メタボンの地球ZIGZAG

Trip around the world.

Tag: オイル交換

前後タイヤ交換時期を迎えた

先日もフェイスブックで紹介したトルコのテネレのりグループには色々とお世話になっている。

そろそろ後輪のタイヤ交換をしなければならないので良いバイクショップを教えてほしいと聞いてみると色々と返信が帰ってきた。嬉しい限り。

İzmirへ舞い戻る訳

エーゲ海沿いのフェトヒエという港町にいたこともあり、İzmirへ舞い戻る経路になってしまった。当初、イスタンブールで交換できるところはないか聞いてみると、同じタイヤ交換でも9000円程度違ってくることもあり、İzmirへもどった次第。イスタンブールはやっぱ全体的に高い印象をもってる。

走行距離 7000km程度、モンゴルの悪路を走破してくれたタイヤ。ここまで減ってくるとアスファルトでもカーブの際に横滑りし始めていたので交換した。安全第一だからね。

選んだタイヤ

アナーキーワイルドの在庫がなかったので、同じKAROO3でお願いしていた。しばらくするとオーナーが今後のルートを聞いてきた。スペインまではアスファルトが多いいので別の良いタイヤがあるよと提案された。

HEIDNAU

同じXT660Z乗りが40,000kmという脅威のロングライフタイヤとおススメなんだそうだ。これならばスペインのハッピーライダーで後輪交換だけでアフリカ大陸入りできそう。

ブロックの高さがとても高いので期待出来そう。オフロード50:オンロード50の配分なので、アナーキーワイルドに配分がにているな。見た目はやはりアナーキーがカッコいいかな。後は走ってみてかな。

見た目は大丈夫でもプロは見逃さない

フロントタイヤに関しては出発してから一度も変えていない。おおよそ2万キロを超えて頑張ってくれていた。ブロックもまだまだあるしスペインで交換しようと考えていた。

スタッフから偏摩耗してるから交換時期だよと指摘された。前後交換することにした。

これから物価が高くなるので、いま交換して置いてラッキーだったかな。

お会計

前後タイヤ交換、チェーンアジャスト、タイヤ廃棄含めて 15,000リラ(日本円換算 27,000円)

こんな見た目になった。皮むき100kmはゆっくりと走ろう。

場所

マイクロロンを使ってみた

マイクロロン 8OZ

マイクロロン 8OZ

先日、エンジンオイル交換をしたタイミングで、

以前購入したマイクロロン をいれて試走してきた。

マイクロロンって何

HPより抜粋

マイクロロンは摩擦、磨耗を減少させて、エンジンの効率を高めベストコンディションを維持する金属表面処理剤です。

※尚、詳細に関しては、メーカーHPで確認していただきたい。

 

愛車を労わって末永く走りたいならと、知人からの受け売りで購入してみた。

施工手順のアドバイスをいただいたので下記に残します。

施工ポイント

  • エンジンオイル交換の際に実施する。
  • オイルフィルターを新品へ交換する。
  • エンジンオイルは規定量を守る(減らさない)。
  • マイクロロンはオイルに予め混ぜた状態で投入する。
  • 投入直後に最低30キロ以上走ること。

 

早速入れてみた

XT660テネレは、フィルター交換をした場合、2.6リットルのエンジンオイルが必要。

濃度8%に調整するためには8オンスの全部入れると丁度良い量となる。

最初はマイクロロンを混ぜることで、総量が増して溢れ出ないか心配になったが、

無事施工を終えることができた。

 

施工後の感想

約1000キロ程走行してみた感想としては、

シングル特有の振動がだいぶ減った印象。

ダダダダッって暴れて加速していたエンジン音が、

シュシュシュシュってジェントルに加速するようになった。

明らかにメカノイズが消えた。

燃費や出力に関してはまだ体感してはいない。

ネットの書き込みをみると賛否両論だが、

やってよかったと思える結果になった。