メタボンの地球ZIGZAG

Trip around the world.

Tag: シジック

イタリアでのスマホナビアプリについて

イタリアは日本に比べても高速料金は安いんだけど、先を急ぐ話けではないから下道ルートを走りたいんだよね。塵も積もれば山となるw

Maps.Meで下道移動してみたが…

スロベニアからイタリアのベネツィアへ移動する際に、マップスミーで高速道路を外して何度も短い距離でルートを引いていた。何度も繰り返される目的地設定が手間だった。

モンゴル入国からMaps.meを多用してきたのだが、下道ルートを選択する機能がない。モンゴルでは下道しかないので不便さは目立たなかったのだ。が、ヨーロッパ諸国へ入国すると高速道路があるので高速ルートをナビってしまう。ブルガリアやハンガリーで踏み倒し状態で抜けてきてしまった。

そこで、封印してきたsygicが下道ルート設定ができるので活躍の予感!

Sygicを封印した理由

実はこのsygicの弱点は住所検索が使えないのだ。日本語で検索できるものもあるが、データとしてはごく僅か。更に英字入力してもかなりの確率でヒットしない。有料なのに…。

双方に利点と欠点がある

▪️マップスミー(maps.Me)

利点→ 情報量が圧倒的

欠点→ 下道ルートが引けない

▪️シジック(Sygic)

利点→ 下道ルートが引ける

欠点→ 住所検索が使えない

互いに弱点を補完する

2つのアプリ同時利用がキーポイント!

例えば目的地のホステルへ行きたい場合には、sygicアプリで大まかな都市部まで到達する。

バックグラウンドで動作しているmaps.meへナビを引き継ぐことで、無事にホステルへ到着できるって小技。

1. Sygicで大まかな都市を選択する(下道ルート)

2. Maps.meでホステル等の詳細選択する。

Sygic下道ルート設定方法

目的地を設定するとルートが引かれるが、有料道路やフェリーが優先されている状態。

右上の“OPTION”をタップすると、上記画像が画面に表示される。

緑色になっている場合には“Motorways”と“toll roads”が有効になっているので外す必要がある。

指でタップすることで緑色からグレーに変化する。これで下道ルート設定完了。

関連記事

モンゴルではMaps.meの1択

モンゴルではMaps.Meの一択

※動画作成中

モンゴルへ入国して最初に困ったのがスマホナビ。実はロシアではGoogleマップを多用してた。ネット回線が繋がっている場所でルート検索してしまえば「圏外」になっても最後までナビを続けてくれるからだ。

モンゴルではGoogleマップが使えない

正確に言うとルート案内してくれないという表現が正しい。目的地を設定するとルートを引いてくれるのだが、肝心のルート案内をタップすると「プレビュー」という謎の動作をする。これはナビゲーションではないので時間が経過すると画面が消えてしまうこともあり実際使えない。

Sygicに悩まされたモンゴル

Sygic

事前にデータをダウンロードしておけば利用できる有料アプリのSygicだが、個人的にはモンゴルでは使えなかった。理由としては、目的地を設定して案内スタートするんだけど、道を間違えても何も教えてくれない訳。リルート検索に関しては、果てしなく先の町や村でUターンさせるというわけ。

例えばスタート時点で目的地まで10kmだったものが、いつの間にか75kmに増えて気がつくってこと。本来Uターンすればいいんだけど、仕様なので仕方がないところ。伝わるかな?

施設名検索が圧倒的に使えない

日本語・英語入力でもヒットしないことが多発。結局Google マップを表示させて確認しながら手動で目的地を設定する場面があった。

イベント表示がうざい

併用アプリを買ってくれというイベント表示がうざい。出発前に日本でテスト運用した際には期待度が高かったんだけどね・・・。

>>スマホナビSygicがすごかった!

Maps.Me大活躍!

MAPS.ME

モンゴルに入って困った状況になって初めて使ったMaps.Meだったが、圧倒的な情報量と直感的に使える設計なので神アプリといっても過言じゃない。経度緯度でも検索できるし、カテゴリー検索でのホテルとガソリンスタンドが超絶便利。booking. comの評価みれる。これ全部無料だから凄いの一言だね。

関連記事

世界一周スマホナビでは役不足!?