昔から憧れだったカンヌへ到着した。カンヌと言えばやっぱり、映画祭が有名なんだろうな。

北野たけし監督もカンヌでは映画監督として有名って聞くし。

さて、ニースで滞在している際に事前にホテルを予約していた。カンヌからバイクで10分ということもあり、バイク移動の自分は立地条件さして問題ではない。中心部まで徒歩でも十分に行ける距離だ。

Villa Belle Rive

ホテルへ到着してみると、リモコン付きの自動開閉ゲートある。出入りは鍵についたリモコンで開閉して出かけることになる。ホテルから直接ビーチにも行けちゃうのが嬉しい。現在は12月を迎えているので、オフシーズン価格なんだろうな。

メラメラ燃え上がる映像と共に温風が噴き出してくる。小さい個室なので充分に暖かくなる。てか、暑いw

天井には窓が付いているので換気ができて便利。

宿泊料金

小さな個室 30€(日本円換算:3800円程度)

高級リゾート地では良心的な価格設定。スタッフも超がつくほど親切丁寧だ。家族経営かもしれない。

坂の上が開閉ゲート。常に閉じられているので、セキュリティは万全。それでもディスクロックはしといたけどね。

裏側に回って撮影。敷地はなかなか広い。

夏にはプールが利用できる。蓋が被せられてて、ちょいと寂しげに映る。

Wi-Fi速度

ビーチまで徒歩1分

宿泊者には部屋の鍵と、自動開閉ゲートのリモコンともう一つ鍵が渡される。それはビーチへと続く扉の鍵。

浜辺に出たら、料理を作りたくなったw

毎度お馴染みのパスタを茹で上げる。手頃なワインも増えて大満足。イタリアよりも食料品が安くなってきてる印象。もっと高くなるかと思ったが意外。

後ろには道路が走っているのだが、車を止めてカップルや老夫婦が夕焼けを楽しんでいる。

場所