メタボンの地球ZIGZAG

Trip around the world.

カテゴリー: カスタム

TANAX製 ラリータンクバック秘密ポケットが優秀

個人的に旅に持参して良かったタンクバックを紹介。

▶︎貴重品を守ろう!

移動中に運悪く出くわすのが悪徳警官や小遣い稼ぎの輩。

貴重品を問答無用で没収される不安を抱えているライダーもいるはず。

自分もそう。

タナックスのラリータンクバック

隠しスペースは通常では見つからない位置にある。

そこに何を入れて管理するのかは自由。

▶︎サイドジップを開く事で容量アップ!

15Lから21Lへと容量を大幅に増やす事ができる。

外出先での買い出しにも大変重宝してる。

▶︎隠しスペースが利用できる!?

海外でバイク旅を続けてきた中で一番気に入っているのが、

隠し収納スペースの発見からだった。

TANAX社が公式に利用を推奨しているわけでもなく、

たまたま空いたデッドスペースに気が付いて利用した。

▶︎ラリータンクバック(MFK-180◀︎

★★★ GEAR MANIFEST ★★★

For those that are interested in the gear I’m using here’s a list of the items most frequently asked about:

★ Gear On My Bike ★

ラリータンクバック

ディスクロック

★ Camping Gear ★

オピネル#10

★ Gadgets ★

外部HDD4TB

SONY α6300

gopro session 5

外部バッテリー(20000mA)

GIVIサイドパニアの良い所・悪い所

海外ツーリングで本領発揮するサイドパニアケース。
GIVI製のTREKKER OUT BACK 48Lを選んだ。

ロシアで転倒して破損

オリホン島にて転倒

オリホン島にて転倒

やっちまった!!

野営する為に人目から遠ざかるように

奥地へ入り込んでいった先で起こってしまった。

この時は流石に困り果ててしまった。

人目を避けたこともあり人がいない場所を目指していたので、

周囲を見渡しても人っ子一人いない状況。

更に電話が圏外を表示していた。

樹脂パーツ破損

樹脂パーツ破損

左右共に破損してしまった。

新品を購入するにも到着まで一ヶ月半かかる状況。

ロシアのライダースクラブを通じて修理を依頼した。

修理中のパニア

修理中のパニア

仕上がりは荒いがこれで旅を続けられるようになった。

その後、モンゴル入りしてRELAX HOUSEにて更に補強してもらった。

良い点

  • 圧倒的な収納力!
  • 見た目がカッコいい!

悪い点

  • 収納力が高い事で積載量が増えて重くなる
  • サイドパニアの横幅が広く運転に注意が必要
  • ん〜圧倒的な収納力を前に、アレもコレもと荷物が増えてしまった…。

・圧倒的な収納力が仇となり総重量が増えて破損を招いた。
・パニアステーと接続部が樹脂製なので金属よりも弱い。

商品紹介

↓↓↓ Gear On My Bike↓↓↓
GIVI TREKKER OUTBACK 48L
送料無料 82,753円(左右セット)
※2019/04/28 現在

ツラーテック予備タンクセット

GIVI予備タンク

【XT660Z】フルメンテ総額費用公開

メンテ後の3つの変化

1. エンジンの熱が減った!

中古で購入した当時からエンジンからの放熱が半端なかった。余りに熱いのでニーグリップができないほどだった。ラジエターメンテ後は一切熱くならなくなった。

2. トルクがアップした!

前後のベアリングを交換したこともあり抵抗が少なくなったのだろう。エンジンのトルクを削らずに加速することができるようになった。以前は150kmへ加速するには時間が掛かったが、以前に比べて到達時間は短くなった。

3. 燃費が良くなった!

