メタボンの地球ZIGZAG

ZIGZAG World Trip

カテゴリー: VISA

アンゴラビザ取得について覚書

覚書として残してます

◆アンゴラビザ申請日と受取
申請日 月曜 火曜(午前中のみ)
受取日 金曜日
申請場所 ガーナ アクラ

◆必要書類について
注意→全てA4サイズに揃える
1. パスポート
2. パスポートコピー
3. ガーナビザコピー
4. 自己紹介文(ポルトガル語翻訳)
5. 銀行の残高証明書
6. クレジットカードのコピー
7. 旅行工程表
8. 証明写真 2枚
9. ホテルの予約確認表

2019.03.20 水曜日
ガーナ入国

2019.03.21 木曜日
アクラ移動

2019.03.22 金曜日
今日中に申請を終える勢いで動いた。アンゴラ大使館で必要書類の確認を終えて、ポルトガル語翻訳のレターが必要となった。紹介先の翻訳代理店へ向かうも、何故かイミグレーションへ行く羽目になる。だが必要なし。再度翻訳代理店へ舞い戻ることになる。不要な移動となった。ネットで調べた翻訳代金が1枚当たり50セディに対して150セディを請求。黄熱病カード、国際ライセンスカードなども含めて4枚の翻訳が必要と言い出す。合計600セディ(日本円13,000円)。腑に落ちないのでアンゴラ大使館へ再度確認へ向かうことになる。幸い受付女性がおり確認を取ると、通常料金の3倍であること、不要な翻訳作成が発覚した。

2019.03.23 土曜日
旅行工程表を英語とポーランド語で自作する

2019.03.24 日曜日
休み

2019.03.25 月曜日
アンゴラ大使館へ申請書類一式を持参するも、正規翻訳代理店が発行したドキュメントが必要となり、振り出しに戻る。翌日火曜日に持参することになる。
大使館を後にして渋々元の翻訳代理店へ向かうと冷たい対応。正規料金50セディを伝えても150が正規料金とのことで妥協した。自己紹介文のみで制作代金150の支払い。

2019.03.26 火曜日
作成したドキュメントを持参して開庁時間に合わせて訪問するが、急遽大使館の工事となり受付できないことになる。前日にわかってるのに教えてくれない。明日来てと言ってて休館とか意味不明。木曜日に出直すことになった。

2019.03.27 水曜日
特になし

2019.03.28 木曜日
朝、携帯電話が鳴り11時に来るようにと、守衛から連絡があった。定刻に行ってみると12時半だとすり替えられてしまう。炎天下の中、外で待つことになる。時間になったので大使館へ向かうと、今度は午後3時に変更となる。いい加減にしてと不満を述べるが、守衛に責任はない。一旦ホテルへ戻るが、今度は前倒しとなり3時前に向かうことになった。やっとの事で、大使館へ入ることができた。VISA代金の70ドルを銀行にで支払うことになるが、4時までにレシートを提出する必要が出てきた。既に3時を過ぎている。しかもホテルの予約票コピーを用意してこいと追加が出た。目の前にあるコピー機でコピーしてくれればと2人で不満が噴出した。大急ぎで銀行へ駆け込み支払を終える。続いてコピー。タクシーで戻るも4時キッカリに到着する。受付女性は帰宅準備を終えて正面玄関から帰宅する為に出てくる。守衛に渡してと残し帰路についた。支払ったレシートとパスポートを守衛に預けて、翌日にビザを受け取りに来ることになった。あぁギリギリセーフ。待たないんだね。散々待たせて、終わらない追加作業増やしといてw

2019.03.29 金曜日
意気揚々とパスポートを受け取りに行くと、今度はポルトガル語翻訳ドキュメントにサインがされてないから、来週取りに来て欲しいと口にする。珍しくタケヤンから不満が噴出した。あれだけ不備がないか確認して欲しいと再三言っていたからだ。結局、翌週火曜日を月曜日に前倒しする事で折り合いをつけた。

2019.03.30 土曜日
休み

2019.03.31 日曜日
休み

2019.04.01 月曜日
パスポートを貰える確証はないが、バイクに荷物を括り付けて出発。無事にパスポートとビザを貰うことができた。

今回もなかなか手強いVISAだった。

難関だったガーナビザ取得への道程(inコートジボワール アビジャン)

申請前にネットでアビジャンでの過去取得実績を調べてみると、比較的に簡単にビザ発行してくれているようだ。

下準備もせずに訪ねてみると受付の中年女性に門前払いを食ってしまった。

さて困ってしまった。

取得するまでの流れを記録として残してます。

申請ポイントは2つ

1. コートジボワールビザは3ヶ月マルチが必要

2. 受付の中年女性を避けるが吉

提出書類について

↑↑申請書類サンプル↑↑

通常は申請フォームと証明写真・各種コピー持参で可能

1. 申請フォーム(同じものを2枚提出)

2. 証明写真 2枚

3. パスポートコピー(カラー版 1枚)←重要

4. 現地ビザのコピー(カラー版 1枚)←重要

5. ホテル予約書

6. 40,000CFA(日本円換算 約7,700円)

提出書類が他にでてきた

必要となった経緯については以下記事をご覧ください。

1. 過去通過ルート(通過国・入国日)↓

2. ガーナ通過予定ルート(ルート日付等)↓

断り続けられた4日間

想定外だったガーナビザ取得。

大苦戦した。

アビジャンのガーナ大使館へ通うこと4日。

やっと申請書フォームを入手し提出できた。

初日には受付中年女性が在住証明書(residence CARD)所持してなければビザは発行できないと門前払いを食らってしまった。

相棒2人と困惑していると、

他国の白人達は簡単に申請が通っていく。

片っ端から声をかけていく。

シングルビザでも取得できてる人もいる。

フランス人は優遇されてる?

