エンジンから異音がするぞ!?

イーストロンドンからポートエリザベスへ移動の道中でエンジンから異音に気が付いた。

走行当日は相当強い向かい風が吹きすさむ中で無理に前進を続けていたのだ。

実際、いくらアクセルを回してもなかなか加速していかなかった。

あっ、思い出したぞ!

あーっ、この記事を書いているこのタイミングで思い出したことがある!!

一点、走行中に変なことがあったのだ。

それは、95km程度の加速をしている最中にグイッとアクセルを開けた途端、

エンストしそうになって、急いでクラッチを切ったのだ。

この時に破損したんじゃないなか。

多分…。

おそらく…。

向かい風でのフルスロットルには注意しよう!

タケヤン曰く向かい風で無理やりに加速するのはエンジンへかなり負担が掛かるようだ。

そこそこの年月バイクを乗ってきたけど、向かい風でエンジンが壊れるとは思わなかった。

 

バイク屋へ持ち込むことにした

ポートエリザベスのゲストハウスへ到着したタイミングで、

受付スタッフに良いバイク屋を紹介してもらうことにした。

メカニックに見てもらう

事前に味戸さんからアドバイスを聞いていた。

  1. バルブクリアランス
  2. カムチェーンの調整

巨大なクランクベアリングが壊れることは考えにくいそうだ。

 

エンジン内部から異音

エンジンをかけて異音を探る。

クランクケースを分解する必要が出てきた。

 

クランクケース分解

メカニック曰く、クランクベアリングが逝っていると判断。

残念ながら最悪のパターンになってしまった…。

 

交換パーツ

交換パーツとしては「10」のベアリングを2個発注することにした。

併せてガスケット周りのパーツも交換することになる。

 

事前見積もり

見積もり

日本円にして10万円程度となった。

上記画像には記載されていないが、ベアリングの取り外し工賃が含まれていなかった。

後で加算された。

 

Auto Motocycles

 

続きは次回ブログへ続きます♪