以前は最高でも1リッター辺り28km程度だったが、現在は状況を揃えると30.5km迄伸びるようになった。満タンで23L入るので、単純に57.5kmより遠くへ行けるようになる計算だ。

メンテナンス記録

ホセさんは全車両のメンテナンス記録として全整備項目に関して作業前と作業後の変化を画像に収めている。作業終了後にはお客様へ報告する意味でも画像を共有してくれる。

ご自身の性格も手伝ってか、納得するまでメンテナンスをして強い責任感をつ姿勢が周囲からの信頼を得ているのだと思う。

ラジエター修理

修理前の取り外した状態。

ジェノバで修理したクーラント液漏れだったが、応急処置的なものだった。実は小さな穴が空いており、塞ぐ必要が出てきた。

穴を塞ぎ、加圧して漏れがないか確認。その後、塗装をして仕上がっている。

ウォーターポンプ修理

問題のウォーターポンプ。クーラント液に添加された細かい粒子がシールを痛めてクーラント液とエンジンオイルが混ざり合う結果になった。カフェオレ状態前に気がついて良かった。

クラッチ交換

クラッチは外してみないと状態がわからない。走行8万キロを迎えるので問答無用で交換する事にした。

スイングアームのグリスアップ

XT660Z特有のスイングアームからのギシギシ音。なかのベアリングのグリス切れで音が発生するのでグリスアップしてもらう。

走行8000kmを迎えて、新しいダンパーへと交換した。鈍感なのか走りに余り変化を感じないw

前後ブレーキパット交換

トルコでリア側は交換したが、念のために新品へ交換した。トルコで譲り受けたものは予備として持参することにした。

フロント側のパット交換

フロントフォークオイル交換

以前のオーナーはあまりメンテナンスしてないと判断してオイルシールも含めて交換する事にした。走りに変化をあまり感じないw

へーっ、こうなってるんだw

一度も交換していないのでドロドロのオイルが出てきた。気持ち悪い。

フロントフォークのパーツ。走行でかなりすり減ってきている様子。

前後バブのベアリング交換

フロント側のベアリング交換画像。

交換後はトルク感・燃費共に良い変化を感じた!

フルメンテ総額費用

総額 1809€ (日本円換算 228,500円)

所在地

関連記事

全てはクーラント液漏れから始まった

happy rider】愛車の進捗状況

やばっ、タイヤ交換に四苦八苦!!

後輪を取り外したテネレ

後輪を取り外したテネレ

初めてのビート落とし

以前から言ってるが、整備スキルのないメタボン。

実は一番の不安事項が渡航先でのパンクだったりする。

周囲からの、ラジアルは硬いぞとか・・、

機械でやらないと無理かもとアドバイスを頂いた。

不安ばかりが増す結果になった。

 

持参工具でタイヤ交換に挑戦!

タイヤの交換時期も重なったこともあり、

持参する整備工具にて挑戦してみた!

タイヤ交換に使う持参工具は以下となる。

    1. デイトナ タイヤレバー(取り外し工具)
    2. AZビートクリーム(潤滑剤的な役割)
    3. ベビーパウダー(ゴム圧着阻害として)

迂闊にもバルブ内の「虫回し」が抜けていた。

これは現場にて調達することで難を逃れることに。

 

後輪側を外してみた

後輪側を外してみた

ダンパー交換

テネレは5,000km程度を目安に交換することを勧められていた。

開けてみると、ダンパーが溶けて内部に固着して他ので驚いた!

躊躇なく新品へ交換した。

 

ビラーゴ250とダンパーが同じ

ビラーゴ250とダンパーが同じ

※因みに、ビラーゴ250と同じダンパーを使っている。

 

イメージトレーニングって大切

YouTubeにて「タイヤ交換 バイク」、

「ビート落とし バイク」で色々情報検索してみた。

すると、以前からチャンネル登録させてもらっている、

SASULifeさんの「超簡単1分ビートの落とし方」が、

1番参考になったので頭に叩き込んだ。

>>超簡単、1分ビートの落とし方

 

イメトレ通りにいかない!?

3人掛りで落としたビート

3人掛りで落としたビート

動画は非常に勉強になったが、タイヤが違うので苦戦した。

動画と同じようにやってみたのだが、全然ビートが落ちない!!