フランス人はビザ取得が楽に取得できているが、我々と同様に困っていたのがエストニア人とトルコ人だった。申請するエージェントと共に困り顔。

一旦退散して、ホテルに戻ることにした。

自分たちに不備がないか念入りに調べると、

相棒が現地ビザがシングル1ヶ月と指摘した。

更に調べてみるとマルチビザ3ヶ月は

在住証明書と同等扱いになる。

ふむふむ・・・

えっ、俺達なんでシングルビザなの?

記憶を遡ってみる。

まず、コートジボワールビザはダカールの大使館で高いお金を支払って取得している。

通常は3ヶ月マルチを発行するのだが、受け付けた女性によってシングル1ヶ月になってしまったのだ。

こちらが確認しなかったのが落ち度だ。

おそらく差分は彼女の懐へ入るのだろう。

どうりにで終始ニコニコしてたわけだなw

今更文句を言っても仕方がない。

ビザの延長手続きでビザ発行可!?

さて、調べてみると現地で滞在期間を延長することができるようだ。

仮に1ヶ月を3ヶ月に延長できればガーナビザ取得できる可能性が出てきた!

そんな淡い期待を持ってガーナ大使館へ確認を兼ねて再訪。

若い男性スタッフは渋い顔を隠さない。

一度、ビザ発行できないと口にしている手前

簡単に発行するといえないのだ。

ガーナ入国が必要な理由を伝えた

ガーナを通過できないとすると、我々はコートジボワールを北上してブルキナファソ経由でトーゴへ入国することを強いられてしまう。

実は日本大使館からもテロ組織が活発化したマリの影響を受けてブルキナファソも情勢が悪化をたどっているのだ。更にトーゴ へ入国することになると、危険度が高い赤いエリアを通過する必要が出てきてしまうのだ。

それは避けたいところ。

だからこそガーナを通過してトーゴへ入国したい。通過には3日間あれば可能と必死に伝える。

すると彼の受け止め方が変わり申請書をくれた。

自分にとっては面倒で統一化された申請条件も無い。全ては受付女性の裁量に任されてるビザ取り、いやー面倒の一言でしたw

アフリカ旅の強者にとって、ビザ待ちたった4日だけと笑われるかもしれないね。

【2019年度】アフリカビザ情報

第三国申請

申請場所:セネガル(ダカール)

申請国:ギニア

必要書類:写真2枚、申請書類、パスポートコピー、50,000CFA(約9,600円)

取得日数:翌日受取(1営業日)

難易度:★☆☆☆☆

申請場所:セネガル(ダカール)

申請国:コートジボワール

必要書類:写真1枚、申請書類、パスポートコピー黄熱病コピー、85,000CFA(約16,300円)

取得日数:翌日(1営業日)

難易度:★☆☆☆☆

申請場所:コートジボワール(アビジャン)

申請国:ガーナ

必要書類:写真2枚、申請書類、パスポートコピー(カラー1枚)、コートジボワールビザコピー(カラー1枚)、40,000CFA(約7,700円)

取得日数:3営業日

難易度:★★★★☆

>>困難を極めたガーナビザ

 

申請場所:ガーナ(アクラ)

申請国:アンゴラ

必要書類:パスポート、 パスポートコピー、ガーナビザコピー、自己紹介文(ポルトガル語翻訳)、銀行の残高証明書、 クレジットカードのコピー、旅行工程表、証明写真 2枚、ホテルの予約確認表

取得日数:要確認

難易度:★★★☆☆

>>アンゴラビザ取得について

 

 

国境で取得できるビザ

申請場所:モーリタニア

申請国:モーリタニア国境

▶︎入国費用

    ビザ代金 55€
    カスタム書類作成 10€
    バイク保険 8€ (3日間分)
    ガイド手数料 5€

流れ(モーリタニア側)

    ガイドを捕まえるが吉→ビザ事務所前にいる
    ビザ入手する為に事務所へ出向く→入口入って左側
    カスタムへ行き書類を受け取る→ガイド案内
    バイク保険加入→ガイド案内
    現地通貨ウギア入手→ガイドが換金可能
    ガイドへ御礼を包む

▶︎ポイント

  • スペインで€で現金を引き出して置く
  • 縦断に必要なビザ代金は日本円で15万円程度
  • アフリカ北部〜中部 €が使える所が多い
  • アフリカ南部 US$が使える所が多い

申請場所:トーゴ

申請国:ガーナ側国境

詳細情報を残すの忘れてました。

以下、ブログ内記事で少し触れてます。

取得は超簡単なのでご安心下さい。

>>アンゴラVISA入手

申請場所:ベナン

申請国:トーゴ国境

アライバルVISA取得

トーゴ・ベナン共に陸路にてアライバルVISAを取得できる。

滞在期間は8日間だがイミグレーションで手続きすることで延長が可能。

ビザ費用:10,000CFA(日本円換算 1,900円程)

カスタム: 6,000CFA(日本円換算 1,150円)

>>トーゴからベナンへ入国

保護中: ロシアビザセンターへ行ってきた

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。