メタボンの地球ZIGZAG

Trip around the world.

Tag: キャンプツーリング

アウシュビッツ強制収容所へ再訪

先日、ファンと一緒に訪問したが、到着した際には閉館という間抜けな結果だった。なので今回は再訪となる。勉強をしなかった自分でさえアウシュビッツのガス室に関しては凄惨な歴史として脳裏に刻まれている。

クラクフ出発の見学ツアー

最寄りの都市となるクラクフではツアーが多く組まれている。肝心の費用は50ユーロくらいが相場みたい。含まれるのが往復のバス代金とガイド料金となる。両方合わせても25ユーロ程度なので考え方によっては割高かもね。

入場料無料だった

実はアウシュビツへの入場料金は無料であることはあまり認知されてない。事前にホームページから予約をして希望のガイド言語を選び指定した時間から内覧することができる。因みにガイド料金は日本円で2千円未満。アウシュビッツのホームページは記事の最後にリンクを貼り付けます。

ガイドなしで4時間

日本語ガイドの中谷さんを希望していたが、2週間待ちと人気が高く諦めた。現地では日本語の説明ガイドが25zl(日本円換算:約750円)で販売されているので、読みながら内覧することができるので十分だと思う。

「働けば自由になれる」と書かれたゲートをくぐる。このアーチを作ったのも収容されているユダヤ人。アルファベットの「B」が逆さになっているのは隠れたの抵抗と聞いた。※諸説あり

上記画像の右側から3個目のアルファベットが「B」見えにくいな。

ここを気の遠くなる数のユダヤ人が通っていった。子供、年寄り、健常者、障害を持つ人をふくめて最初の選別がまっていたと知った。労働に使える人間とそうでない人間とを分けた。子供、高齢者、妊婦含めて全員が死の道へ続くゲートへ向かっていった。

日差しが差し込む住居棟には凄惨さを感じない。

何番目の棟か忘れたが、一瞬壁の模様に見えた。が・・・

近くに寄ってみると全て犠牲となったユダヤ人の名前が書かれていた。

おびただしい量である。

見せしめ首吊り台

住居棟からあえて見える場所に設置された首吊り台。反逆した者は見せしめの絞首刑をうけた。

当時のままの鉄筋が残されている。ここで実際に首を吊られた人間が沢山いると考えると恐怖しかない。

当時、有刺鉄線には200万ボルトの電流が流されており誰も逃げ出せない状態だった。

名前から番号管理へ

収容されると名前ではなく番号で管理された。コレは番号を刺青にする専用の針。

大虐殺

ガス室で使われたらチクロンBの空缶や女性から削がれた2トンに及ぶ髪の毛が厳重に保管されている。

ユダヤ人達の骨が三角錐に収められている。

実際に使われたチクロンBの空缶

ガラスの向う側にあるけど、1缶で何人のユダヤ人を殺害したのだろうか。生々しい。

チクロン缶と珪藻土に含まれたシアン化水素が反応することで殺人ガスが発生する。

紫外線から遮断された部屋に集められた髪の毛。ガス室で殺害されたユダヤ人達も同様に削がれて集められている。当時は袋に詰め込みドイツの企業へ販売されていた。多くは生地やフェルトの原材料として利用された。

