メタボンの地球ZIGZAG

ZIGZAG World Trip

カテゴリー: 【ナミビア】安宿

【前編】ナミビア ナミブ砂漠へGO!

出発の朝を迎えた

YOLELI GUESTHOUSEをチェックアウトする。

ここは最高にお勧めできる宿。

朝食付きで設備も素晴らしいんだけど、

何よりもオーナーのホスピタリティーが素晴らしい!!

ドアの隙間から投げ込まれる手書きの紙。

「宿泊してくれてありがとう、旅を楽しんでください」

涙が出てくる…。

心温まりました!

チェックアウトの朝、皆から見えない所で手招きするオーナー。

「はて?」何だろうと近寄っていくと、

恥ずかしそうに握りしめた右手には現地紙幣が握られていた。

「このお金でお昼を2人で食べなさい」だって。

見ず知らずの2人を応援してくれてるんだ!!

目頭が熱くなってくる…。

一生忘れられない思い出ができました!

ありがとう!!

 

勇気をもらって出発

宿近くの教会

ウイントフークの街並みはとても素敵だ。

オーナーのお陰もあって全てがキラキラ見えてくる。

人って凄い力を持っているんだね!

俺も体感したことで、他の人にもできる。

レベルアップw

 

本日のルート

アスファルトを通ってダートに入ることになるのだけれど、

ナビに任せていたら、主要な道路を選ばずに最短ルートを選んだようだ。

通りですれ違う車が極端に少なかったんだな。

逆に追い抜かれる車が無いと言うことは、

土埃を被らなくて済むということで結果オーライw

ダートが始まった

最短ルートのダートを突き進む。

ダートが果てしなく続く

画像でも分かるように、締まっているので走りやすい。

ダートが果てしなく続く

まぁ、時折深い砂利ゾーンもあるけど無問題。

 

火星到着!?

火星を連想させる荒野

果てしなく続く砂利ダートを進んでくると、小高い丘のようなものが現れた。

カーブが多いので、そこだけはレンガ状に道が舗装されていた。

上場まで登り切ると、まるで異星へやってきた印象を持った。

火星ってこんな感じ?

写真だと伝わらないんだけど、火星を勝手に連想してしまう。

それにしても吹きっさらしで風が強い。

この広場の下にはキャンプ場が運営されているけどテント厳しいな。

 

本日のキャンプ場到着

レセプション前

最短ルートを進んできたが、主要道路にでる数キロ手前にキャンプ場を見つけた。

名前は「TENTED CAMP GECKO」ってキャンプ場。

オーナーはドイツ人だったかな…。

Wi-Fiは30分単位で有料、薪も有料、コンセント無し、電灯無し。

料金は日本円換算で1050円程度だったかな。

本当に何もなくて、自然の中でキャンプしなさいという感じ。

そんなら、野営でよかったと少し後悔した。

実はここら辺は、動物もいないし隠れる場所はいくらでもある。

水だけ確保してれば大丈夫。

 

本日のキャンプ場へ到着

文句ばかり並べてても仕方が無いので設営の準備を始めるが、

見計らったかのように風が吹き始めた。

風が強いので待ち状態

少しすれば風も止むだろうとしばし待っていたが、

更に強くなってきたので設営場所を決めることにした。

いい場所めっけ

なんか良さそげな囲いを見つけた。

俺のテントは背が高いので風にはめっぽう弱い。

モロに風を受けてしまうわけ。

風除けの中に設営

はい、設営完了w

フライも不要なので楽チンだな。

 

小屋から愛車を望む

でもね、エアーマットに穴が空いてるのが不快。

夜中に何度か空気を入れないと寝心地悪いから。

直すタイミングがなくてそのまま放置してる。

 

夜が忍び寄る

暫くすると、夜がやってきた。

鏡に向けてパチリ

この後は、日が暮れて電灯も無いから真っ暗闇。

早々に就寝についた。

いよいよ明日はナミブ砂漠だな。

特にワクワクはしてないけど思い出残すかなw

はい、おやすみなさーい。

 

次回ブログ更新をお楽しみに♪

 

ヒンバ族に会うためにOnjowewe Lodgeへ向かった

世界一美しい民族 ヒンバ族

世界で一番美しい民族とタケヤンから聞いた。

画像で見る限り髪の毛とか装飾しているからかな?

それとも肌に赤土の粉末を塗って肌が綺麗とか?

先日アンゴラの観光地で見かけたけど世界一って…。

個人の好き嫌いもあるからね。

それに一生死ぬまで一度も風呂には入らないようだ。

秘密は肌に塗る赤土パウダーにあるようだ。

本日のルート

さて、本日はおおよそ500km程度の走行距離となる。

9時半にはテントを撤収して出発することにした。

木陰で休憩

木陰で休憩

今日は500kmと距離も長いので小休憩を挟みながら歩みを進めます。

画像では日差しが強いけど、気温が低いので中にインナーダウンを着るか悩む。

木陰で休憩2

木陰で休憩2

結局、マウンテンライダースジャケット一枚で乗り切ることにした。

やっぱ二台ともに荷物が多いよなw

象横断注意看板

象横断注意看板

休憩を終えて数キロ先に進むと、「象横断注意」の看板を見つけた!

