メタボンの地球ZIGZAG

ZIGZAG World Trip

カテゴリー: 【モンゴル】雑記 (page 1 of 2)

モンゴルの大自然へ向けて出発!!

さて、韓国人のファンともここでお別れ。この旅で再開する可能性があるのは、ドイツかな。こればかりはタイミング次第だな。もし、会えなくても帰国したら韓国旅行へ行くつもり。ファンは案内役だからね 笑。国籍は違うけどなんか日本人みたいなんだよな。弟ができたみたいで嬉しい。

モンゴル滞在期間中は天候不順が長引いた。同じ道を辿ってファンと戻るか最後まで悩んだが、ここ数日天気が安定してきていたこともあり、西側ルートで出国することにした。吉と出るか凶と出るか!?

続きは動画をみてね。

【ゴビ砂漠】2000km走行しただけでタイヤがやばいことに!?

味戸さんの運営するリラックスゲストハウスへ同じテネレにのるチェコ人がタイヤ交換にやってきた!

只者ではない雰囲気をまとった単テネレ(XT6660Z)。左右に積載されているタイヤがそうおもわせるのかな。転倒した際にダメージを吸収してくれてるのをYouTubeで見たことがあるぞ。

ゴビ砂漠を2000km走ってきたタイヤ。もうありえない壊れ方をしているぞ!どんな走り方するとこんなになるの?味戸さんがサスペンションも底打ちしてるといっていた。よっぽどカッ飛んでいくんだろうな。

どこにぶつけたんだろうか。

転倒する度に、横線をいれていくらしい。

記念に1枚パチリ。

同じテネレ乗り同士、ステッカー交換。パニアケースに一筆書いてもらったぞ。

あれっ!?

ドーモ君こんにちは!

無事にタイヤ交換を終えたが、パニアケース取付ステーにクラックが多数みつかった。

どこが溶接箇所だかわからない。味戸さんの修復技術は正にプロフェッショナル!口コミで広がるのが納得できます。

味戸さんとメタボンでトップケースに書いてあげた。テネレ乗りのご縁ってやつだね。

皆、笑顔。

彼はこれからウラジオストクへ向かう予定。その後、チェコに戻るルートときいた。お互いに安全を祈りつつ集合写真。

グッバイ、ドーモ君。

【モンゴル】山頂には神が宿る

今日は味戸さんの好意で近場のツーリングにお誘い頂いた。韓国人のファン君はオフロードを走行することもあって、中国製バイクにまたがりついて行くことになった。しかし連日の豪雨の影響も考慮して味戸さんの友人である三宅さんが車をだして目的地の見晴らしの良い高台へ到着した。

写真を撮り損ねたが忘れたが、味戸さんの奥様がお弁当を作ってくれた。皆で美味しくいただきました!ありがとうございます!

動画見てね。

GIVIパニアケースを補強修理した!

リラックスハウスで補強してもらった!

パリダカにチームとして同行した経験のある味戸さんがモンゴルでゲストハウスをオープンした。同じテネレ乗りだったこともあり、補強してもらうことにした。

 

やっちまった 笑

やっちまった 笑

パニアケースに補強が必要

先月、ホリホン島で転倒した際にパニアケースの下部樹脂が破損して取り付けができなくなってしまった。チタのLIKEホステルでお世話になったオーナーのセルゲイに助けを求め、地元のバイククラブを紹介してもらった。本当によくやってくれたが、実は強度的に不安が残る作りだった。

修理してくれたロシア人

修理してくれたロシア人

補修直後

補修直後

樹脂が綺麗に外れた

樹脂が綺麗に外れた

関連記事

【GH】リラックスゲストハウス

 

 

絶景ラベンダー畑に遭遇した!

前日は、ゴビ砂漠へ向かう予定だったが天候が崩れる情報を得て急遽場所を変更することになった。日本でいう鳥取砂丘のような観光地化された場所があるようなのでそちらへ行くことになった。

ラベンダー畑が広がる

運転手のオンボさんが、道中にラベンダー畑によってくれた。絶景の一言!!実は何色になるのか誰もわからないらしい。今年は紫色になったようだ。紫陽花のように土の成分で色が変わるのかな?人工の香りとは違い、天然ラベンダーの優しい香りに包まれた。

突然の豪雨!

ラベンダー畑から数十分進んだ所で、豪雨と遭遇した。前が見えなくなるほどの豪雨。数分で道は川の状態になった。遠くへ視線を送ると草原で一台のプリウスが立ち往生していた。もう手遅れ状態だった。

走ること1時間程度

先程の豪雨が嘘のように晴れ渡り、道は渇いている。

到着!

砂地で遊べるようにレンタルバギーがあったので國本さん、ファン君、メタボンの3人でレンタルすることになった。

中華製

人生初の4輪バギー、最初はおっかなびっくりで運転していたが、最後の方ではなんとなくコツが掴めたようだ。國本さん、オンボさん、貴重な経験になりました!

« Older posts