重犯罪の証拠

ナチは痕跡を消す為にユダヤ人から略奪した物品の保安倉庫を急いで空にしようとした。

5号棟ではナチが破棄するのに間に合わなかったユダヤ人の財産の一部が残されている。

おびただしい数のメガネ。全体の極々一部。

義足や杖が集まっている。障害者・病人・怪我人は全て労働に使えないので全員ガス室送りにされている。

色々な義足が集められている。

中には松葉杖が折れているものがあったが、乱暴されたのだろうか。

新生活を送るために持参された食器や鍋が集まっている。

ここはブラシやクシが集められている。このおびただしい量に愕然とする。

缶に入った歯磨き粉や靴クリーム

自分たちは帰れるものと信じさせる為に名前と住所を書かせた。

こちらも奥が見えないくらいに山積みになっている。

続いて収容者の靴達。

奥の奥まで靴が山積みになっている。もの凄い量。もう引くね。

近くに寄ってみると、子供たちの靴も沢山ある。心が痛い。

被収容者の生活

囚人服に付けた、収容所送りの容疑によって違った標章の一覧表がある。

写真に写っている全ての女性・男性は収容所で亡くなっている

収容されたユダヤ人が着せられていた囚人服。

ブログに掲載していいか悩んだ。でも載せる。

どんな気持ちで写真を撮影されたのか意識すると、色々な目が見えてくる。

怯えきった目、すきあらば逃げ出してやるって目、仲良くなろうとする目、反骨精神みなぎる目。何をしようと全員が殺害されてしまった。

ここにある写真もごく一部に過ぎない。

少し涙ぐむ少年の姿が痛々しい。

何か言いたそうに像が見守っている。

衛生環境

最初の数ヶ月は、被収容者は床に敷いた藁や藁布団に重なり合って夜を過ごした。

真冬はマイナス数十度になると聞くポーランド。藁で寝るには限界がある。弱い者は死ぬしかなかった。凍死する方がましだったのかもしれない。

トイレの時間でさえ管理制限されていた。もはや人間の生活ではない。

洗面所だったかな。

あまりに濃密すぎたので、外へ出て空気を吸った。

10号棟では人体実験も行われていた。実験用の女囚と書き記され、実験中に死んだり、死体解剖のために殺されたりした。手術実験では麻酔をつかわなかったので、犠牲者たちは多くの苦痛をもたらした。生還しても大半が不随になったという。不随者となった者はガス室送りとなる。

11号棟中庭

10号棟と11号棟の間に中庭では銃殺刑を行われた「死の壁」がある。

死刑判決を受けた囚人や11号棟の収容者を銃殺した。

多くの花束がお供えされている。

ここを通っていったのか・・・。

裸電球か寂しげだ。

ここも首吊り台となっている。住居棟からも見える距離にある。

ガス室入り口付近

内側の朽ち果てた壁がおぞましい。

実際にガスが送り込まれたガス室。気づかなかったが、壁には這い上がろうとして周囲には引っかき傷が残されていると後から聞いた。弱い者は下敷きとなり、強いものが這い上がる。

ユダヤ人を殺害し存在を消す為に横には火葬炉が待ち構えている。

現代の火葬炉では体格や肥満度によってかわるが速ければ40分、おおよそ1時間程度でお骨上げができる状態になる。当時は1日最大340体火葬することができたそうだ。

ガス室を抜けて外から撮影した。ブログでは残しきれない動画・画像を沢山収めてきた。希望があればコメントください。公開できない写真や動画もあります。

第1収容所から3キロほど離れた場所にあるビルケナウ。時間がなくて写真撮影のみで終わってしまった。

入口付近では沢山の花が咲いていた。

本当に広い。

ユーラシア大陸の各国から集められたユダヤ人の方々。心からご冥福をお祈りします。

参考情報とリンク一覧

アウシュビッツホームページ(予約可能)

アウシュビッツ個人観光(公共交通機関行き方)

ハバロフスクから出発した

ハバロフスクに到着してから、あっという間に6日間が過ぎた。

中央食品市場、ローカル食堂、レーニン広場。

沢山の思い出をつくることができた。

可愛子ちゃんにも会えたしね♪

重い腰を上げて、西に向けて移動することにした。

次の目的地はビロビジャン。

Iron Tigers Clubの仲間が集まるから顔だしてと紹介を受けた。

バイカーとの交流を通じて、今後のルートの情報を得る予定。

2時間半で到着できそうだけど、写真とか動画とか撮影するから、

4時間程度を見込んで出発した。

6日間お世話になったゲストハウス駐車場からスタート。

後ろで撮影を観られてたみたい。

ハバロフスク→ビロビジャン

前日の天気予報では晴れだった。

が、雨音で目が覚めた。

テンション下がる。

出発した駐車場ではない何処から応援の声がする 笑

テンション上がる。

単純が一番。

元気に手を振って出発した。

ヘネシーハンモックで宿泊してみた。

島根県の柳茶屋キャンプ場で宿泊した。

日中は夏日が増えてきているけど、

夜となると、やはり冷え込むんだよね。

気になった2点

寒くて起きてしまった

腰から背中にかけて寒くて夜中に起きてしまった。

寝床にダウンシュラフを入れて寝てたけど、

接地面はダウンが潰れて保温効果が下がるのが原因。

それとシュラフに入るには慣れが必要。

荷物の置き場に困った

背負ったバックパックの置き場がない。

テントなら仕舞い込めるがハンモックは無理だな。

更に脱いだエンジニアブーツの置き場にも困った。

外に置いて寝てしまうと、

野犬に咥えてもってかれそう。

東京の隠れ宿、瀬音の湯へ行ってきた

秋川渓谷にある瀬音の湯

週末の土曜日は快晴に恵まれるとしり、前日からウズウズしていた。

仕事中にもかかわらず、何処へ行こうかと思考を巡らせていると、

「瀬音の湯」が浮かんできたので即決定!!