珍しいので記念にパチリ✨

更に数時間掛けて数百キロ進んできたので又休憩を挟む。

 

小休憩2

小休憩2

走っていても特に特徴もないので撮影回数が少ないかな。

見所がないとも言えるね。

ダチョウと並走

ナミビア辺りから、道路に野生動物が増えてくる。

今日はダチョウと並走してテンションが上がったw

本日のお宿へ到着

本日のお宿へ到着

本日のお宿へ到着

お宿の名前は「Onjowewe Lodge」ヒンバ族の村が真横にあるので選んだ。

なんかカッコいい入り口だったので記念にパチリ✨

 

入り口ゲート

入り口ゲート

藁でできた屋根がイカしてるw

壁の色と地面の色のコントラストがとても綺麗なキャンプ場だった。

肝心の値段は忘れてしまった。

日本円にして二千円程度だった記憶。

曖昧でごめんね。

受付にてチェックイン

受付にてチェックイン

さて、早速チェックイン手続きをする。

名前や旅券番号を記入して支払いで終了。

アフリカはよくお釣りがないことが多い。

後で渡すが口癖なんだけど互いに忘れて損することが多い。

もらい忘れのないようにしたいものだ。

所在地

 

外に出て見ると、バイクが珍しいのか沢山の子供達が集まってきていた。

子供達が集まってきた

子供達が集まってきた

綺麗な顔してるから、大人になるのが楽しみだね。

変顔しちゃ、変なところに皺が入るからヤメw

笑顔がいいね

笑顔がいいね

アンゴラに入国してから以降はカメラを向けても嫌がらず、

逆にもっと沢山撮影してとポーズを取ってくる機会が増えた。

同じアフリカでも西側とはえらい違いだよな。

ギニアなんてカメラ持ってるだけで嫌な顔をされることもあったし。

イスラム教圏からキリスト教圏へ移動してきてから変わった印象。

カメラ撮影OKとか教義があるのかいwww

 

なんか沢山集まってきたぞ

なんか沢山集まってきたぞ

フルチンで遊ぶ子供達が多数。

なんか昭和を思い出しちゃうよなw

壁に寄りかかった子供達

壁に寄りかかった子供達

カメラで追いかけ回した後、落ち着いたところをパチリ✨

 

受付スタッフ案内のもとキャンプサイトへバイクを移動させる。

受付から結構奥まで走って行った。

周囲を見渡しても人影が一切ない。

俺達2人の貸切状態みたいでラッキー!

 

キッチン周辺

キッチン周辺

但し残念な点がある。

それは電気が無いこと。

スタッフに電気がないと告げると、二台のランタンを持ってきてくれた。

風呂のシャワーは熱いのが出るのに電源が無いのは悲しいよな。

スマホはバイクのシガーソケットで充電することにした。

 

キャンプサイト

キャンプサイト

岩を上手に利用してスペースを確保している。

下にはプールが作られていたので泳ぐこともできる。

 

プール設備もある

プール設備もある

こんな感じw

でね、プールを眺めているタケヤンがトカゲが沈んでいると口にする。

写真撮影していないのだが、キリッと遠くを眺めている姿勢で死んでいた。

最初は水性のトカゲかと疑ったけど、棒で突いても動かなかった。

 

後ろの丘を登ると岩山が見える

後ろの丘を登ると岩山が見える

岩場を登って行くと、遠くにそれら岩が多数重なり合った丘を見つけた。

夕焼けに照らされたら雰囲気良い写真が撮影できそう。

 

トイレ

トイレ

なんか開放的なトイレだことw

ドアもなく開放感あり

ドアもなく開放感あり

だって、ドアも何も無いんだものw

誰も居ないからいいけど、繁忙期では困るかもね。

 

悩んでキッチンの中に設営

悩んでキッチンの中に設営

何処にテントを設営して良いので悩んだ挙句、

キッチンの中に設営することにした。

理由は外側のフライを装着しなくて済むから。

設営撤収を楽にしたいからね。

 

貸切状態

貸切状態

チェックインも遅かったから、あっという間に日が暮れる。

互いに落ち着いたので、好き勝手に撮影した。

 

人生初の夜空撮影

天の川 撮影タケヤン

天の川 撮影タケヤン

これはタケヤンが撮影した写真。

俺が寝てたら深夜になって外がゴソゴソしてるから顔を出して見ると、

バイクを移動させたりして夜景とバイクを収めるために頑張ってた。

 

見上げるデブ

見上げるデブ

星空を見上げるデブという題で撮影した。

美白機能とか色々あるけど、デブを修正する機能は無いの?

タケヤン感謝!