もう、腕なんかプルプルして全身筋肉痛間違いなしって感じ。

 

状況を見かねて〇〇〇タップさんがタイヤレバーを貸してくれた。

でもね、残念かなビートが落ちる気配がない・・・。

で結局、タイヤ専門店のスタッフさん2名とメタボンの3名で落ちた。

プロでもビート落としは機械任せだから手では大変だったみたいだな。

これね、正直1人でビート落とすのが余計に不安なる結果となった。

 

原因を探ってみた

①タイヤレバーが短い

小さくコンパクトになるように、セパレートタイプの

デイトナ製のタイヤレバーを購入していた。

パニアケースに入るエーモン製43センチのレバーを1本追加購入した。

 

 

②潤滑剤が必要

滑りをよくする為にタイヤには不向きだけどcure 5-56とか必要かな。

ビートクリームで代用してみたけどね、結局は乾いちゃうんだな。

超素早くできる人には問題ないけど、四苦八苦している自分には無理。

 

YSP川口にて再度挑戦してみた!

タイヤレバーを延長して、潤滑剤を適所に注入した。

さらにデイトナ製タイヤレバーでビートを掻き出すようにした。

結果、ビート落としに成功した!

>>YSP川口

 

 

MacBook Air シガーソケット充電器!

WeCharger

WeCharger

 移動中のノートPCへの給電方法が必要

日中は西へ向けてひたすら走り続ける日々。

基本、宿泊に関してはテント泊を予定している。

財布の紐が固いメタボン。

 

さて、問題となるのが、ノートPCの電源確保。

日々の情報収集・ブログ更新に欠かせない道具。

当初は安宿で宿泊した際に充電する予定でいた。

 

あれっ、連続稼働時間が頼りない!?

メタボンはmacbook air 11インチを所有している。

13インチに比べて稼働時間が短いことは知っていた。

しかしカタログよりも少ない稼働時間がネックとなった。

 

WeCharger MacBook MagSafe2導入

そこで走行中でもシガーソケット給電できるように導入した!

 

シガーソケットへ挿し込む

シガーソケットへ挿し込む

メーター機器の直下にあるシガーソケットへ挿入する。

 

無事に給電された

無事に給電された

オレンジ色に点灯。

無事に給電されることが確認できて一安心。

これでブログ記事更新、情報収集に時間を気にせず使える。

オススメ商品です。

 

世界一周に向けてタイヤ選び

青テネレに影響を受ける→白テネレを売ってくださいとユーチューブへ申し出る→巡ってきたご縁で買った黒テネレ。その3台が勢揃い!

ふもとっぱらでの壮行会でお世話になった、

りゅうちゅうん氏からオススメされたサハラ3。

残念ながらリアサイズの在庫がないことが判明。

振り出しにも戻った感もあったが、

ミシュランのアナーキーが気になっていた。

2種類のANAKEE(アナーキー)

ANAKEE 3

ANAKEE 3

アナーキー3(ANAKEE Ⅲ)

ロード:オフ 90:10

ロード寄りのタイヤだが、アナーキーワイルドに比べてロングライフ。

そして、フラットなダートであれば特段問題無さそうだ。

※BMW純正装着タイヤ

ANAKEE WILD

ANAKEE WILD

アナーキーワイルド(ANAKEE WILD)

ロード:オフ 50:50

上記割合はメーカー発表だが、実際のユーザーからの声は、

見た目から分かる通りオフロードによっている情報が多い。

ロードより OR オフよりのタイヤ選び

走行する路面状況によって、タイヤ選びはとても大切。

実際、スタートのロシアからモンゴルを駆け抜ける。

ロシアの道は相当改善されたと聞いているので、

アナーキー3でも一切問題がない。

アナーキーワイルドに決定!!

話の流れから、ANAKEE3にすると思ったでしょ(笑)

選定理由

んーーーっ・・・・・。

見た目がカッコよくなるから(笑)

やっぱね、アドベンチャーにブロックタイヤ装着してると、

只者ではない雰囲気になっるか装着してしてみたかった。

ガシガシ、行くぜ的な雰囲気にしたかった。

モンゴルでは小川越えも待ってるしね。

タイヤの寿命(ANAKEE)

長年、お世話になっているテクニタップへアドバイスをもらうと、

ライフはアナーキー3を100とすると、ワイルドは70~80程度。

走り方によって大きくかわると思うけど、想像していたよりも、

ロングライフだったことが決定を後押しした。

タイヤ交換目安

リアタイヤ6,5008,000km →正確な情報をお持ちの方がいれば御教示ください

ロシアは荒いアスファルト中心

モンゴルはダード中心、たまに小川越え。

2択の交換時期

  1. ウランバートルのオアシスで早目のリアタイヤ交換(4,000km)
  2. ロシア再入国したタイミングでリアタイヤ交換(6,500km)

