メタボンの地球ZIGZAG

Trip around the world.

Category: 海外保険

旅には危険が隣り合わせ。事故・病気・怪我。どれも避けたいこと。自分が加入した保険を公開。

海外保険が下りない国がある!?

誰だって交通事故を起こそうと思って起こしてない。仮に自分が完璧な運転をしていたとしても、相手は完璧ではない。多額の請求をされる前に海外保険には必ず加入しておこう。

さて、今回は海外保険に加入しているが注意して欲しい点について触れて行くよ。

交通事故で海外保険が下りない国がある!

モンゴルへ入国した際に知ったこと。それは日本の国際免許が有効でないという事実。つまり何が言いたいかというと、海外保険に加入していても交通事故で入院することになった場合には保険が使えない可能性が非常に高い。

ジュネーブ条約とウイーン条約

日本はジュネーブ条約(1949年)に加盟しているので、ジュネーブ条約を締結した諸国で国際免許が有効となる。

因みにモンゴルはウイーン条約(1968年)に加盟しているので、日本の国際免許は有効とならない。

保険会社だって支払いたくない

事故を起こしたからといって簡単に保険金が受け取れるわけではない。当然、加入者側の過失がないか慎重に調べてくるだろう。上記にあるように国際免許が有効でない国での交通事故に関しては、そもそも無免許で運転している扱いになるから特に注意が必要だ。

他にもあるぞ!

例えば内戦などが起きている紛争地域で交通事故を起こしても保険が下りないからね。自分の加入した海外保険の約款に目を通しておくことも大切。

国際免許が有効な国一覧

情報ソース(外部リンク)

国際免許が有効な国

モンゴルの国際免許

関連記事

海外保険に加入しておこう

海外渡航の際には海外保険へ加入しましょう!

渡米先のメタボン

懐かしい写真が出てきた(笑)

メタボン・ニューヨークへ

去ること14年前、2004年にメタボンは渡米した経験があります。
当時やっとパソコンを触りインターネットを知り始めたくらいのメタボン。
情報収集といえばネットか地球の歩き方くらいだったかな。

海外へ出るのも初めてだし、渡航先の情報にはアンテナを張っていた。
特に治安や観光名所などを頭に叩き込んで事前準備万端とおもっていたが、
病気や事故での怪我を起こした時のリスクを一切考えていなかったのだ。

海外保険未加入でアメリカへ飛んだ!

海外保険の存在も知らない私は保険未加入で渡米生活を送っていた。
今考えてみると冷や汗ものだが、当時はリスクに頭が回らない阿保でした。
本当、病気や事故などの不運に見舞われなくてよかったと思う。

海外ツーリングでは必須の海外保険

これから海外での長旅やバイクでの渡航を考えている人は、
必ず海外旅行保険に加入していきましょう。

発展途上国でのバイク事故エピソード

海外バイクツーリングで有名な”バイクの松尾さん”からエピソードを一つ。

それは、医療設備の整っていない国でバイク事故を起こし、

緊急搬送でヘリで搬送された話。

幸い命に別条はなかった事故だったようですが、

結果、数週間の入院生活を余儀なくされました。

で、後日請求が軽く700万円を超えていたと聞きました。

※海外保険入ってて助かった!(バイクの松尾さん)

知人から出題された問題を出題!

さて、ロシアでバイク事故を起こして、

日本に緊急搬送すると一体幾ら費用が掛かるでしょうか?

ヒント、ただ日本に連れてくるだけですよ。

答えは・・・・・約 2,500万円程!!

驚きません!?

不安を煽るわけではないですが、病気や怪我での医療費用をご覧ください。

海外での事故例(ジェイアイ傷害火災保険株式会社)

免責事項について
海外保険の免責事項に関しては必ずお目通しください。
国の情勢が不安定・悪い国は除外されていることがあります。
それらも含めて、渡航ルートをお考えましょう。

バイクの松尾さん

バイクの松尾さん

バイクの松尾さん

長年勤めた会社を退職したことを機に海外ツーリングに目覚める。
現在、地球を39万キロを走破して現在も距離を伸ばし続けるレジェンドです。
更に御年74歳を迎えているから凄い。

秘めた特殊能力
どんな僻地でも日本語のみで何としちゃう特殊能力をお持ちです。
エピソード一つ一つが爆笑伝説です。

オートバイひとり旅・地球走行中WTNJ主催のお話会などに遊びにいらしてみてはどうでしょうか?
きっと楽しいですよ。