メタボンの地球ZIGZAG

Trip around the world.

Tag: ウエストライド

【WESTRIDE】ディアスキングローブがオススメの理由

お気に入りのグローブがずぶ濡れ・・

前日、雨天走行してレザーグローブがずぶ濡れになった。いままでのレザーグローブだと、乾くと硬くなって折り目がつくことがあった。結果折り目から裂けて使えなくなることがあって不安になった。

乾いたら元どおり!!

翌日、遜色なく柔らかくて驚いた!!

全然ヘッチャラ。

装着感とグリップ感

レザーのカシミヤって表現がとてもいい。そんな感じ。

装着してみるとわかる。

某人気のレザーグローブを買ってもっているんだけど、グリップが比べ物にならないくらいよくできてる。

ウエストライドの商品は本当によく考えられて作られているから自信を持ってオススメできる。

>>DEERSKINグローブ

 


以下、抜粋

商品スペック

<< Material >>

DEERSKIN

<< Ornament >>

ROUGH OUT PADD/GATHERD WRIST

<< Explanation >>

WEST RIDE 16FW NEW ITEMCLASSIC SHORT GLOVE」。手首の骨の突起部分ぐらいまでの長さのGLOVEになります。

1897年ワシントン州セントラリアでジェームス・チャーチルによって創業したCHURCHILL GLOVE社へ別注するNEWライン。LEATHERのカシミアと呼ばれる最上級のDEERSKINを使用した同社の代表的MODELをベースとし、掌に充てたWESTRIDE独自の低反発のウレタンフォームパッドシステム、パターンを採用し操作性、耐久性を向上。通常ラインのチャーチルグローブの2倍以上の耐久性があるのも納得の出来です。

DEERSKINは柔軟性や通気性・吸湿性が高く、他のLEATHERと比較しても硬化しにくい特徴を持つため「天然の機能性素材」と言われる程の高性能素材。フィット感にも優れRIDINGの際の長時間の使用でも不快感も無く非常に丈夫。また使い込むことで使用者の手の形により一層馴染んでいきます。

「原点回帰」に相応しく、王道的でCLASSICLEATHER GLOVEとなりました。MADE IN USA

*SIZEについて(手の周囲 親指付け根(人差し指側)から)

指の長さや好みによりSIZE表通りでない場合もございます。

XS-1719cm前後(LADYS対応)

S-1921cm前後

M-2123cm前後

L-2325cm前後

XL-2527cm前後

モンゴルに国際郵便で届きものが!!

新潟から国際郵便が届いた!

お気に入りのWEST RIDE

先日、ホリホン島でバイクの転倒とジャケットの紛失をしたことを中井さんへ伝えると、快く新品を国際‘郵便で送っていただいた!!

新作のTシャツも同封されていたのでビックリ!!中井さんの心意気に感謝です!!太田部長、発送の段取りでは色々とご迷惑をお掛けしました。

New storm weather JKT

今回の旅では欠かせないアイテムがこのウエストライドのストームウェザージャケット。レインウエアにもなり、防寒着にもなる優れもの!!

>>関連記事:バイク旅にオススメのジャケット

>>ジャケットスペック

【WR】バイク旅にオススメのアウタージャケット

個人的に質問が多いので、今回は着用しているジャケット紹介。

長年、バイクウェアではウエストライドにお世話になっている。今回の旅を伝えると、快く商品をご提供してもらった。やっぱね、かなりいい 笑

New storm weather JKT

>>ジャケットスペック

ロシアは過酷な走行環境

突然の豪雨と晴天の繰り返し

広大な土地のロシア。夏を迎える6月になっても気温が32度から1桁台まで幅がある。又、1日の走行中だけでも色々な天候を経験させられる。このアウタージャケットはね突然の豪雨も全然へっちゃら!!防水対策が相当されてるから一切、雨水の侵入がない。また自分の汗で濡れることも今のところ経験してない。やっぱ着てみると物作りの姿勢が本物だなぁとつくづく思う。

アブと衝突の日々

時速100kmで巡航しているとアブと衝突する。バイクのフロントカウルは日々大変なことになっている。走行後だと乾いてしまって剥がすのに苦労する。当然、ジャケットにも同様にアブは衝突してきて潰れる厄介者。繊維素材についてはよくわからないけど、死骸が乾いていても水を流すだけで綺麗さっぱりと消え去ってくれるから凄い!!プロテクター入りジャケットだと凹凸が多くてアブが繊維に刷り込まれてしまう気がする。ちとキモい。

Made in Japan だけあって、縫い目には抜かりなく防水加工がバッチリ施されている。

腰回りに絞りが付いている所も気に入っている。お尻側の裾には走行中に上にあがってこないようにゴムとドローコードが付いている。この配慮と気遣いが嬉しい。

ロシア走行での着まわしパターン

パターンとしては朝の出発前の準備段階で汗をかく。ロングTシャツで出発。10分も走れば汗は乾き体温を奪っていく。そのタイミングでこのジャケットを着込むと絶妙に丁度いい!少し汗が残っててもいつの間にか乾いてる。

ストームウェザーJKT × インナーダウンで最強に!

森の中を突っ切る幹線道路は湿気が増してロシアでは気温がグッと下がる区間を経験してる。1桁台の気温。そんな状況になったらインナーダウンを中に着込むことで十分対応できる。そう、テント泊予定している人はインナーダウンは必須だからね。夏夜寒いよ。マジで。

デザインがいい!

防寒着にもなるしカッパとしても超優秀。さらにタウンユースできるデザインがこのうえなく気に入ってる。あまりにライダーユースに振れていると街で着てあるけないしね。

またね、パカパカ。

やばっ!!68kg→80kgへ急増

やっばーーい!

日帰り温泉施設にて体重を測ったら80kgになってた!!

連日の暴飲暴食が祟っていたのは間違いない。

「メタボン」なんてゆるキャラの響きには程遠く・・・

完全中年メタボおじさんになっちった。

そうだよな〜ゆるゆるだったパンツが、

最近パツパツになってたしね。

正直、やばいな〜って予感してた。

てか、現実直視したくなかったのが本音。

風呂上がりに体重計を横目に避けていたし。

 

昨日、ウエスタンリバーでサイズ合わせたら、

もともとW32→W34になってた。

※実はこれでもウエストきつかった(笑)

試着中の会話

中井さん:あれっ!あれっ!太ったんじゃない!?

メタボン:さっき12kg増加したのを知りました。

中井さん:・・・・。

中井さん:腹にジーンズ食い込んでるよ!

メタボン:あぁぁ・・ですね(苦笑い)