メタボンの地球ZIGZAG

ZIGZAG World Trip

カテゴリー: 南アフリカ (page 1 of 3)

Cape Agulhas Backpackers 評価8.9 Booking.com

入口

入口ゲートはわかりにくいので参考にしてください。

 

宿泊費用

評価

宿泊した2019年8月19日の料金なので参考程度にしてください。

 

共有キッチン

共有キッチン

少しこじんまりとしたゲストハウスなのでキッチンも小スペース。

 

レストランスペース

食事ができるレストランスペースとなる。

 

駐車場完備

駐車場完備

入口にゲートはないのだが、海岸沿いのエリアは治安が良い。

防犯カメラもあるので安心して駐車ができる。

 

鳥の巣

駐車場には沢山の鳥の巣がひしめき合っている。

ツバメのように人の居住エリアに入り天敵から我が子を守るのだろう。

所在地

 

Jack’s Place 評価9.3 Booking.com

 

評価ボード

安心の高評価

ブッキングコムで予約する際には値段では無く評価を参考にしている。

今回宿泊した宿も9ポイントを越えており期待が持てる。

 

宿泊費用

2019年8月8日時点の料金なので参考程度にしてください。

booking.com

個室部屋を利用できてこの価格に不満を持つ人はいない。

今回宿泊した際にはお客は自分だけだったので深夜は不安になった。

誰もいない邸宅に一人っきり、庭には番犬もセキュリティーもいない。

個室部屋

個室部屋

お客がいないので何処の部屋に宿泊しても良いと言われたので、

奥の角部屋を選んだ。

外の駐車場が見えるのも安心感があって良い。

共有スペース

共有スペース

日差しが心地よい共有スペース。

共有キッチン

皿や鍋など必要なものは全て揃っている。

コーヒーや紅茶も無料で飲める。

ツインルーム

ツインルーム

ツインルームでも同じ料金だから、今回のレートでいうと2人なら500円。

 

駐車場完備

駐車場完備

台数には限りがあるが、バイクを駐車できて良かった。

今朝方雨も降っていたのでラッキーだった。

 

所在地

 

Island Vibe Port Elizabeth 評価8.4 Booking.com

 

エントランスゲート

ゲストハウス入口のエントランスゲート。

周囲の治安も少し不安があることもあり、かなり厳重な門構えとなっている。

愛車のトラブルに見舞われて、結局3週間もの長期滞在することになった。

評価

ブッキングコム評価

ブッキングコムの評価は8.4と高評価となっている。

宿泊料金

一人当たり 180ランド(1,379円)

現地で直接支払いにすると160ランドとなる。

共有スペース

共有スペース

設備はとても整っており、シャワー室も広い。

二階にはビリヤード台がある。

共有スペース

こちらでもリラックスして過ごせる。

共有スペース

週末にはお客さんを交えてパーティーが催されることが多い。

お酒類なども飲むことができるぞ。

 

共有スペース

赤い階段を登り切ると左側に入口扉がある。

 

壁に掛けられる写真

丁度模様替えのタイミングに撮影できた。

これは後程、壁に綺麗に陳列されることになる。

見晴らしがよい

見晴らしも良く、夕焼けがとても美しい。

テラス席

週末になると、ゲストが集まって盛り上がる。

Wi-Fi環境

回線速度

YouTubeを視聴するには問題なく視聴できる。

時間は掛かるが動画のアップも成功している。

所在地

 

【XT660Z】テネレ完全復活 慣らし運転で怒りから感動へ!

バイクを入庫してから早いもので3週間が経過してしまった。

ポートエリザベスでの観光もせずにゲストハウスへ引きこもる日々が続いた。

さて、愛機が直ったとの知らせを受けて2度目の引き取りに行ってきた。

2速走行時にアクセルを戻すと駆動が伝わらなくなる症状が改善されたようだ。

原因は変速機に使われてるスプリングが破断したと言っていた。

確認の為に、近場をグルリと慣らし運転をかねてツーリングへ向かった。

本日の下道ルート

おおよそ300kmの下道を走破する。

万が一何か不具合が出てもいいように太い幹線道路を選んだ。

まずは80km離れた場所にあるゲストハウスへ向うことにした。

因みに今滞在しているゲストハウスと同じ経営会社だ。

 