こんな感じかな。

タイヤ交換に挑戦

メンテナンス嫌いなメタボンはスキルがない 。

タイヤ交換は渡航先でのパンクも含めて対応できる必要有。

持参工具を駆使して挑戦するっきゃないな。

交換風景は覚書程度にブログ記事にして残す予定。

XT660Zのタイヤサイズ

フロントサイズ

90/90-21 MIC 54R TL/TT 21MD

リアサイズ

140/80-17 MIC 69R TL/TT 17MI

タイヤ交換時期到来 XT660Z

tenere xt660z front

tenere XT660Z front

作年、我が家へ嫁いできた単テネレ君。

当初、フロントタイヤの減りが著しく車検で落ちるレベルだった。

車検対応の為に、昨年フロントだけを交換した。

 

フロントタイヤ

フロントタイヤ

昨年、交換したばかりなのでまだ溝がある状態。

 

車検から約1年経過して

リアタイヤの溝が消えかけてまずい状況となっている。

路肩に落ちてる金属片でパンクしても不思議じゃない。

 

リアタイヤ

恥ずかしいが、センターがツルツル状態になっている!

 

リアタイヤ拡大

拡大してみた。

これじゃパンクしてもおかしくないね。

 

 

 

 

エンデューロ サハラ3

エンデューロ サハラ3

エンデューロ サハラ3

世界一周するのにベストなタイヤ選びって何だろう?

りゅうちゅん氏からオススメ頂いたサハラ3が気になる。

オフもいけるロングライフのタイヤらしい。

在庫がなくなる可能性もあるから、早目に注文しておこう。

Anker PowerDrive2を導入!

Anker PowerDrive

Anker PowerDrive

シガーソケットトラブル

愛車のXT660Z(テネレ)には、シガーソケットが一つ付いている。
ナビ代わりに使用しているiPhone5sへの給電するのが主な利用目的。

2ポート出力

2ポート出力

Gopro Sessionを充電

Gopro Sessionを充電

このアクセサリーは利用できません!?

運用していて少々困った現象が起こる。
正規ライトニングケーブルを使用していながら、
「このアクセサリーは利用できません」の表示が出るのだ。

ゆっくりと充電されているようだが、なんか気持ちがわるい。
でね、原因を探ってみると電圧不足が原因みたい。
そこで同様の症状で困っている人がいないかネットで検索する。
いるいる、結構いるではないか!

でね、評判の良かったUSB電源用シガーソケットをAmazonでポチった。

小さくてコンパクト&ハイパワー

小さくてコンパクト&ハイパワー

Anker購入決定!

シガーソケットは各社色々と製造されているが、有名なAnker社製。
又、Amazonでのベストセラー1位という実績が購入を後押しした。
出力ポートも2ヶ所あるので、Gopro Sessionの充電に充てるつもり。
運用して数日だが、症状は再発してないので好印象!

製品詳細

製品名:Anker PowerDrive2
製品仕様:DC12/5V/4.8A
サイズ:約65×28×28mm
重量:27g

フルスピード充電テクノロジー

PowerIQとVoltageBoostの組み合わせにより、
フルスピード充電が可能です(1ポート最大2.4A、合計最大4.8A)

Anker PowerDrive

XT660Zフォグランプ追加してみた

夕方撮影

フォグライトを追加してみた

アドベンチャーらしさを出すためにフォグランプをつけてみた。

見た目を変えるカスタムとしてフォグランプを取り付けたが、

いやいや実際に点灯してみると、非常に明るくて夜道でも安心になった♪

遠くが明かるくなるのでなく、手前全体が横に明るくなった。

真っ暗闇での峠などで実力を発揮するのではと期待してる。

フロント側フロント側

フロント側

真正面からの画像

真正面からの画像

フォグランプ左前側

フォグランプ左前側

フォグランプ左側後ろ

フォグランプ左側後ろ

ハンドルスイッチ防水

ハンドルスイッチ防水

運転席から

運転席から

フォグのみ点灯

フォグのみ点灯

ハイビームのみ

ハイビームのみ

ハイビーム+フォグランプ

ハイビーム+フォグランプ