メタボンの地球ZIGZAG

ZIGZAG World Trip

カテゴリー: ボツワナ

【Planet Baobab】バオバブの中でキャンプ!

特徴的オブジェ

バオバブを構図に入れてバイクと一緒に写真が撮りたい!

そんなタケヤンの思いから決めたキャンプ場。

太い幹線道路から少しダートを入り込むと到着する。

上記画像は入口付近の象徴的なオブジェがある。

 

所在地

レセプションまでの道は締まったダートが続いている。

巨大バオバブが群生してる

巨大バオバブ

レセプションは数キロ入り込んだ場所に位置している。

道中には噂の巨大なバオバブが群生している。

 

チェックインを終えて設営

キャンプサイトNo3

支払いを終えてサイトの場所を教えてもらうと「No3」と言われた。

レセプションから更に奥に入っていくのだが途中で左右に別れる分岐点がある。

そこには小屋があってスタッフが常駐しているので聞くことにした。

No3は右に曲がるとあるということで先に進む。

キャンプサイトNo3

到着してみると、藁葺き屋根のスペースの下にはコンセントもあって快適そう。

周囲には既にキャンピングカーが設営を終えており食事の準備をしている。

オレ達、場所を間違えた?!

夕飯の準備中に一台のキャンピングカーが脇に停車した。

はて、どうしたんだろう?

降りてきたドライバーから「ここは自分達のスペースです」と言われる…。

彼の話をよく聞いてみると、先ほどの分岐点を左に行った先に自分達のサイトがあったようだ。

それは申し訳ないと伝えると、既にテント設営し終えていたこともあり譲ってくれた。

 

夕日に照らされる巨木

どんどん日が暮れてくる。

タケヤンは写真を撮影したいと、キャンプ場をウロウロしている。

実はこの記事で使っている写真全ては彼の写真を利用させてもらってる。

 

レストランとBar

敷地内はかなり広く、レセプションの裏には巨大なプールやレストラン設備がある。

 

焚き火もできる

薪を斧で作っているスタッフが近くにいて、無料で薪を持っていくことができる。

 

夜のライトアップは幻想的

夜はライトアップされる

レセプション周辺の施設は全てライトアップされて幻想的だ。

 

夜景も美しい

ご覧のように、見上げる空も美しい。

【ナミビア】象と一緒に過ごせるキャンプ場

象と一緒に過ごせるキャンプ場があるとタケヤンから聞いていた。

早速、エレファントサンズへ向かうことにした。

エレファントサンズ入口

いきなり到着からスタートです。

この写真を撮影してたら、前日同じキャンプサイトにいた家族が入っていった。

さて、事前にキャンプ場まで1キロ程度砂地を抜けていくとタケヤンから聞いていた。

案の定、二回も転倒してしまった。

タケヤンも呆れ顔w

 

所在地

象との距離が近すぎ

象さん集合

おー、いるいる!

レセプション近くに水飲み場があるので、

何頭もの象で賑わっている。

 

受付は早い者勝ち

レセプション

さて、レセプションにてチェックインをするが、

設営場所は早い者勝ちなので、既に象が近くみれる場所は

キャンピングカー組に全部取られてしまった…。

 

セダンがよく来れたなw

他の利用者がドンドン到着する。

何かの鳥の巣

どんな鳥が住んでいるんだろうね?

 

イボイノシシがこんにちは

親子のイボイノシシが可愛い!

 

タケヤン象に癒される

どこか不貞腐れているように見えてくるタケヤンw

 

レセプションにはプール

レセプションにはプール

暑いシーズンだと賑わいそうなプールがある。

この日も若い女性がビキニで周囲に見せつけてた。

 

記念にパチリ

はい、記念に自撮り✨

 

出るものも巨大

身体が巨大だから出てくるものも巨大だよな。

地面は象の糞だらけなんだよね。

正に動物園の匂いというのが的確だな。

食事しながら見れる

食事をしながら象を見られるんだけど、動物園の匂いの中で食べるのは御免だな。

賑わってる

白人の観光客が沢山。

 

地ビールで一杯

Barも併設されているので現地のビールを一杯。

ビールの旨さは世界共通なのかな。

どれ飲んでも日本の味と似通ってる。

 

雄ばかりの集まり

観察してると雌の象が見当たらないんだよね。

雄の象ばかりだった。

食事中の人御免

ジャー!!!

ドサッと真っ黄色の固形物が落ちてきた。

体格に見合った大きさだw

近くねw

ロッジのすぐ横まで野生の象がやってくる。

実は撮影しにいったタケヤンがスタッフに叱られてたw

 

象がこんな近くにいる

人間の寝床に立ち入ってくる象。

 

走って来たw

喉乾いたーって、走り寄る若い象。

 

 

象進入禁止イボ

レセプションや宿泊棟の周りには上記画像のイボが多数地面から出ている。

 

ここをキャンプ地とするw

2人で設営場所をここに決めた。

奥にはどんどんキャンピングカーが押し寄せてくる。

日本で人気出るっしょ!

こんな形になるキャンピングカー見たことない。

てか、これかなりいいね!

寝床から景色がよく見えるし。

日本で売ったら人気出るぞこれ!

巨大蟻塚

巨大蟻塚がそびえ立つ。

ここから先は進入禁止

この木より先は危険につき立ち入り禁止。

象がキャンプ場を横切って通過していく。

突然、怒り出したりしないのだろうか。

象がちかーいw

俺もポーズをとって撮影してもらった。

象さんアップ

どアップw

夕焼けが美しい

徐々に日が暮れて来た。

夜が忍び寄る

隣では焚き火を始めた。

夜の象は一味違う

日暮れの蟻塚

夕焼けに照らされる蟻塚。

鳴き声がゴジラ

夜になると、レセプション横にある水飲み場でキャンプファイヤーしてる。

夜の象は昼間と違って仕切りにパオーンって鳴くんだね。

まるでゴジラの鳴き声にそっくりなんだけどw

 

ディナータイム

バイキング形式で食事ができる。

日本円換算すると約1,500円程度。

 

キャンプファイヤー

焚き火が身体を暖めてくれる。

寒くなってきたので、俺は一足先に就寝。

一方、タケヤンは寒空の中で写真撮影したようだ。

象好きにはたまらないキャンプ場だろうね。

YouTube動画

https://youtu.be/As_LlQeYqws

次回、ブログ更新をお楽しみに♪