メタボンの地球ZIGZAG

Trip around the world.

Category: モーリタニア

ディアマ国境から無事入国!

さて、翌日の朝を迎えて日出と共にスタートを切った。ディアマ国境まで約35kmの道のりとなる。

しばらくオフロードを進んでいくと、水田地帯へ出た。地元民が投網を投げて生計を立てている。

水揚げされた淡水魚は開きにされて干物にされている。

素朴な生活が垣間見得てなにか得した気分。

ディアマ国境へ到着

少し手前にナショナルパークの通行料を支払うことになる。2000ウギア(新札200ウギア)。

流れ(モーリタニア側)

1. 通行料 50ウギアを支払う

2. ゲートをあげてもらい中へ進む

3. カスタムへ立ち寄り手続き10€支払う

4. 出国スタンプをもらう(賄賂10€)

5. 橋を渡る8€支払う

流れ(セネガル側)

上記画像はセネガル側からモーリタニア側を望む

1. 右側にあるパスポートコントロールへ

パスポートと国際免許を提示する。

次に指紋の登録を行う。

左側カスタムがある建物

2. 左側にあるカスタムにて手続き(2500CFA支払い 3€でも構わない)

3. コントロール裏側にある食堂へ向かう

食堂のおばさんがブラウンカードを販売してくれる。

費用:53€(3ヶ月有効)

このおばちゃんは英語も堪能なので安心。

国境ではSIMカードや闇両替がウロウロしているので、最低限必要なものだけを買うようにしよう。

セネガルのSIMカードについて

TIGOという通信会社のものを購入したがセネガル中心部でも繋がらないことがあるので問題外。結局、オレンジ(orange)へ買い換えることにした。

出国ゲートへ進み入国完了!

全ての手続を終えたらセネガル入国完了である。本日の目的地となるダカールへ向かうことにした。

モーリタニア側の悪徳警官について

出国スタンプをもらうために事務所へ向かうのだが、予想に反して超フレンドリー。終始ニコニコしているぞ。しかめっ面で圧力かけられると思い込んでたから予想外だった。

警察に促されるまま、事務所内に入ってみると先客のフランス人が1人10€を支払っている最中だった。これ見ちゃったら払わざるを得ない状況になる。

自分の番が回ってきた。すでに目の前でパスポートにスタンプを押してくれている。彼が顔を上げると、ここでは1人10€支払うことになっていると言ってきた。間髪入れずに、私はそうは思わないと英語で切り返した。すると先方も苦笑い。

だって俺現金持ってないしと、ポッケから残りの50ウギア札一枚を出した。すると、それでいいよだってwww

えっ、50ウギアって日本円にして150円だよ!?

もう使わない紙幣だし別に上げる♪

こんな感じで無事に通過することができた。

人生初のバオバブの木!

このアンバランスがとても可愛い!!

サン・ルイ付近で記念にパチリ✨

ディアマ国境へ向けてlet’s go!

数日前にモーリタニアへ無事に入国してヌアクショットのキャンプ場へお世話になった。

先を急ぐ予定もあり滞在3日目にはセネガル入りするためにこの場所を発つことにした。

丁度周囲を建物に挟まれて風は気になることがなかった。

汚れ過ぎていたGパンを選択したが、夕方だったので翌日の出発時まで濡れたままだった。

テント前にブーツとサンダルを置いておいたら、ココに住み着いている犬の親子の誰かが持ち去って、気持ちよく齧ったようだ。新しいの買わないと。

キャンプ場 地図

壊れる時は重なるもので、GoProのステーが割れた。結構丈夫に見えたんだけどね。力かけ過ぎたのかも。

ヌアクショットを後にディアマへ

さて、気合いを入れて先に進む。アスファルトでズーッといけると考えていたが甘かった。動画で残しているが、工事区間が長くフカフカの砂に何度となくフロントを取られて転倒しそうになる。

マップスミーがやってくれた

たまにバカナビをするアプリだが今回も同様に数キロ手前で右折するようにナビをしてくるが、見ての通り深い砂でしかも登り。検討むなしく転倒したw

遠くで見ていた近くのホテル主人が助けにきてくた。この時にディアマへ繋がっていないとアドバイスされるが暫くは気がつかなかった。騙そうとしてると勘違いしてしまった。

記念写真を一緒にということだったが、あまり映りたくなかったようだ。セキュリティー万全のホテルを運営していた。近くなので休憩していかないかとお誘いいただくも、先を急いでいたのでお断りした。

巨大トラック同士のすれ違いで脱輪

動画には残しているのだが、この先で熱く熱されたアスファルトが崩れている路面状況で、長距離トラックがすれ違いざまに脱輪してしまい身動きが取れない所に出くわした。結果、数時間待ち続けたが解決されない。仕方なく周囲の力を借りて超深い砂の中を助けられながらパスすることができた。

ディアマ国境に到達せず

道中のアクシデントもあり、距離が稼げずに本日は終了の運びとなった。

オフロード区間に突入して20km程度進んできたところで野営を決めた。この画像は管理事務所となっており。中の人に確認を取って外にテントを貼らせてもらえることになった。

少し微熱が続いているが、数日前の高熱はもう出なくなったので安心している。

さて、明日はいよいよディアマ国境越え!

少し緊張感を持って越えていきます。