動画撮影も兼ねたかったので、出発前に収録予定だったけど、

出発時にバタバタして混み出す時間帯に差し掛かってたので、

撮影せずに出発してしまった。

 

やはり渋滞に巻き込まれた

中央道経由でむかうつもりだったが、環七通りの渋滞回避で、

下道経由で西東京市(五日市)へ向かうことにした。

 

コンビニへ立ち寄る

下道でも渋滞にはまり、疲れたのでコーヒーを飲んだ。

 

ボジ婆&ネガ爺

ボジ婆&ネガ爺

何かとアイコン化されてきている、トロール人形をパチり。

見かけたら、気軽にお声掛けくださいね。

 

気持ちよかったのでパチり

気持ちよかったのでパチり

きもちいい道。

バイク乗りが多数追い越してゆく。

瀬音の湯手前でパチり。

この季節になると、バイク乗りが非常に多くなってくる。

サービスエリアで駐車してるバイクを眺めてるだけでも楽しい。

過積載のバイクなんか見ると、こっちまでワクワクしてくる。

 

ハイキング客も多い

さて、瀬音の湯入口で花が綺麗だったので停車。

ハイキングのお姉さんのリュックと色が同じ色だ。

パチリ。

 

ここを右折すると瀬音の湯へ到着する

この看板が見えれば、瀬音の湯は目の前。

目印としてパチリ。

ここを右折しましょう。

 

二輪専用駐車場

二輪専用駐車場がある

すれ違うバイクの台数とは裏腹に、リトルカブが一台だけ駐車してた。

 

さて、目的地の瀬音の湯へ到着。

 

東京の隠れ宿

目的地に設定した「瀬音の湯」は秋川渓谷にある。

東京都内からもアクセスがよく、バイク・自転車・ハイキング客に有名。

立寄り湯で認知度が高いが、実は宿泊施設も充実している。

TV番組に取り上げられるごとに、宿泊予約が取れにくくなってきてるのが残念。

じゃらん・楽天からも予約ができる。また、直接の予約も可能だ。

 

 

瀬音の湯 外観

休憩できる中庭

休憩できる中庭

立ち寄り湯が人気。

風呂上がりには中庭で、うたた寝が最高!

 

宿泊予約は宿へ直接予約がオススメ

サイトを通じての割引特典がないこともあり、直截予約する方が何かと都合がいい。

例えば、希望日が満室であった場合にはキャンセル待ちを申し出ることができる。

今までも、数回キャンセルが出たことで予約を入れられたことがあった。

 

宿泊施設は2種類ある

デラックスタイプ

デラックスタイプ(外観)

 

メゾネット(外観)

メゾネット(外観)

 

メゾネットタイプ客室

メゾネットタイプ

メゾネットタイプ(客室)

メゾネットからベランダを望む

メゾネットからベランダを望む

デラックスタイプとメゾネットタイプがある。

詳細に関しては、瀬音の湯のホームページを参照して欲しい。

どちらにも宿泊したことがあるメタボン。

使い分けとしては下記のようにしてる。

  • デラックスタイプ→バイクで来場
  • メゾネットタイプ車で来場

ん、何故?

理由としてはデラックスタイプは道路に面してるので、

愛車をコテージ前に駐車しちゃってる。

少し離れたところにバイク専用駐車場もあるが、

愛車を近くで感じていたい。

酒飲んで、眺めるだけでも楽しいしね。

盗難に関してもコテージ前に置くと安心感が違う。

許可を受けてません(自己責任でお願いします)

 

コテージ泊の魅力

①ベランダを開放すると、心地良い川のせせらぎが耳に届く!

②食材持込で自炊が可能!(これが便利!!)

 

キッチン備品

キッチン備品

部屋に居ながら大自然を感じ取れる!

アウトドア嫌いの彼女にも楽しんでもらえる時間がある。

食器・箸・ナイフ・ワイングラス、ワインオープナーまで揃ってる

極上のステーキ肉を焼いて、赤ワインを楽しんでも最高!

>>瀬音の湯HPリンク)

 

記事が長くなるので、二回に分けて投稿しますね。

次回は近くの絶景ポイントを紹介します。

パッキングリスト整備工具編

整備工具類

整備工具類

昨日はパニアケースに入れる持参道具について記事にしてみた。

今日は整備工具について、記事にしてみようと思う。

総重量 4.56kg

メタボンには整備スキルが無い

整備スキルに関して不安を拭えないメタボン。

オイル交換・ブレーキパット交換・ワイヤー調整

実力はこんな程度。

 

世界一周中のバイク整備項目

  • パンク修理
  • オイル交換
  • ブレーキパット交換
  • タイヤ交換
  • ダンパー交換
  • クラッチワイヤー交換
  • 前後のスプロケット交換
  • チェーン交換
  • 輸送用にコンパクト化(ハンドル回り、フロント周り)

 

メンテナンスはバイク屋へ依頼する

基本的にバイク屋へメンテナンスはお任せする予定でいるが、

不測の事態を考慮し、タイヤ交換を出発前に実施予定。

同じテネレ乗りのMMGさんから、

裏技道具を教えてもらったので調達予定。

 

モトランド蒲田店

日本では希少車に該当するXT660Z。

幸にも東京の大田区にテネレを得意とする店があった。

出発前に前後のスプロケット&チェーン交換を依頼済だ。

上記の整備項目を洗い出したので、持参工具の最終確認予定。

モトランド蒲田店