メタボンの地球ZIGZAG

Trip around the world.

Category: スマホ関連

モンゴルではMaps.Meの一択

※動画作成中

モンゴルへ入国して最初に困ったのがスマホナビ。実はロシアではGoogleマップを多用してた。ネット回線が繋がっている場所でルート検索してしまえば「圏外」になっても最後までナビを続けてくれるからだ。

モンゴルではGoogleマップが使えない

正確に言うとルート案内してくれないという表現が正しい。目的地を設定するとルートを引いてくれるのだが、肝心のルート案内をタップすると「プレビュー」という謎の動作をする。これはナビゲーションではないので時間が経過すると画面が消えてしまうこともあり実際使えない。

Sygicに悩まされたモンゴル

Sygic

事前にデータをダウンロードしておけば利用できる有料アプリのSygicだが、個人的にはモンゴルでは使えなかった。理由としては、目的地を設定して案内スタートするんだけど、道を間違えても何も教えてくれない訳。リルート検索に関しては、果てしなく先の町や村でUターンさせるというわけ。

例えばスタート時点で目的地まで10kmだったものが、いつの間にか75kmに増えて気がつくってこと。本来Uターンすればいいんだけど、仕様なので仕方がないところ。伝わるかな?

施設名検索が圧倒的に使えない

日本語・英語入力でもヒットしないことが多発。結局Google マップを表示させて確認しながら手動で目的地を設定する場面があった。

イベント表示がうざい

併用アプリを買ってくれというイベント表示がうざい。出発前に日本でテスト運用した際には期待度が高かったんだけどね・・・。

>>スマホナビSygicがすごかった!

Maps.Me大活躍!

MAPS.ME

モンゴルに入って困った状況になって初めて使ったMaps.Meだったが、圧倒的な情報量と直感的に使える設計なので神アプリといっても過言じゃない。経度緯度でも検索できるし、カテゴリー検索でのホテルとガソリンスタンドが超絶便利。booking. comの評価みれる。これ全部無料だから凄いの一言だね。

関連記事

世界一周スマホナビでは役不足!?

【ロシア】海外でLINEが使えない時の解決策!

昨年、出発されたS藤さんから、ロシアではLINEが使えないと情報を頂いていた。事前に知っていたので、現地で慌てることなく過ごすことができた。

さて、このLINEが使えない詳細な理由に関しては幾つか聞いてますが、確信が持てないので解決策のみを公開します。

海外サーバーを経由することでLINEが利用できるようになります。

VPN masterで解決!!

App: VPN Master – 高速セキュアなVPNプロキシ、デベロッパ: ALL Connected Co.,Ltd

ダウンロードして、利用開始をするだけでLINEが使えるようになります。

アプリを起動して、下の「電源マーク」をタップするだけ。

スマホの左上に「VPN」が表示されて入れば接続完了。

他アプリへ影響がある場合

便利アプリなら繋げっぱでいいじゃん!と考えましたが不都合が・・・。NTT050plusが接続が出来なくなりました。接続解除するとこで通常通り利用できるようになりました。

切断するには下の「停止」ボタンをタップでok!

無料アプリなので、広告表示がありますがLINEが使えるようになるなら気にしません。

翻訳に困ったらこうすべき!

グーグル翻訳って何かと助かっているアプリの1つです。

海外旅行へ行った際には必ず出番があります。

今までの渡航先は比較的、英語が通じる土地だったので英語の一択でした。

今回、ロシアに来て実感していることを記事にしました。

日本語→ロシア語変換は変だ!

単語のみならマシなのですが、文章を入力または音声入力すると、かなりの確率で誤変換されて笑われます。まあ、コミュニケーションをとるには笑いも必要ですよね。

さて、本題に移ります。

精度を上げて翻訳するにはポイントがあります。

答えは、間に英語を介して翻訳すること。

えーー、英語喋れないしというかた、昭和世代で有れば中学校で習いましたね。

大丈夫、メタボンも中学生1年生程度の英語しかできないし・・・。

まずは日本語を英語に変換します。

すると、明らかな誤変換はたぶん・・わかります。

更に補足情報を入れたい場合にも簡単に追加できます!

まず、日本語→英語 翻訳

翻訳された英文をコピーする。

今度は、中央矢印をクリック。

英語→ロシア語 変更

貼り付けて、翻訳実施する

英語が一切できない方は

単語を1つづつ翻訳して意思疎通すること。

例えば、「ヨーグルトを買いたい」と伝えたければ。

ヨーグルト+買いたい と2回に分けて変換してください。

これで伝えたいことを伝える力はグッと上がります。

喋る人口が多い言語ほど、翻訳精度が上がっってゆくんだろうなって思う。