メタボンの地球ZIGZAG

ZIGZAG World Trip

タグ: ジョージア

ジョージア滞在を振り返ってみる

 

ワードプレスの動画貼り付けが上手くいかないので上部に貼り付け直しました。

公共の場で飲酒が禁止

お酒はどこでも入手可能なのだが、路上などで飲酒は禁止されている。警官に見つかると45ドルの罰金があるとネット情報にあるので注意しよう。


ボッタクリ保険屋もあるので注意

アルメニアに入国してジョージアに再入国しようとしたら50ラリとふっかけられた。すぐ隣の保険屋に行ったら20ラリで加入できた。

>>各国の注意点と覚書


ロシアで出会ったアメリカ人がジョージアを強くオススメしてきたこともあり、ジョージア入国を決定した。事前の知識は何もない。

ジョージア入国前の印象

自然が豊かである事、オフロードが続く。

滞在を経て印象の変化

予想以上の素晴らしい環境に沈没しそうになった。


ジョージア入国に際して知っておくべきことをまとめた

料理の味付けは酒飲み向きで塩辛い

マッシュルームスープやヒンカリなど含めて味つけが塩辛い。

自動車強制保険には必ず加入しよう

ロシアから軍用道路を経てジョージア入りした。その際に国境を超えた先に保険代行屋が営業している。料金も20ラリ(15days)ととても安い。

 

交通違反の罰金は国境で徴収されることがある

AKTAŞ BORDER GATE

自動車保険など未加入の場合には国境でも罰金が科されるので注意が必要。

罰金100ラリ(約5,000円弱)その場で支払ってもらうために国境の銀行へ連れて行かれることもある。(2018年9月現在)

ジョージア通貨「ラリ」はトルコ側で換金できない

隣接する国にも関わらず換金が出来ないので注意。

国境越えに必要な現金を引き出す際にはドルで引き出しておこう。国境近くのATMではUSドルも引き出すことが可能。

ドラクエ好きにはたまらない古城や修道院がある

ロシア側から軍用道路を使ってスパッツミンダへ抜けてきたが、道中の風景が衝撃的すぎてテンションMAX!

>>ドラクエ好きにはたまらない古城

>>魅惑のジョージアへ入国

 

 

【ジョージア編】トリビシへ向かった

※動画ダイジェスト版

ジョージア初日を迎える

前日、無事にジョージアへ入国できた。入国したが日が暮れてきたこともあって、最寄りの町のゲストハウスへ飛び込みで宿泊した。

翌日、ブッキングドットコムで予約をした日本人に高評価のコンフォートプラスゲストハウスを予約したので移動することにした。距離にして200km程度なので、あっという間に到着してしまった。

ゲストハウスから山を望む

目覚めてみると、素晴らしい絶景が目の前に広がっていた。

撮影ポイントが多すぎて先に進めないという悩み。

右側もまた素晴らしい。何処を撮影しても絵になってしまう。

続きは動画をみてね。

【ジョージア編】SIMカードは不要かも!

今日はゲストハウスからほど近い、リバティースクエアへやってきた。H&Mなどのファストファッションが多く立ち並んでいる。

無料Wi-Fiが凄い

ゲストハウスの日本人の9割がSIMカードを使っておらず、街中のフリーWi-Fiで過ごしているという。散策中にお試しということで使ってみた。

Galleria Tbilisi

Galleria Tbilisi

2/4 Shota Rustaveli Ave, T’bilisi

0322 50 00 40

>>地図

世界中何処も代わり映えのないショッピングモール。別の意味で面白みに欠ける。どちらかというと市場をウロウロして地元民の生活を垣間見るほうが楽しいかな。

測定場所

屋上近くのフードコートでKFCを片手に測定してみた。

接続設定は2ステップ

  1. Galleria Tbilisi WIFIを選ぶ

2.個人情報を入力する(国籍も選ぶ)

以上で設定完了。とっても簡単に利用できちゃう!

ネット回線速度

サクサクではないかもしれないがYouTube動画だって見ることができる。当日の宿探しや情報収集には十分に使える。トリビシで過ごす予定ならば街中のWi-Fiで十分かな。

郊外へ出てしまう方はSIMカードがあった方が便利なのは言うまでもない。

【ロシア最終日】魅惑のジョージアへ入国した

本日のルート

ゲストハウスから約200km程度で国境なので楽勝。

 

悪徳警官と遭遇した

ロシア悪徳警官の話を色々聴いていたが、この3ヶ月近く一度も止められることはなかった。

が・・・最後の最後で遭遇してしまった。

路側帯に停車しているパトカーいつも通りの風景。通り過ぎようと前を横切ると、木陰から警官が飛び出てきて停車を求めてきた。

速度も出ていたので少し先に停車した。小走りで追いかけてくる形で警官登場。

「昨日お酒飲みましたか?」という質問から始まった。

昨日は飲んでいなかったので「ニエット:いいえ」。

すると、飲んでないのに酒臭いんだとジェスチャー。

こちらもジェスチャーを加えて「だ・か・ら、飲んでないの」と切り返す。

すると木陰で休んでいた太めの警官が加わってきた。

更に圧力をかけてきた(凄い嫌な感じ)。

最初はね、グーグル翻訳で会話してたんだけど、途中からこちら側も拒否。

向こうも面倒臭くなったのか、押し問答を20分耐えたのち解放。

最後に嫌な思い出が残ってしまった。

ブラジカフカスの警官は厳しい

悪徳警官とは別にブラジカフカスの警官は厳しいことで有名だったらしい。隣接する領土問題やらで取り締まりが厳しいようだ。確かに今まで以上にパトカーと警官が多い印象。ゲストハウスで出会った旅人はダルガフカスへタクシーで入国した際に捕まってしまったようだ。本気の取り調べにドン引きしたと口にしてた。

ポーランド人ライダーに遭遇

ポーランド人ライダー

ポーランド人ライダー

後方からポーランド人ライダー達がやってきて記念撮影。彼らもジョージアへ入国するみたい。向こうで会おうということで、お別れした。

ジョージア国境付近

ジョージア国境付近

国境近くなると山々に囲まれてロシアとは思えない雰囲気になってきた。

ジョージア国境へ到着

出国ゲートへ入ってから入国ゲートを過ぎるまでトータルで1時間半程度だった。パニアケースを開けることも一切なく入国完了。こんな簡単な国境越えは初めて。超楽なんだけどね。違法なものも簡単に入れられちゃうな。