特徴的オブジェ

バオバブを構図に入れてバイクと一緒に写真が撮りたい!

そんなタケヤンの思いから決めたキャンプ場。

太い幹線道路から少しダートを入り込むと到着する。

上記画像は入口付近の象徴的なオブジェがある。

 

所在地

レセプションまでの道は締まったダートが続いている。

巨大バオバブが群生してる

巨大バオバブ

レセプションは数キロ入り込んだ場所に位置している。

道中には噂の巨大なバオバブが群生している。

 

チェックインを終えて設営

キャンプサイトNo3

支払いを終えてサイトの場所を教えてもらうと「No3」と言われた。

レセプションから更に奥に入っていくのだが途中で左右に別れる分岐点がある。

そこには小屋があってスタッフが常駐しているので聞くことにした。

No3は右に曲がるとあるということで先に進む。

キャンプサイトNo3

到着してみると、藁葺き屋根のスペースの下にはコンセントもあって快適そう。

周囲には既にキャンピングカーが設営を終えており食事の準備をしている。

オレ達、場所を間違えた?!

夕飯の準備中に一台のキャンピングカーが脇に停車した。

はて、どうしたんだろう?

降りてきたドライバーから「ここは自分達のスペースです」と言われる…。

彼の話をよく聞いてみると、先ほどの分岐点を左に行った先に自分達のサイトがあったようだ。

それは申し訳ないと伝えると、既にテント設営し終えていたこともあり譲ってくれた。

 

夕日に照らされる巨木

どんどん日が暮れてくる。

タケヤンは写真を撮影したいと、キャンプ場をウロウロしている。

実はこの記事で使っている写真全ては彼の写真を利用させてもらってる。

 

レストランとBar

敷地内はかなり広く、レセプションの裏には巨大なプールやレストラン設備がある。

 

焚き火もできる

薪を斧で作っているスタッフが近くにいて、無料で薪を持っていくことができる。

 

夜のライトアップは幻想的

夜はライトアップされる

レセプション周辺の施設は全てライトアップされて幻想的だ。

 

夜景も美しい

ご覧のように、見上げる空も美しい。