メタボンの地球ZIGZAG

ZIGZAG World Trip

カテゴリー: モロッコ (page 1 of 3)

Hotel Barbas

モロッコを南下してモーリタニア国境手前90kmまでやってきた。ブログで何度か目にしていたホテルだったので決めた。

宿泊料金

1泊 個室 100DH トイレバス別

日本円換算 1150円程

エントランス内

ステッカーベタベタが印象深い。

Wi-Fi速度

YouTube視聴に支障はない。

動画アップもできるかもね。

駐車場

エントランス内へバイクを持ち込むことができる。

場所

タールダントでローカル生活を垣間見る

【タルーダントの魅力】

外国人観光客で賑わう大都市アガディールから車で約1時間ほどの場所に位置する。

マラケッシュ旧市街と同様に周囲は高い城壁に守られていて要塞に見える。

◆大きな違いは2点

1. しつこい客引きが少ない(自称ガイド・チップ魔)

2. 現地価格で楽しめる(食事・買い物等)

モロッコ 入りして間も無く、マラケッシュの旧市街で、

客引きと自称ガイドには酷い目にあった。

タルーダント滞在時には誰一人として話しかけてはこななかったので、

心穏やかに過ごすことができたのでオススメできる。

唯一、駐車料金の料金が上乗せされたので嫌な思いをしたが、

宿泊代金の値引き交渉で相殺された。

◆言葉巧みな人には注意しよう

↓ミチヨさん談(アーモンドゲストハウス )↓

基本的に自宅へ外人を招き入れるのは非常に稀なこと。

マラケッシュやフェズの旧市街等で歩いていると、離れた場所から英語や日本語で声を掛けてこちらの反応を伺う人には注意が必要だ。

徹底無視が吉。

国籍不詳の異国人になり切ろうw

単独の観光客が気を許して後を付いていくと、飲み物や食事をもてなされ、

夜遅くなれば言葉巧みに宿泊を促される。

この頃には相手を信頼してしまい孤独感が薄れ出逢いに感謝してしまう。

問題がその後。頃合いをみてお金を請求してくることがあるので注意が必要。

一方的なサービスに対して対価を求めてくるのだ。

お金がないは今更通用しない。

基本的に相手から日本語・英語で近づいてくる輩は裏に下心がある。

くれぐれも注意されたしw

◆モロッコ人の本来の姿

不安を煽ってしまったけど、

田舎に行く程に素朴なモロッコ人の優しさに触れあうことができる。

基本は挨拶、会話の間や眼の動きを見て直感する力も旅のスキルの一つ。

相手を信頼しつつもアンテナをしっかり張り続けよう。

Bon voyage♪

HOTEL EL GHAZI 評価7.1 booking.com

外観

入口階段

シングルルーム

必要充分だな。

宿泊費用

一部屋あたり 74DH

※日本円換算 約848円程

共有キッチン

キッチンに関しては物置小屋に近いので、衛生面で不安が残る。

水道水についても飲むには抵抗があるので、ペットボトルを買った方がいいね。

自炊する客が少ないこともあり、食器類がとても少ない。

フォークがないと申し出ると、新品を買ってきてくれた。

冷蔵庫もコンセントを差し込むことで稼働する。

屋上の共有スペース

意外と広いので、洗濯物を干したりするのに重宝する。

市松模様の床って大好きなんだよな。

ガレージを持つことができたら、絶対に市松模様にしようw

駐車場

キッチンと駐車場は別料金を請求された。30DH

Booking.comの画像でも沢山のバイカーが宿泊しておりバイクガレージが利用することができる。

このガレージが決定の決めてになった。

ホテルよりもガレージの方が小綺麗なんだよなw

しっかりと施錠できるので安心して置いておける。

Wi-Fi環境

YouTubeは問題ないけど、動画アップは厳しい!

SIMカード使ってせっせとアップしてます。

場所

【モロッコ編】ハドゥ集落へ向かった 世界遺産

ゴールド氏と共にハドゥ集落へ

前日に路上で出会ったゴールド氏と意気投合して短い時間だが共に行動することになった。たった1日ではあるがペア成立である。

ペア解散

翌日は2人でハドゥ集落へ向かい、その後は別行動となった。彼からマラケッシュ方面へ向かうと誘われたが、既に通ったことのある道であること、1日でも早くセネガルへ向かう必要があったので丁重にお断りされた。

ユアンとチャーリーのバイク旅

彼がGS1200で先導してもらうと、ドキュメンタリー番組の“Long way down”が頭の中で回想してしまう。彼らもエジプトルートではあるが、ケープタウンを目指して南下するのだ。ゴールド氏と2人で駆け抜けていく荒野では彼らの旅とダブって見えてくる。

知らない人もいると思うが、ユアンとはユアンマクレガーというハリウッドスター。スターウォーズで有名だね。チャーリーも同じく俳優。2人は共演をきっかけに趣味のバイクを通じて交流を深めて俳優業を休んで夢の実現に向けて、ドキュメンタリー番組を作るべく、スポンサー探しから話は始まる。YouTubeでも視聴可能なので是非視聴してください。

↓↓↓最後まで連続視聴可能↓↓↓

Long way down (episode1)

GS1200に追い抜かれた

アーモンドゲストハウスを出発して、ワルザザートへ向かっていいる道中、後方から煌々とフォグライトを輝かせたGSが追い抜いていった。片手を上げて挨拶を交わす。ちょっと話そうぜ的な手振りを見せたので近くのガソリンスタンドへ立ち寄った。

やっぱデカいよね!

おフランス製のパーツがいくつも装着されてる。

LONE RIDERというフランスのブランド。海外走っていると、日本では見かけないアフターパーツや周辺備品がとても新鮮!因みにラリータンクバックとハンドルカバーは質問が多いね。海外でも興味あるんだよね。海外通販してみればいいのに。

ホテルにチェックイン

ブログで目星をつけていたホテルへ向かい、価格交渉を経て100DHでシングルルームと駐車場を確保した。

腹が減ったので、ワルザザートを闊歩してみた。

東南アジアでも嗅いだことある匂いが立ち込めてる。なんか色々気になってくるw

雑貨屋を通過。

店先には香辛料がたくさんw

生姜とかウコンなのかな?

わっかんねーなw

屋台飯

屋台で軽く腹ごしらえしたので、ビールを飲みに近くの外人向けレストランへGO!

店名:Chez Dimiti

世界各国から映画撮影のためにモロッコ入りした面々が手書きのサイン入りで壁に飾られてる。

デビットハッセルホフって知ってるかな?

ナイトライダーファンなら誰でも知ってるねw

超綺麗!!若い人は知らないかもね。

エリザベステーラーって有名な女優さん。

マイケルジャクソンと仲良し。

俺はマリリンモンロー派なんだよな。

この人知ってるけど名前がわからない。

マリリンモンローが子供の頃、憧れて映画館で見ていた女優さんだったはず。

モロッコ産のカサブランカで乾杯した。

冷え冷えで超うまい!!

ほろ酔い気分でパチリ✨

ゴールドさんが撮影してくれた一枚を添付。

« Older posts