目的地のゲストハウスへ到着

ゲストハウス前へ到着したので記念に撮影。

エンジンオイルの滲みが気になったので再度確認する。

エンジンも高温に達したのか、出発前よりも少し量が増えている様子。

これはバイク屋に伝える必要がある。

 

オイル滲みが出てきてる

滲みを撮影してなかったので出発前の画像を流用。

更に海岸沿いを走り、岬の先まで進むことにした。

途中で休憩を挟んだ

撮影日当日は週末ということもあり、多くのサーファーと家族連れが目立った。

この日は冬にも関わらず外気温が26度を越えており、当日は海で泳げたかもしれない。

インナーダウンとして着込んだMA1が死ぬほど暑くて汗でびっしょりになった。

暑さを逃れて山間部へ

内陸側へ向かっている

気温は残念ながら変化を感じない。

てかMA1を脱げばいいのだが、括り付けるものがないのだ。

帰宅途中でトラブル発生

山間部を抜けて帰宅途中にギアの変速ができなくなる症状がでた。

1速で停車するとエンジンも停止する。

どうやらクラッチがしっかりと切れていないようだ。

クラッチレバーのワイヤー調整するも、固く締め付けてて無理。

仕方がなく路上で手を振って助けを求めた。

幸いにも2台目で停車してもらい車載工具を借りることができた。

その後、ドライバーへお礼をして、騙し騙しバイク屋へ引き返してきた。

当然、バイク屋へはクラッチの引っ掛かり改善とオイル漏れを説明。

 

翌日の最終テストルート

さて、早速距離にして往復60km程度の最終確認テストを行った。

大した距離ではないが、クラッチは改善されたので残すはエンジンオイル漏れだ。

結論から言うと、まだ少し漏れて広がりつつあるので、

再度、シーリングしてもらうことで話がまとった。

エンジンを分解するリスクってあるのかもね。

綺麗に組み上げ戻したつもりでも隙間ができちゃうこともあるからね。

お金を掛けて直したのに、エンジンオイルが漏れるようになったら嫌だw

やはりリスクのある作業であることもあって日本では廃車にしてしまうのかも。

エンジンのOHって日本だと非常に高額になるしね。

最終確認終了!

最終確認終了

クラッチの操作感覚は持ち込み前の状態に戻っていたので気分がいい!

愛車が元気になって戻ってくることが、こんなにも嬉しいと初めて知った。

自分の命の次に大切な愛機だけに、これからも末長く乗り続けたい。

 

テネレの走行距離

105,000kmなのだが、実は199,999kmに達すると停止すると聞いた。

残念ながら200,000kmを迎えることはないのだ。

少々残念なのだが、仕様ならば仕方がないか。

スペインで駆動周りのベアリングから全てを新品に交換済み。

南アフリカではエンジンをOHした。

外装には劣化が見られるが、機関的には生まれ変わった!!

 

YouTube動画

チャンネル登録を宜しくお願いします!

メタボンの地球ZIGZAG

 

【XT660Z】OH後の慣らし運転

引き取りの連絡がきた

ギアの抜けが多発した初回の引き取りから二日が経過した。
先程、スマートフォンへ着信が入る。

電話を受けると「ヘイ!モチ元気か?」と
無駄にデカい声が脳みそに突き刺さる。

立て続けに「100%のレベルで完璧に直した」と
安定した調子の良さで神経を逆撫でしてくるwww
「本当かよっ!?」と内心激しく突っ込んだ。

さて、2つのトラブルの原因への回答をもらった。
1. 変速ギアの抜け
原因>変速ギア内部のスプリングが破断していた
処置>スプリングを交換

2. エンジンオイル漏れ
原因>ボルトの締めつけトルクが弱かった
処置>再度ボルトを締めつけ直す

愛車の調子はどお?

バイク屋からゲストハウスまで戻ってきた。
道中ギアの抜けは一度も発生しなかったので一安心。

明日は近場へ200km程度のツーリングにいく予定。
エンジンが暖まった状態で不具合が出ないか最終確認。

でも、ちょびっとオイル漏れてるよw
コレ大丈夫かいな?

>>RELAX HOUSEの味戸さん
いつもアドバイスありがとうござます!!

↓↓モンゴルで一流メカニックをお探しの方↓↓
http://bit.do/e29qx

« Older posts