メタボンの地球ZIGZAG

ZIGZAG World Trip

カテゴリー: 旅の道具 (page 3 of 5)

MacBook Air シガーソケット充電器!

WeCharger

WeCharger

 移動中のノートPCへの給電方法が必要

日中は西へ向けてひたすら走り続ける日々。

基本、宿泊に関してはテント泊を予定している。

財布の紐が固いメタボン。

 

さて、問題となるのが、ノートPCの電源確保。

日々の情報収集・ブログ更新に欠かせない道具。

当初は安宿で宿泊した際に充電する予定でいた。

 

あれっ、連続稼働時間が頼りない!?

メタボンはmacbook air 11インチを所有している。

13インチに比べて稼働時間が短いことは知っていた。

しかしカタログよりも少ない稼働時間がネックとなった。

 

WeCharger MacBook MagSafe2導入

そこで走行中でもシガーソケット給電できるように導入した!

 

シガーソケットへ挿し込む

シガーソケットへ挿し込む

メーター機器の直下にあるシガーソケットへ挿入する。

 

無事に給電された

無事に給電された

オレンジ色に点灯。

無事に給電されることが確認できて一安心。

これでブログ記事更新、情報収集に時間を気にせず使える。

オススメ商品です。

 

GoProリモコンを導入したら超絶便利!

メタボンの動画撮影にはGoPro session5を利用している。
小さくてサイコロみたいで、可愛くて仕方がない。
又、上部のボタン1つで録画、停止と使い勝手もよい!

GoProセッションの2つの弱点

 ①ボタンを押せたのか分からない時がある
バイクツーリングで多用することもあり、
グローブをはめたままボタンを押すと、
押せたのかどうか不安になることだった。
当然、押せてない場合は録画できない。
貴重な映像を残せないのだ。

②ヘッドマウントでは確認が困難
セッションにはフロント部分にLEDが仕込まれており、
赤く光ることで録画中がみてわかる。

が、しっかーし!!

走行中に首を折り曲げて録画中なのか、
サイドミラーで確認するのが非常に困難。
これは交通事故の危険も潜んでいる。

SmartRemote

SmartRemote

 

純正リモコンで全て解決した

スマートリモートを導入することで解決!!
使い方は、動画を見てやってください!
※チャンネル登録をお願いします

Amazon

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ用アクセサリ スマートリモート ARMTE-002

BMW R1200GS go pro リモートコントロール ブラケット スイッチマウント リモコンホルダー

スマホナビ Sygicが凄かった!

Sygicを使ってみた

Sygicを使ってみた

バイクナビにはiPhoneに入れているヤフーカーナビを多用していた。

今後は渡航先の海外で利用するナビに使い慣れておく必要が出て来た。

関連記事>>世界一周スマホナビでは役不足!?

Sygic

Sygic

Sygicについて

有料のスマホ用ナビアプリです(App Store 2,900購入当時)

  • ユーザーインターフェイスが優れている
  • オフライン利用可
  • 各機能が個別に購入することが可能!

Sygicを使ってみて感じたこと!

先日のツーリングで利用してみた感想は圧倒的に見やすい!

Dって普通なんだろうけど、起伏・高低差がリアル!

説明よりも、スクリーンショットをご覧いただきたい。

iphone5s

iphone5s

勿論、「圏外」でも利用が可能です(左上)

スクショ位置

スクショ位置

スクリーンショットは確か、ここら辺で残した記憶。

ブラインドカーブで役立つ!!

今まで目的地設定もせずにナビを起動しておくことが多かった。

山道のワインディングでは次のカーブがどれくらいカーブ深いのか事前にわかる。

Sygicを導入したことで、更に「上り」「下り」起伏情報も加わった!!

App Store

>>Sygic

世界一周スマホナビでは役不足!?

出典:世界地図帳 平凡社

出典:世界地図帳 平凡社

世界地図帳が必要な2つの理由

①目的地の設定には英語の地名が必要!
②現地の人に説明を聞くにも紙の地図が便利(スマホでは小さすぎ)

実は世界一周用にスマホをバイクナビ専用に作り上げてた。
2つのアプリをインストールしてオフラインで利用できるようになってる。
もし、どちらか使えない情報だった場合には補完しあえるように組あげた。
下記がインストールされているマップアプリ。

Sygic

Sygic

Sygic (有料)
特徴
・UIが優れており、交差点・高速案内は優れている
・有料となる(ワールドトラフィック版 2,900円で購入)

e wp-image-1563″ src=”http://metabon1975.com/wp-content/uploads/2018/03/mapsme-1024×538.jpg” alt=”MAPS.ME” width=”676″ height=”355″ /> MAPS.ME[/caption]

MAPS.ME(無料)
特徴
・Sygicよりも詳細情報が豊富
Booking.comの口コミ評価情報有
・無料(世界地図が無料)

各アプリの使い分け

朝の出発時に当日の目的地をSygicで設定してナビする。(案内優先)
目的地に近くなったら、MAPS.MEへ切り替える。(現地情報優先)

上記で良いとこ取りとなって、使い勝手が向上すると教わった。

ワッツーメンバーと情報交換

アプリの使い方を説明したので、盲点だった本題へ話を戻します。
諸先輩達から海外での対処を色々と学ばせてもらっているメタボン。
そんな中、諸先輩方が「世界地図帳」を持っていることに気が付く。

あれっ!?

Garminもスマホにもナビが入っているのに、なんでだろ?
素朴な疑問だったので、理由を聞いてみた。

なるほど!!と気づかされた瞬間

目的地はどうやって設定するつもりなのと質問を受けて言葉が無かった。
そう!目的地入力は全て英語で入力する必要があったのだ。

この地図は目的地が全て英語併記されて便利!!

実はアプリをインストールして一度もアプリを使ったことが無かった。
美味しい料理レシピを入手して、一度も作ったことがないのと同じ。
我ながら、だめじゃん!

ヤフーカーナビ

ヤフーカーナビ

超絶便利すぎるヤフーカーナビ!

問題は便利すぎる「ヤフーカーナビ」を多様するあまり、
国内で一度もアプリを使用したことがなかったことだった。
もう、ヤフーカーナビが悪かったってことでいいかな・・・(嘘)

国内ツーリングでもビシバシ使っていきます!!

パッキングリスト作成準備

持参道具全体

持参道具全体

休日を利用してして、パッキングリストを作成する為に持参道具を全部並べて重さなどを確認してみた。

画像の道具一式を左右のパニアケースに振り分ける事になるのだが、

日々の設営をイメージしながら、適切に振り分けたいところだ。

 

設営イメージ

①設営場所を決めてバイクを駐車する

②テントを取り出して設営する

③調理器具を出して料理する

④就寝

 

そこで右側には調理関係を入れて、テント設営後に取り外して使いたい。

なので左側にはテント関係を収納することに決定した。

XT660は直立しやすいので、左側に重量がかかるように配慮した。

右側パニアケース(TREKKER OUTBACK 48L)

チャムス 5.47kg

ナイフ大 0.39kg

肩掛けバック 1.78kg

(タネほおづき、ヘッドライト、ハンマー、ユニフレーム、万能ツール、皮手袋)

合計7.64kg

 

左側パニアケース(TREKKER OUTBACK 48L)

マンフロット 1.24kg

ノマディカ 4.76kg(ポール2セット)

整備工具 4.56kg

ハンモック 1.56kg

タープ 0.65kg

巻き付けロープ 0.47kg

合計13.24kg

 

あれっ!左側ばかりに荷重が偏ってる。

左右同じくらいの重量配分したものだ。

再考しよう。

« Older posts Newer posts »