

YSP川口にて再度挑戦してみた!

タイヤレバーを延長して、潤滑剤を適所に注入した。

さらにデイトナ製タイヤレバーでビートを掻き出すようにした。

結果、ビート落としに成功した!

>>YSP川口

 

 

絶景ポイントを紹介!

 

前回のブログ記事の続きです。

今回はお気に入りの絶景ポイントを紹介します!

瀬音の湯を後にしたメタボンは奥多摩湖方面へ向かいます。

交差点を左折します

交差点を左折します

左折後は道なりに進んでください。

交差点を左折します

交差点を左折します

ここを左折して上野原方面へ向かいます。

ここまでくれば、道なりで到着することができます。

 

見晴らしの良い丘

見晴らしの良い丘

で、絶景ポイント到着。

写真だと絶景が伝わらない・・・。

写真撮影のスキルだなコリャ。

 

グーグルマップ

グーグルマップ

グレーの丸いポッチが絶景ポイントだよ。

 

この奥にあるよ

この奥にあるよ

ここの奥へ入ってね。

左側は民家があるから、常識的な範囲で利用してくださいね。

人気が出て、閉鎖されては本末転倒だからね。

 

写真では伝えきれない絶景ポイント

ドローン撮影してみた

前からドローン撮影したかったのでした実施しました。

久しぶりに操作をしたので、四苦八苦しました。

 

 

ここで焚き火して、酒飲んだら最高だろうな。

地主に許可を頂きたい。

 

近くには牛舎がある

近くには牛舎がある

近くには牛舎がみえる。

タイミングが合えば、ウシと柵越しにコミュニケーションが取れる。

あっ、見切れて見えないけど、牛の●ンチが販売されてた。

作物の肥料になるんだね。

のどかな風景が広がる

のどかな風景が広がる

 

さて、そろそろ日差しも傾き始めたので帰路につきます。

その前にお腹が減ったので町営の食事処へ向かう。

 

ふるさと長寿館

ふるさと長寿館

近所のお爺様がたがお酒飲みながら楽しそうでした。

何処から来た?バイク幾ら?と質問責めにあいました (笑)

 

田舎蕎麦

田舎蕎麦

少し茹ですぎ・・・かな。

でもうまいよ。

 

併設直売所

併設直売所

もう夕刻に近いこともあり、売れちゃったのかな?

道の駅とか直売所などをウロウロするのって楽しいね。

見慣れない野菜が売ってたりしてね。

 

秋川渓谷の清流は本当に綺麗!

清流に癒される

清流に癒される

 

東京からわずが1時間程度でアクセスできるので人気も頷ける。

また来よう。

 

 

 

 

Older posts